日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


アバター乗っ取り事件と、狡噛の過去が明らかになるお話でした。

朱の友人スプーキーブーギーに協力してもらったものの、公安はアバター乗っ取りの犯人の確保には失敗しました。
しかし朱のアバターとスプーキーブーギーとのやり取りに違和感を持った狡噛は、スプーキーブーギーが別の誰かに乗っ取られていることに気づきました。

さらに狡噛は、タリスマン、スプーキーブーギーのファンのアクセス・ログから、アバターを乗っ取っている容疑者を絞り込みました。そして朱たちは、容疑者である御堂将剛を確保しようとします。御堂は手傷を負いながらも、朱たちの追求を逃れたものの、宜野座たちのチームによってエリミネートされたのでした。

こうしてアバター乗っ取り事件は解決しましたが、その背後で御堂を操っていた者までは手が届きませんでした。
そして朱は、宜野座から狡噛の過去について教えられました。なんと狡噛も、以前は朱たちと同じ管理官だったのです。しかし、ある事件に入れ込みすぎたことが原因で、犯罪計数が高くなり執行官へと降格されていたのです。

アバター乗っ取り事件の結末はあっけない感じでしたが、狡噛の過去が少し明らかになったのは興味深かったです。