日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ラハマの町が、エリート興行と名乗る空賊に狙われるお話でした。

コトブキ飛行隊が仕事を終えてラハマに帰還すると、街が燃えていました。彼女たちが留守の間に、エリート興行と名乗る怪しげな男たちがやって来て、街にある雷電という戦闘機と怪しげな浮世絵を交換しろと迫りました。町長がそれを拒否したために、エリート興行は見せしめとして街を攻撃して立ち去ったのです。

それを知ったコトブキ飛行隊は、彼らと戦おうと提案します。しかし、町長は自分では何も決められない人で、結局街のみんなが集まって話し合うことになりました。その結果、エンマの言葉に押されて、街は空賊と戦うことを決めたのでした。

そして戦いが始まりました。予想外の方向からやって来たエリート興行の飛行隊に、ラハマの自警団は必死で抵抗します。
しかし飛行機の戦闘力の差もあり、追い詰められていきます。そこにコトブキ飛行隊が駆けつけて、次々と敵を撃墜していきます。

戦いの中、エンマは囮となって敵を味方の砲の前へと誘い出します。それは上手くいきましたが、エリート興行のボスに狙われて、エンマは大ピンチです。それを救ったのは、頼りない町長でした。町長は自ら雷電に載って、エンマを助けに来てくれたのです。

そのおかげで、機体は大破しましたが、エンマは無事でした。しかし、その後の戦いの中、町長はエリート興行に雷電を奪われてしまいました。それでも、街の人たちが自分たちの意思で街を守り抜いたことには大きな意味がありました。
次回は、コトブキ飛行隊が奪われた雷電を奪還しに行くお話になるみたいです。

う〜〜〜ん、やっぱり微妙な作品だなあ。(^^;
西部劇的と戦闘機の戦いという世界観は悪くないと思いますが、戦いの描写ばかり力が入っていて、各キャラが全く生きてないですね。次回以降も視聴は継続しますが、感想はパスすると思います。
ファナティオを倒したキリトとユージオは、いよいよアリスに立ち向かいます。

キリトとユージオの連携技で、なんとかファナティオを行動不能にすることが出来ました。しかし、ファナティオとの戦いでキリトが受けたダメージも小さなものではありませんでした。ユージオに治療されたキリトは、敵として戦ったファナティオを救おうとします。

しかし、2人が力を合わせても、ファナティオの傷を癒すことはできません。そこでキリトは、本来はアリスに使うはずだった小剣を、ファナティオに使いました。そのおかげで、ファナティオは命を取り留めましたが、この先のアリスとの戦いはより困難になりました。

先へと進むキリトたちの前に、エレベータ(?)が現れました。そこには、ずっとエレベータの昇降だけを続けている専任の女の子がいました。昇降係の女の子って、これが本当の昇降女!?(^^;

エレベータは、キリトたちを80階まで運びました。そこでキリトたちを待っていたのは、アリスでした。いよいよユージオの願いである、アリスを取り戻すための戦いが始まりました。アリスの持つ金木犀の剣は、恐るべき力を秘めていました。その力は、キリトとユージオの力を圧倒しました。

と思ったら、突然の爆発でキリトとアリスはどこかに吹き飛ばされてしまいました。2人の名を叫ぶユージオの目の前で、壊れた壁は修復されていきました。キリトとアリスは、どうなってしまったのでしょうか。そしてユージオは、2人と再会することができるのでしょうか。

ようやくアリスと対決と思ったら、なんだか思いっきりはぐらかされたような・・・。(^^;
キリトたちとアリスの戦いも、いまひとつな感じでしたし、ちょっと残念な感じかも。