日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


マサさんの事故に動揺しつつ、風舞高校の弓道部は団体戦を戦います。

団体戦の予選が行われる日に、祖父のことを聞きに出かけたマサさんが現れません。話を聞きに行く途中で、マサさんは事故を起こしていたのです。しかし、マサさんが無事なのか、たいしたことはないのか、みんなが一番知りたい情報はわかりません。

弓道部員が動揺することを知りつつも、弓具店のおじさんはマサさんのことをみんなに伝えました。それはマサさんが、今日のために発注していた、お揃いのハチマキを届けたかったからです。弓道部員のみんなと顔を合わせて、あえてマサさんのことは黙っておくという選択は、おじさんにはありませんでした。

そして団体戦が始まりました。湊たちは、これまでマサさんから教えられたことを思い出しながら矢を放ちます。ところが、矢は思うように的に当たってくれません。そんな中、湊はいつも感じたことのない怖さを感じていました。そして湊は、自分がなぜ落ちなのか悟りました。団体戦の一番最後に矢を放つ落ちだからこそ、湊のところからは他のメンバーの様子がよく見えたのです。

みんなマサさんの教えに忠実であろうとして、それが逆にプレッシャーとなっていました。今、自分たちに必要なのはマサさんの教えを忘れることだと、湊は気づいたのです。湊の真意がわからず、最初は海斗がケンカ腰の態度でした。しかし、湊が絶対に譲らなかったことで、海斗もその意味に気づきました。

運よく風舞高校は、ギリギリのところで予選落ちを免れていました。しかし、同点だったもう1つの高校との勝負に勝たなければ、本戦に進むことができません。しかし風舞高校のメンバーは、いつも以上の実力を発揮することができました。湊が気づいたことが、全員の弓を変えたのです。

こうして風舞高校は、なんとか団体戦の本戦に出場することができました。そしてマサさんのケガも、たいしたことがないようです。というわけで、風舞高校は大きな試練を乗り越えました。湊たちが次に愁たちと戦う時、どんな結果が待っているのでしょうか。(^^)