日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

ついにピトフーイとレンとの対決です!

前回、一度は死ぬ寸前まで追い詰められたピトフーイですが、悪魔的な復活をみせて取り囲んでいた強敵をあっという間に一掃しました。最後の敵を倒す時には、光剣を使って相手をジワジワと殺したりして本当に悪趣味です。(^^;

そんなピトフーイの復活を知って、レンは思い悩んで動けなくなってしまいました。あれだけ強いピトフーイと戦うには、何か作戦が必要だと考えたのです。しかしレンが悩んでいる間に、SHINCとフカ次郎がピトフーイとエムを強襲します。

SHINCのメンバーは、エムの的確な狙撃で次々と倒されました。ピトフーイのターゲットになったのは、フカ次郎でした。こちらは、またピトフーイが悪趣味を発揮して、簡単にはフカ次郎にとどめを刺しません。

その頃、レンはフカ次郎に靴紐を細工されて、その場から動けずにいました。今のレンは、完全に判断力を失っていたのです。しかしレンは、ようやく思い悩んでいてもダメだと気づきました。そしてレンもピトフーイのところに突撃・・・と思ったら、なんとピトフーイから逃げ出しました。(^^;

それに気づいたピトフーイは、敵チームが使っていた装甲車を利用してレンを追跡します。レンがいくらすばしこくても、乗り物にはかないません。ついにレンが追い詰められたと思った時、レンはその小柄さを利用して、装甲車の下をすり抜けました。レンを追うために全速力で走っていた装甲車は、簡単には止まりません。

装甲車はそのまま池の中に・・・と思ったら、そこは浅くて車が沈むほどではありませんでした。再び向かってきた装甲車に、レンは今度は上から攻撃を仕掛けます。しかし、その攻撃でもやはりピトフーイを倒すことができません。逆に追い詰められたレンは、今度は池に落ちてしまいました。

そのままでもHPが減っていき、レンは死にそうでしたが、ピトフーイはなかなかとどめを刺そうとしません。それがレンに、チャンスを与えました。先ほどピトフーイに突撃したフカ次郎は、まだ死んでいなかったのです。体力を回復させたフカ次郎は、装甲車に乗ってレンの援護に駆けつけたのです!

そして戦いは、2台の装甲車での戦いになりました。しかしどちらの攻撃も、相手を倒すことはできません。そうするうちに、お互いの装甲車の燃料がつきてしまいました。そしてレンは、ピトフーイと直接対決することになりました。ピトフーイの猛攻を、レンはピーちゃんを盾にして防ぎました。反撃したレンは、ピトフーイの武器を奪いました。

この戦いに勝ち抜いて、勝利をつかむのはどちらになるのでしょうか!?
今回は、いつの間にか車を運転できるスキルを手に入れていたフカ次郎が、レンの危機に駆けつけるのがよかったです。