日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ルパンの前に、銭形警部が現れるお話でした。

殺し屋たちを倒したルパンの前に、今度は不二子が現れました。不二子もまた、ルパンを狙っていました。どうせ殺されるなら、自分に殺されて欲しいと不二子は言います。しかしルパンも、そう簡単に殺されるわけにはいきません。とはいえルパンとの付き合いの長い不二子は、ルパンのやり方を知り尽くしていて隙がありません。

追い詰められたルパンを救ったのは、休暇を取ってやって来た銭形警部でした。こうしてルパンは、アミに加えて銭形警部と一緒に行動することになったのでした。ルパンを狙うのは、殺し屋だけではありませんでした。なんと軍隊も、賞金目当てでルパンを狙っていたのです。

ヘリからの攻撃を受けてルパンたちは、森の中へと追い込まれました。そこでは銭形警部のサバイバルの知識が役に立つ・・・のではなく^^;、アミがネットで調べた情報を参考に向かう方向や食料を調達できました。あんな僻地でも、アミの端末がネットに接続できるのって凄いですね!

そしてルパンたちの前には、大きな砂漠が広がっています。この国の軍隊に狙われているルパンたちは、砂漠を越えて国境を目指します。灼熱の暑さに、途中でアミが倒れてしまいました。ルパンと銭形は、交代でアミをおぶって砂漠を進みます。

そして3人は、井戸がある場所まで来ることが出来ました。そのおかげで、アミも元気を取り戻しました。この先に進めば、再び軍隊が攻撃してくることを読んだルパンと銭形は、国境を越える前にヘリと戦うことにしました。ところが、ヘリは今度はミサイルまで装備してきて、ルパンと銭形は大苦戦です。

それを救ったのは、アミでした。アミは自分が囮になって、ルパンたちが事前に用意した仕掛けの前までヘリを追い込みました。こうしてヘリを撃墜したルパンたちは、ついに国境までたどり着きました。ところが、そこにもまた殺し屋が待ち構えていました。それはドローンを使って、ずっとルパンを監視していた男たちでした。

銭形にアミを任せて、ルパンは殺し屋と戦います。しかし、ドローンに居場所を知られて、さすがのルパンも苦戦します。そんなルパンを、銭形は煙幕をはって援護しようとします。しかし、銭形の目の前でルパンは銃弾に倒れてしまいました。
はたしてルパンは本当に殺されてしまったのでしょうか。そしてルパンを助けようとしたことで、ICPOでの銭形警部の立場も危うくなっています。

今回もマルコポーロの刺客と、ルパンたちの戦いが描かれました。ネットがあれば現実の経験は不要と考えるアミが、現実に生きている実感を持つようになっていくのは興味深かったです。ただ、物語の展開はちょっと単調な気がしました。
ルパンはルパンゲームを終わらせるために、あえて殺されてみせたように思いますが、頭を撃ち抜かれたようにも見えたあの状況をどう乗り越えたのでしょうか。(^^;