日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › Archive - 2017年08月
2017-08-10 (Thu)

ナイツ&マジック #6

ナイツ&マジック #6

銀鳳騎士団が、ラボの製作した新型機と模擬戦を行うことになるお話でした。エルが銀鳳騎士団の団長に就任したことで、学園は新型機の製作工房と化しました。それに伴い、多数のシルエットナイトが派遣されてきたり、新入生の中に紛れ込む形で機密諜報員のノーラもやって来ました。ノーラは学園の防諜を密かにすすめていて、学園内に潜入していた他国のスパイを見つけ出していました。スパイを見つけ出したことで、襲撃者の正体も少...

… 続きを読む

2017-08-09 (Wed)

NEW GAME!! #5

NEW GAME!! #5

ひふみは、初めてのキャラリーダーに苦戦しています。そして、青葉のフランスに留学していた友人が帰国しました。初めてキャラリーダーを務めることになったひふみは、いろいろと緊張の連続です。人と話すのが苦手なひふみは、会議に参加しなければいけないことを知って怖じ気づいています。そんなひふみを、コウは気遣って安心させようとしています。キャラリーダーの仕事の1つに、各自の作業状況の把握がありました。ひふみに状...

… 続きを読む

2017-08-09 (Wed)

地球樹の女神 part 1/平井 和正

地球樹の女神 part 1/平井 和正

平井和正さんの「地球樹の女神 Part 1」を再読しました。「ボヘミアンガラス・ストリート」に今ひとつのめり込めなくて、平井和正さんの別作品に手を出すことにしました。迷った末に選んだのは、「地球樹の女神」です。「ボヘミアンガラス・ストリート」以降の平井作品は、途中で挫折してばかりですが、この「地球樹の女神」は最後まで読み通しました。主人公は、IQ400の天才少女・後藤由紀子と、桁外れの問題児・四騎忍です。三星...

… 続きを読む

2017-08-09 (Wed)

覇者の戦塵 激闘 東太平洋海戦(1)/谷 甲州

覇者の戦塵 激闘 東太平洋海戦(1)/谷 甲州

谷甲州さんの覇者の戦塵シリーズ第12作、「覇者の戦塵 激闘 東太平洋海戦(1)」を読み終えました。今作の舞台は、再び東太平洋です。哨戒中の伊一六八潜水艦が、アメリカ軍の機動部隊らしき動きをつかんだところから物語は始まります。開戦初期の日本軍の攻撃で、アメリカの太平洋艦隊は大きな打撃を受けましたが、ついに反撃に出ようとしています。伊一六八潜はその後も敵の動きを探りますが、米機動部隊の動きがなかなか読めませ...

… 続きを読む

2017-08-08 (Tue)

陋巷に在り(3)/酒見 賢一

陋巷に在り(3)/酒見 賢一

酒見賢一さんの「陋巷に在り」第3巻を読み終えました。今回は、ついに顔回と子蓉(しよう)が直接対決することになります!孔子は、前巻での少正卯(しょうせいぼう)屋敷の家宅捜査失敗の責任を取って、自ら自宅に蟄居しています。そのおかげで、ようやく子貢(しこう)は孔子と顔を合わせることができました。しかし子蓉の媚術に取り込まれた子貢は、それでも彼女の元に通うのをやめることができません。その頃、顔回は子貢と共に子蓉...

… 続きを読む

2017-08-08 (Tue)

メイドインアビス #1

メイドインアビス #1

新番組の今頃視聴です。(^^; アビスと呼ばれる大きな穴がある世界が舞台の物語でした。孤児院で暮らすリコは、アビスと呼ばれる大穴を探索する探窟家を目指しています。その修行のために、今日もアビスにある遺物を拾い集めていますが、見習いのリコはまだ深いところまで潜ることができず、それが不満のようです。リーダーからは、実績を上げればもっと深いところまで探検できるようにしてくれると言われていますが、その日がリコ...

… 続きを読む

2017-08-07 (Mon)

異世界食堂 #5

異世界食堂 #5

今回は、カツ丼とプリンアラモードのお話です。前回のリザードマンに続いて、今回も前半はマッチョなライオンさんのお話から。(^^;ライオネルという筋骨隆々、体中に戦いの傷を持つその男は、なぜか洋食のねこやでいつもカツ丼を頼みます。それには、ちゃんと理由があったのです。ライオネルは、異世界でそれなりの勢力を持っていたようです。しかし、四英雄の1人に敗れて、闘技場で見世物にされることになってしまいました。生き...

… 続きを読む

2017-08-06 (Sun)

サクラクエスト #18

サクラクエスト #18

蕨矢集落の独立問題が解決するお話でした。成り行きで由乃は、蕨矢集落のチュパカブラ王国からの独立運動に協力することになりました。とはいえ日々やっているのは、集落の生活をビデオで紹介したり、みんなで集まって宴会をしたりでしたが。(^^;最初は独立運動に巻き込まれただけの由乃でしたが、集落の実情を知るにつれ、本気で何とかしないといけないと思うようになりました。そして、その思いは集落へのバスを運転し続けてきた...

… 続きを読む

2017-08-06 (Sun)

キラキラ☆プリキュアアラモード #26

キラキラ☆プリキュアアラモード #26

夏だ! 海だ! 水着回だっ!(^^;いちかたちは、みんなで海に行くことになりました。海について早々、いきなりキラパティオープンです。いきなりお店が出現したのに、周囲の人たちが誰も驚いてないのがなんだかなあ。(^^;そして海といえば、水着回です。中学生チームは、惜しげもなく水着姿を披露してくれましたが、高校生チームはさすがにガードが堅いです。そんな中、キラキラルを集めたいちかが何かやっていると思ったら、キラパ...

… 続きを読む

2017-08-05 (Sat)

亜人ちゃんは語りたい #12

亜人ちゃんは語りたい #12

「亜人ちゃんは語りたい」も、今回で最終回です。高橋先生は、ひかりに土曜日にプールが使いたいとお願いされました。周囲に気兼ねすることなく、デミちゃんたちだけでプールを使いたいようです。先生が校長に許可を取ってくれて、デミちゃんたちだけでプールを独占できることになりました。女の子たちばかりの集まりということで、高橋先生は佐藤先生にも声をかけました。先日の応援動画で高橋先生と飲みに行きたいと言ってしまっ...

… 続きを読む

2017-08-04 (Fri)

ようこそ実力至上主義の教室へ #4

ようこそ実力至上主義の教室へ #4

須藤が暴行事件を起こした疑いをかけられて、綾小路たちが真相を知ろうとするお話でした。中間試験でよい結果を出したこともあり、Dクラスにもわずかながらポイントが支給されることになりました。しかし、なぜかポイントの支給日になっても、ポイントの振り込みが行われません。何らかの問題が発生して、ポイントの支給が遅らされているようです。そんな中、Dクラスは再び問題を抱えることになりました。綾小路と鈴音のおかげで退...

… 続きを読む

2017-08-04 (Fri)

覇者の戦塵 激突 シベリア戦線(下)/谷 甲州

覇者の戦塵 激突 シベリア戦線(下)/谷 甲州

谷甲州さんの覇者の戦塵シリーズ第11作、「覇者の戦塵 激突 シベリア戦線(下)」を読み終えました。前巻の終わりに、満州へと派遣された秋津中佐は、日ソ間に速やかに停戦条約を締結させるために動き始めました。それを実現するために、秋津中佐はシベリア鉄道を分断する電撃戦を目論みました。山下中将から作戦実施の許可を得た秋津中佐は、その準備に取りかかります。ソ連との戦いで、まず問題になるのは重装甲を持つソ連軍戦車へ...

… 続きを読む

2017-08-03 (Thu)

ナイツ&マジック #5

ナイツ&マジック #5

エルの開発した新型のシルエットナイトが、ケルヒルトらに強奪されてしまうお話でした。魔獣を発生させて、砦の守備に当たっていたシルエットナイトを出撃させたケルヒルトは、その隙に砦に入り込んで、エルが開発した新型シルエットナイトを強奪しました。多くのシルエットナイトが出撃していたため、砦に残った兵力ではケルヒルトの行動を阻止することができません。その頃、キッドとアディ、親方たちは完成した新型機の納入とい...

… 続きを読む

2017-08-03 (Thu)

陋巷に在り(2)/酒見 賢一

陋巷に在り(2)/酒見 賢一

酒見賢一さんの「陋巷に在り」第2巻を読み終えました。前半は、1巻に続いて陽虎との戦いが描かれました。陽虎がクーデターを起こした裏では、南方の巫術を用いた恐るべき仕掛けが用意されていました。それに立ち向かうのは、顔回です。陽虎は五父の衢(ごほのちまた)に、饕餮(とうてつ)と呼ばれる守護神を呼び出していたのです。顔儒の一族は、饕餮に立ち向かいますが、饕餮の力は強大で相手になりません。そこに顔回が現れました...

… 続きを読む

2017-08-02 (Wed)

NEW GAME!! #4

NEW GAME!! #4

青葉たちの作っていたゲームのプロトタイプが、正式にスポンサーから認められるお話でした。はじめが何やら真剣な表情でトイレにこもっています。何をしているのかと思えば、大好きな子供向けアニメ「ムーンレンジャー」のライブチケットを入手しようとしていたのでした。でも残念ながら、申込サイトにアクセスが殺到してサーバが落ちてました。(^^;仕事中にそんなことをしていたのを、はじめはゆんに知られてしまいました。慌てて...

… 続きを読む

2017-08-02 (Wed)

正解するカド #12

正解するカド #12

「正解するカド」も、ついに最終回です。品輪彼方の力を借りて、アンタゴニクスを作り上げた真道は、ついにヤハクィザシュニナとの直接対決に挑みます。真道の唯一の希望は、ヤハクィザシュニナを驚かせて、その隙を突いて隔絶空間にヤハクィザシュニナを閉じ込めてしまうことです。対決に先立ち、ヤハクィザシュニナは自分が複製した真道は、いずれもオリジナルの真道とは異なるものだと悟っていました。1人の人間の複製を作って...

… 続きを読む

* by シンジン
お久しぶりです。僕は主人公と仲間たちがいい意味で世界を変えていく作品が苦手なので「カド」は途中で録画を消してしまいました。でも「9話」の感想を読んでからまた観るようになりました(苦笑)



全ての回を観たわけではありませんが「最終回」を観る前は(真道さんは誰も死なせることなく新しい可能性を切り開いてくれる。)と信じていたので真道さんとザシュニナが迎えた結末は切なかったです。でも人類に新しい可能性は残ったと信じたいです。

Re: タイトルなし * by 横溝ルパン
こんばんは。

カドは、9話のラストで呆然となって、そのままラストまで突入してしまった感じです。(^^;
この作品のことを思い出す時、いまだにその呆然から立ち直れてないかも。(笑)

Comment-close▲

2017-08-02 (Wed)

ボヘミアンガラス・ストリート(1)/平井 和正

ボヘミアンガラス・ストリート(1)/平井 和正

今頃なんですが、平井和正さんの「ボヘミアンガラス・ストリート」第1部を読み終えました。29日周期で42度の高熱を発する体質の大上円は、家族とともに新しい街へと引っ越してきました。そこで高熱を出しているその日に、円は運命的な出会いをすることになりました。下劣な暴走族にからまれていた美少女、百合川螢と出会ったのです。それからも、円はちょくちょく螢と顔を合わせることになります。しかし、なぜか円はいつも最後に...

… 続きを読む

2017-08-01 (Tue)

覇者の戦塵 激突 シベリア戦線(上)/谷 甲州

覇者の戦塵 激突 シベリア戦線(上)/谷 甲州

谷甲州さんの覇者の戦塵シリーズ第11作、「覇者の戦塵 激突 シベリア戦線(上)」を読み終えました。前巻では技術的な視点が少ないのが不満でしたが、今回は陸軍の電探と本土防空体制を中心に、技術者の出番が多くなりました。アメリカと開戦した日本ですが、ノモンハンで戦った後、日本とソ連はいまだに中途半端なにらみ合いを続けていました。公式的には宣戦布告していないので、日ソ間は戦争状態にはないという不思議な状況が続い...

… 続きを読む