日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › Archive - 2017年07月
2017-07-14 (Fri)

覇者の戦塵 黒竜江陸戦隊/谷 甲州

覇者の戦塵 黒竜江陸戦隊/谷 甲州

谷甲州さんの覇者の戦塵シリーズ第6作、「黒竜江陸戦隊」を読み終えました。C-NOVELSの合本版で読んだので、先に「黒竜江陸戦隊」の状況を生むことになった短編「断章 蹶起」から読みました。この世界では、史実で起きた二・二六事件が未遂に終わり、起きなかったことが判明します。それが後の歴史に、史実とは違う影響を与えていくことになります。学生時代に、日本の近代史に興味が持てなかった・・・というか授業でまともに取...

… 続きを読む

2017-07-13 (Thu)

ナイツ&マジック #2

ナイツ&マジック #2

エルが先輩のロボットを奪って、大活躍するお話でした。校外に実習に出かけたエルたちは、比較的安全とされたその場所で多数の魔獣と遭遇することになりました。エルはその原因として、突然現れた魔獣は何者かに追われていたのではないかと考えたのでした。それを裏付けるかのように、師団級と呼ばれる巨大な魔獣が現れました。それを知った守備隊のナイトランナーは、少しでも侵攻を食い止めようと捨て身の攻撃で魔獣を迎え撃ちま...

… 続きを読む

2017-07-13 (Thu)

アトム ザ・ビギニング #12

アトム ザ・ビギニング #12

「アトム ザ・ビギニング」も、今回で最終回です。今回は、前回のマルスとの戦いで破壊されたA106の修理中の記憶が断片的につながって変則的な構成でした。ロボレスの終了後、お茶の水はA106を修理しようとしますが、天馬はそれに反対します。優勝はしたものの、A106の戦いぶりは、天馬にとって納得のいくものではありませんでした。そんな天馬に、お茶の水は反発します。しかし、天馬がA107の開発をスタートさせると、お茶の水も...

… 続きを読む

2017-07-13 (Thu)

バウドリーノ(下)/ウンベルト・エーコ

バウドリーノ(下)/ウンベルト・エーコ

ウンベルト・エーコの「バウドリーノ(下)」を読み終えました。上巻でたびたび言及された、司祭ヨハネの王国。下巻ではついに、バウドリーノがその幻の王国を目指して旅立つことになります。それに先立ち、バウドリーノは実の父の死を見守ることになりました。その父が残した粗末な椀、それをバウドリーノは司祭ヨハネに献上するグラダーレにしたのでした。そして養父であるフリードリヒと共に、バウドリーノは十字軍に加わり東方を...

… 続きを読む

2017-07-12 (Wed)

NEW GAME!! #1

NEW GAME!! #1

新番組のお試し視聴です。ゲーム制作会社で働く女の子たちが主人公のお話みたいです。涼風青葉がゲーム制作会社に入社して、1年が過ぎていました。今日からは新人と仕事をすることになると、青葉は気合いを入れています。ところが、残念ながら今年は新入社員の採用はありませんでした。それは残念なことですが、青葉の所属するチームは、今年は新作ゲームに取り組もうとしています。女の子ばかりのチームをまとめているのは、葉月...

… 続きを読む

2017-07-12 (Wed)

神の時空 京の大命/高田 崇史

神の時空 京の大命/高田 崇史

高田崇史さんの神の時空シリーズ第8巻、「神の時空 京の大命」を読み終えました。長らく続いたこの物語も、ついにこの巻で完結しました!今回は、今までになく積極的に高村皇が動きました。その結果、日本三景の松島、天橋立、宮島の3カ所で同時に異変が起きました。それと同時に、摩季を蘇らせるための死反術(まかるがえしのじゅつ)を行える期限もあと1日となりました。各地の異変を知った彩音たちでしたが、広い範囲で同時に...

… 続きを読む

2017-07-11 (Tue)

亜人ちゃんは語りたい #9

亜人ちゃんは語りたい #9

前半は、佐藤先生が高橋先生にアタックするお話。後半は、雪たちが暑さを乗り越えようとするお話でした。一人で晩酌して酔っ払った佐藤先生は、クマのぬいぐるみを高橋先生に見立てて、なにやら妄想プレイに励んでます。(^^;そこへ宇垣刑事から電話が入りました。宇垣刑事は、佐藤先生が高橋先生を好きだということに気づいていました。それでわざわざ電話して、サキュバスであることを気にかけるあまり、佐藤先生が恋愛に積極的に...

… 続きを読む

2017-07-10 (Mon)

異世界食堂 #1

異世界食堂 #1

新番組のお試し視聴です。なぜか異世界とつながってしまう洋食屋さんを舞台にした作品みたいです。老舗洋食店「洋食のねこや」は、普段は普通の洋食店として営業しています。ところがなぜか、週に一度このお店の扉が異世界とつながってしまうことがあるのでした。そしてその時には、このお店の味に魅せられた異世界の住人たちが、このお店を訪れるのでした。なんとこのお店には、炎をはく赤いドラゴンまで常連客のようです。ドラゴ...

… 続きを読む

2017-07-09 (Sun)

正解するカド #9

正解するカド #9

異方存在の求めるものが明らかになるお話でした。沙羅花と話をした真道は、腹を割ってヤハクィザシュニナと話をしようとカドへと向かいました。そこでヤハクィザシュニナは、ナノミスハインと呼ばれる4つ目の力を真道に示しました。ナノミスハインは、重力・質量・慣性などを自在に操る力を持っていました。しかし、それは表面的なもので、その本質はこの宇宙の理そのものを操作することができる道具のようです。その上でヤハクィ...

… 続きを読む

2017-07-09 (Sun)

覇者の戦塵 謀略熱河戦線/谷 甲州

覇者の戦塵 謀略熱河戦線/谷 甲州

谷甲州さんの覇者の戦塵シリーズ第5作、「謀略熱河戦線」を読み終えました。この巻では、先に読んだ「オホーツク海戦」に登場した陣内大尉(この巻では中尉)の視点から、時代を昭和7年へと遡って物語が展開しました。その当時、陣内中尉は北満での警備任務に就いていました。アメリカで暮らしたこともある陣内中尉は、一般的な日本人とは異なる国際感覚を持っていて、現在の満州政策にも疑問を持っていました。そんな独自の感覚を...

… 続きを読む

2017-07-09 (Sun)

キラキラ☆プリキュアアラモード #22

キラキラ☆プリキュアアラモード #22

ジュリオとキラリンの過去が明らかになるお話でした。ノワールから強大な力を与えられたジュリオは、自らの闇の力も利用してさらに強力な力を手に入れました。そんなジュリオに、キラリンは見覚えがありました。なんとジュリオは、キラリンの双子の弟・ピカリンだったのです!そして、キラリンとピカリンの過去が明らかになりました。かってのピカリンは、まじめな努力家でした。落ち込んでいるキラリンのために焼いたワッフルから...

… 続きを読む

2017-07-08 (Sat)

サクラクエスト #14

サクラクエスト #14

実家に帰った由乃が、町おこしの原点に気づくお話でした。心が折れて実家に帰ったのかと思った由乃ですが、単に夏休みで帰省しただけでした。とはいえ、建国祭でのことが由乃の心にダメージを与えていたのも事実でした。同じように、早苗と真希は東京に戻っていました。でも久しぶりの東京で、時間をもてあましているようです。早苗は、かっての仕事仲間と飲み会をしました。独立してがんばっている人がいたり、同じ職場でがんばり...

… 続きを読む

2017-07-07 (Fri)

アトム ザ・ビギニング #11

アトム ザ・ビギニング #11

ついにA106とマルスの対決です!!!他のバトルロワイヤル参加ロボットをすべて倒したマルスと、A106との一騎打ちが始まります。両者は最初、お互いの様子を見たまま動きません。その間もずっと、A106はマルスに語りかけています。しかし、いくらA106が呼びかけても、マルスは返事をしません。そしてついに、マルスが動きました。しかし、これまで他のロボットたちを一刀両断にしてきた超振動ナイフ攻撃を、A106は完全に見切ってか...

… 続きを読む

2017-07-06 (Thu)

覇者の戦塵 第二次オホーツク海戦/谷 甲州

覇者の戦塵 第二次オホーツク海戦/谷 甲州

谷甲州さんの覇者の戦塵シリーズ第4作、「第二次オホーツク海戦」を読み終えました。前作において、敵の目的を阻止して、戦略的な勝利を手にした日本軍。しかし、それで戦いは終わりではありません。ソ連の次なる作戦が、日本軍の意表を突いた形で進行していたのでした。巡洋艦・鳥海から発進した水偵に乗り込んだ塚田大尉は、何度目かになるペトロパブロフスクへの偵察を遂行していました。その途中で大尉は、流氷面に残された謎...

… 続きを読む

2017-07-06 (Thu)

潔癖男子!青山くん #1

潔癖男子!青山くん #1

新番組のお試し視聴です。サッカーのU-16日本代表に選ばれるくらいの実力者ながら、極度の潔癖症の青山君の物語です。イケメンでU-16日本代表メンバーでもある青山君は、なぜかサッカー弱小校である富士美高校へと進学しました。そんな青山君の潔癖ぶりは、筋金入りです。教室の黒板も窓も、彼はピカピカになるまで掃除します。もちろん、自分の机はそれらよりもさらに念入りに磨き上げています。そんな青山君は、もちろん女子にも...

… 続きを読む

2017-07-05 (Wed)

ナイツ&マジック #1

ナイツ&マジック #1

新番組のお試し視聴です。交通事故で死亡した主人公が、異世界に転生するお話でした。主人公の男性は、ヲタだけれど優秀なプログラマーとして活躍していました。彼はロボットが大好きで、部屋の一室がロボットのプラモで埋まっているほどでした。ところが、そんなある日彼は突然に交通事故で死んでしまいました。そして彼は、異世界の貴族の息子として生まれ変わりました。異世界へと転生しましたが、彼は亡くなる前の記憶も持って...

… 続きを読む

2017-07-04 (Tue)

恋と嘘 #1

恋と嘘 #1

新番組のお試し視聴です。少子化対策として、16歳になると政府に結婚相手を決められてしまう世界の物語でした。少子化が進んだ日本では、ある時期から少子対策基本法・通称ゆかり法が施行されていました。この制度がスタートしたことにより、満16歳になる男女は政府が相性の良さを保証された相手と結婚することになっていました。そんな世界に住む高校生の男の子・根島由佳吏は、小学生の頃からある女の子にずっと恋していました。...

… 続きを読む

2017-07-04 (Tue)

覇者の戦塵 オホーツク海戦/谷 甲州

覇者の戦塵 オホーツク海戦/谷 甲州

谷甲州さんの覇者の戦塵シリーズ第3作、「オホーツク海戦」を読み終えました。これまでの物語では、満州を中心に話が動きましたが、「オホーツク海戦」では米ソの動きも活発化してきます。その発端となったのは、駆逐艦・島風が遭遇した不審な船でした。座礁したその船は、島風の接近をしると強引に逃走を図ろうとします。そして、それが不可能だと知った時、その船は自沈したのでした。表向きはノルウェー船籍のその船は、実はソ...

… 続きを読む

2017-07-03 (Mon)

亜人ちゃんは語りたい #8

亜人ちゃんは語りたい #8

試験の結果と、雪の意外な趣味のお話でした。中間試験の結果が貼り出されていました。ひかりの妹ひまりは、成績優秀者の上位に入っています。それには満足のひかりでしたが、自分と同じくらい頭が悪いと思っていた京子が5位だったことに衝撃を受けるのでした。雪は成績上位者には入っていませんが、それなりによい成績だったようです。しかし、ひかりは赤点を連発するような成績だったようです。それを高橋先生にも指摘されて、ひ...

… 続きを読む

2017-07-02 (Sun)

サクラクエスト #13

サクラクエスト #13

祭りの後は・・・というお話でした。人気バンドの公演があることもあって、チュパカブラ王国建国祭は予想外の人数を集めました。祭りの前日から、周辺でキャンプしてライブに備える人たちもいます。そして当日の間野山は、それまでにない多くの人たちを迎え入れることになりました。正直、由乃たちはここまでの事態は想定していなかったため、宿泊施設の完備や公共交通機関の用意には目が向いていませんでした。宿の方はどうにもな...

… 続きを読む

2017-07-02 (Sun)

キラキラ☆プリキュアアラモード #21

キラキラ☆プリキュアアラモード #21

シエルの正体が判明するお話でした。いちかの作ったスイーツから、大量のキラキラルが生まれたことをシエルは不思議に思っていました。一方いちかも、どうしてシエルがキラキラルのことを知っているのか不思議に思っていました。でも、お互いにキラキラルのことは秘密だと思っているので、すれ違いが続いています。そんなある日、キラパティの近くで、いちかは不思議な青い光を目撃しました。それを知った長老は、いちかたちをいち...

… 続きを読む

2017-07-01 (Sat)

覇者の戦塵 激突上海市街戦/谷 甲州

覇者の戦塵 激突上海市街戦/谷 甲州

谷甲州さんの覇者の戦塵シリーズ第2作、「激突上海市街戦」を読み終えました。今回読んだのは、前作の「北満州油田」と合本になったものでしたので、本編に加えて追加の短編「断章 廟行鎮の敵の陣」もあわせて読みました。前作では、実際に歴史にはない、北満州油田の発見が描かれました。それを受けて、前作にも登場した満鉄の技術員・南部は、石原中佐の計画を聞いて満州に日本独自のトラクター生産施設の建造に向けて考えをま...

… 続きを読む

2017-07-01 (Sat)

正解するカド #8

正解するカド #8

サンサについての情報が、全世界に公開されるお話でした。その合間に、沙羅花は真道を実家へと招きます。夏祭りの夜、真道を呼び出した沙羅花は、ヤハクィザシュニナを異方に帰って欲しいという自分の希望を伝えました。忙しい2人ですが、花森にお願いして2人だけで過ごせる1日を用意してもらうことができました。そして沙羅花は、真道を自分の実家へと招いたのでした。真道と同じく、意外にも沙羅花も庶民的な家庭の出身でした...

… 続きを読む