日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


停電の夜に (新潮文庫)ジュンパ・ラヒリさんの「停電の夜に」を再読しました。

この作品を読むまで、私の読む海外文学作品は、世界文学全集に収録されているような作品が主体でした。現代の海外文学作品も凄いと気づかせてくれたのが、このラヒリさんの「停電の夜に」でした。

今回読んだのは文庫版の方ですが、新潮クレスト版も手元にあります。その時々の気分によって、文庫版と新潮クレスト版を読み分けるのも楽しみの1つです。(^^)

この本には、9編の短編が収録されています。日本での本のタイトルでもある、「停電の夜に」を初めて読んだ時の衝撃は今でも忘れられません。子供を失いすきま風が吹いている夫婦が、工事の影響で停電してしまう時期にロウソクの明かりの中で打ち明け話をする静かな物語です。

書き方によっては、もっとドロドロした内容になりそうなところを、重くなりすぎず幻想的な雰囲気さえ感じさせながら物語る語り口。そして、最終的にこの夫婦がどうなるのかという静かな緊張感が、読者を先のページへと誘います。

この他に、「ピルザダさんが食事に来たころ」「病気の通訳」「本物の門番」「セクシー」「セン夫人の家」「神の恵みの家」「ビビ・ハルダーの治療」「三度目で最後の大陸」が収録されています。個人的な好みは、「停電の夜に」と「三度目で最後の大陸」ですが、どの作品もとても質が高いです。

「本物の門番」と「ビビ・ハルダーの治療」はインドが舞台のようですが、どちらも社会の底辺にいる人物にスポットが当たっていて、読むたびに痛みを感じます。特に「ビビ・ハルダーの治療」は障害者虐待と思える描写もあり、読んでいて悲しくなります。
「三度目で最後の大陸」は今読み返すと、その後に発表された長編「低地」へのつながりを特に感じました。

今現在はラヒリさんはローマへと移住されて、英語ではなくイタリア語で創作を続けているそうです。次の作品がいつ発表されるのか、そしてそれがいつ翻訳されるのか、全くわかりませんが新作の発売を心待ちにできる作家がいるのはいいものですね。(^^)
翔に何が起きているのか、少しだけ明らかになるお話でした。

球技大会の後、菜穂と翔の関係がもう少し進展しているのかと思ったら、言いたいことが言えない菜穂の性格もあって、以前と変わらないような距離感が続いています。そんな中、須和は翔をサッカー部の練習に誘いました。須和と一緒にサッカーをしている翔の姿は、いつもより輝いて菜穂には見えました。

翔は何か事情があって、サッカー部には入部できないようでしたが、仮入部でもいいからと須和に頼み込まれて、とうとうサッカー部に関わることになりました。そして会話の流れは、菜穂の作る手作りのお弁当のことになりました。菜穂のお弁当に興味を持った翔に、菜穂はお弁当を作ってきてあげると言ってしまうのでした。

それは未来の自分からの手紙に、翔にお弁当を作ってあげなかったことを後悔していると書かれていたからです。
それでも、いざとなるとやはり本当にお弁当を作った方がいいのか菜穂は悩み始めます。そんな優柔不断な菜穂の性格は、どうやらお母さん譲りみたいです。そして菜穂は、思い切ってお弁当を作ることに決めたのでした。

翌日、菜穂は翔の分のお弁当も持って登校しました。でも、恥ずかしくてそのことを翔に言い出せません。授業中も、お昼にどうやってお弁当を翔に渡すか、そればかりが気になってしまいます。そしてお昼休みになりました。でも、菜穂がモジモジと迷っている間に、翔は須和に誘われて購買にパンを買いに行ってしまったのでした。

翔にお弁当を渡せなかったことを、菜穂は深く後悔します。未来の自分から来た手紙に背中を押されてお弁当を作ったものの、それで菜穂の引っ込み思案な性格まで変わったわけではなかったからです。そして下校時間、菜穂は下駄箱で翔と一緒になりました。でも、翔が菜穂の大荷物に気づいたために、思いっきり翔を拒絶するような行動をとってしまいました。

落ち込みながら貴子やあずさと下校していた菜穂でしたが、このままではいけないと気づきました。須和と帰ろうとしていた翔のところに現れた菜穂は、さっきのことを翔に謝りました。そんな菜穂に気を遣って、須和は菜穂と翔を2人きりにしてくれました。そのおかげで、菜穂はこれまでより時間をかけて、翔と向き合うことができたのでした。

そして菜穂は、始業式の後の2週間、翔が学校を休んだ理由を知りました。何と始業式の日に、翔のお母さんは自殺していたのでした。その葬儀などがあって、その後翔は学校を休んでいたのでした。もし後の時、手紙に書かれていたように、自分たちが翔を寄り道に誘わなければ・・・。菜穂は、ようやく未来の自分が何を後悔しているかを知ったのでした。

そして菜穂は、ようやく手作りのお弁当を翔に渡すことができました。翔も菜穂がお弁当を作ってくれることをちょっとだけ期待していたようで、とても喜んでくれたのでした。そして菜穂は、手紙の先に書かれていたことを思い出します。
そこには、17歳の時に翔が事故で死んだと書かれていたのでした。その未来を変えてみせると、菜穂は決意したのでした。

第2話では、ようやく翔の事情が少し明らかになりました。未来からの手紙に翔が10年後にいないことが明かされていたので、彼が何か重大な病気を抱えているのかと心配していました。須和にサッカー部への入部を誘われたことを断ったのも、病気が原因なのでは!?と思っていたので、そういうわけではないと知ってちょっと安心しました。
とはいえ、手紙に従って菜穂が行動することで、本当に未来を変えることができるのでしょうか!?
そしてもし未来を変えることに成功した時、須和と結婚している未来の菜穂はどうなってしまうのでしょうか。