日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › Archive - 2016年07月
2016-07-06 (Wed)

マクロスΔ #14

マクロスΔ #14

ラグナから脱出したマクロス船団でしたが、現状ではアイランド艦を維持するだけで精一杯です。ウィンダミアに一太刀浴びせてラグナから脱出したマクロス船団でしたが、状況はあまりよくありません。30年間使用していなかったアイランド艦をいきなり使ったことで、あちこちに不具合が生じていたのでした。一番問題なのは、アイランド艦の生命維持に支障が出始めていることでした。エネルギー供給も安定せず、艦内状況の変動に多くの...

… 続きを読む

2016-07-06 (Wed)

地下室の手記/ドストエフスキー

地下室の手記/ドストエフスキー

ドストエフスキーの「地下室の手記」を読み終えました。池澤夏樹さんの「世界文学を読みほどく」を読んで、まずはドストエフスキーからと思ったものの、いきなり「カラマーゾフの兄弟」を読むのはボリュームがありすぎて圧倒されたので^^;、文庫で250ページほどのこの作品を読んでみることにしました。物語の主人公は、元はとある官吏だったけれど、ちょっとした遺産が手に入ったことから仕事を辞めて、地下室に引きこもり生活を送...

… 続きを読む

2016-07-04 (Mon)

orange #1

orange #1

新番組のお試し視聴です。10年後の自分から、これから起きることが書かれた手紙が送られてくるお話でした。26歳の菜穂たちは、タイムカプセルに入れた手紙を取り出しています。菜穂には後悔していることが、たくさんありました。それは高校時代に転校してきた、成瀬翔という男の子に関することのようです。ここで物語は、10年前へと遡ります。16歳の菜穂は始業式の朝、初めて寝坊してしまいました。慌てて学校に向かおうとする菜穂...

… 続きを読む

2016-07-04 (Mon)

世界文学を読みほどく/池澤 夏樹

世界文学を読みほどく/池澤 夏樹

池澤夏樹さんの「世界文学を読みほどく」を読み終えました。この本は、2003年の9月に京都大学で行われた7日間に渡る講義をまとめたものです。扱っている作品は、スタンダールの「パルムの僧院」から始まり、トルストイの「アンナ・カレーニナ」、ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」、メルヴィルの「白鯨」、ジョイスの「ユリシーズ」、マンの「魔の山」、フォークナーの「アブサロム、アブサロム!」、トゥエインの「ハッ...

… 続きを読む

2016-07-03 (Sun)

アルスラーン戦記 風塵乱舞 #1

アルスラーン戦記 風塵乱舞 #1

アルスラーン戦記、第2期のスタートです!王都エクバターナを奪還するために出陣したアルスラーン軍でしたが、その留守を狙って北方の遊牧民族トゥラーンがペシャワール城塞に攻め込んでいました。トゥラーン軍の猛攻の前に、さすがのパルス軍も苦戦を強いられています。そこに駆けつけたのは、エクバターナへ向かったはずのアルスラーン軍でした。アルスラーンに率いられた軍勢と、ペシャワール城塞の軍勢に挟撃される形になった...

… 続きを読む

2016-07-03 (Sun)

魔法つかいプリキュア! #22

魔法つかいプリキュア! #22

新たなプリキュア、キュアフェリーチェの登場です!ドクロクシーとの戦いも終わり、世界は平和を取り戻しました。しかし、みらいとリコの前からはーちゃんは姿を消してしまいました。日々の生活を送りながら、2人の心はどこか上の空です。リコは試験で1位になりましたが、それほどうれしそうではありません。2人の様子が変だということには、みらいのお母さんも気づいていました。しかし、あえてお母さんはみらいに何があったの...

… 続きを読む

2016-07-01 (Fri)

坂本ですが? #12

坂本ですが? #12

今期の異色作、「坂本ですが?」もついに最終回です。あっちゃんの心の隙間を利用して、深瀬はある計画をあっちゃんに吹き込みました。それは、卒業式の日に坂本が在校生代表として送辞を読んでいる時に実行されたのでした。金属バットを持って現れたあっちゃんは、ステージに立つ坂本に襲いかかりました。先生や生徒たちは、その様子に騒然となりました。しかし坂本は、そんなあっちゃんの行動さえ、演出だと周囲に思わせたのでし...

… 続きを読む