日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ダリューンとナルサスが、王都エクバターナへ潜入するお話でした。

アトロパテネの会戦でのパルスの敗北の裏には、銀仮面と手を組んでいる魔道師の存在がありました。その男が魔術で霧を発生させたために、パルス軍は大敗北を喫する原因となったのです。そして王都エクバターナでは、侵略者であるルシタニアが暴虐の限りを尽くしていました。その一方で、ルシタニアの国王はタハミーネとの結婚を望んでいたのでした。

これに腹を立てたのが、狂信的な大司教ボダンでした。ボダンは、その腹いせにパルスの図書館に所蔵されていた貴重な書物を焼き払ったのでした。このボダンの暴挙には、ルシタニア兵の中からも非難する声がありました。しかし、ボダンはそれに全く耳を傾けませんでした。

その頃、ダリューンとナルサスはエクバターナに潜入していました。ボダンの暴挙を目にしたナルサスは、ボダンを倒すのは自分に任せろとダリューンに頼みました。そしてダリューンとナルサスは、密かに国王と王妃の所在を探っていたのでした。

一方、アルスラーンはエラムと行動を共にしていました。アルスラーンは何とか役に立とうとがんばりますが、かえってエラムの足手まといになっています。そんな2人は、水を調達するために近くの村にやって来ました。そこでアルスラーンは、ルシタニア兵が娘を人質にして、老人から略奪しようとしている現場に居合わせました。それを見たアルスラーンは、2人を助けるために兵士たちの前に飛び出したのでした。

とはいえ、宝飾付きの剣では王族だとばれてしまいます。そこでアルスラーンは、手近にあった鍬を手にして兵士たちに立ち向かったのでした。兵士たちに取り囲まれたアルスラーンを救ったのは、その兵たちを率いている隊長でした。それはなんと、かってエクバターナでアルスラーンを人質にした男装した少女でした。

少女はアルスラーンのことを覚えていました。そして、アルスラーンもその少年のことを覚えていたのでした。
少女はアルスラーンに、一緒に奴隷になった仲間のことを尋ねました。しかし、彼女の仲間は既に殺されていました。少女はアルスラーンに、奴隷という差別があることを避難しました。その一方で、少女はイアルダボート教を信じない者は殺しても構わないという教えを信じていました。アルスラーンは、逆にその矛盾を指摘するのでした。

そこへエラムが帰ってきました。2人は危うく戦いになるところでしたが、アルスラーンが取りなして、お互いに剣を引いたのでした。そして少女は、アルスラーンの手にイアルダボート教の教典を残して立ち去りました。

その間にも、ダリューンとナルサスの情報収集は続いています。そして2人は、そこで銀仮面の男と戦うことになったのでした。ダリューンは、銀仮面の男こそが伯父のヴァフリーズを殺した男であることを知りました。そして、ダリューンの剣を受けて銀仮面が壊れました。その下には、顔の半分が焼けただれた素顔がありました。
ダリューンとナルサス、2人を相手に渡り合った銀仮面の力は恐るべきものですね。潮時を悟ったダリューンとナルサスは、その場から逃げ出したのでした。

というわけで、今回はアルスラーンとルシタニアの少女の再会、そしてダリューンとナルサスと銀仮面との戦いが描かれました。でも一番印象に残ったのは、銀仮面にへぼ絵師と侮辱されて怒っているナルサスだったかも。(^^;
Go!プリンセスプリキュア オリジナル・サウンドトラック1「花のプリンセス」の作者・望月ゆめ先生に、はるかが会うことにになるお話でした。

ゆいがはるかに、大ニュースを持ってきました。なんと「花のプリンセス」の作者・望月ゆめ先生のサイン会が開催されるというのです。望月先生はこれまで、人前には姿を見せませんでした。急にサイン会が開催されたことを不思議に思いながらも、はるかたちは会場へと向かうのでした。

そこには、大勢の人たちが集まっていました。「花のプリンセス」は、かなり昔に発表された作品なのですが、今でも根強いファンがたくさんいたのでした。「花のプリンセス」は、いつもお花に囲まれている心優しいプリンセスのお話でした。ところが、このお話にはなぜか結末がありませんでした。その訳を、はるかはずっと知りたかったのでした。

そしていよいよ、望月先生と会うことができました。はるかは緊張でガチガチです。はるかの持ってきた本を見て、望月先生はその本が何度も読まれたことを知って喜んでくれました。そんな先生に、はるかは続きを書かないのかと質問しました。すると先生は、続きは書かないと答えました。

この物語は、元々は先生の娘のために書かれたものでした。それが発表されると、多くのお便りが先生のところに届きました。それを読んだ先生は、続きを書かないことに決めたのでした。それは、物語の読者1人1人の中に、それぞれの結末があることを知ったからでした。

その頃、ディスダークではトワイライトがプリンセスプリキュア打倒に動き始めました。ディスピアから力を授かったトワイライトは、はるかたちの前に現れました。そしてトワイライトは、プリキュアのロッドと同じようなアイテムを使い、多くの人たちを絶望の額の中に閉じ込めてしまったのでした。

みんなを救うために、はるかたちはプリキュアに変身して戦います。しかし、トワイライトの力は強大でした。
マーメイドもトゥインクルも、あっという間にたたき伏せられてしまいました。そしてフローラもまた、トワイライトには手も足も出ませんでした。トワイライトは、特にフローラに対して憎しみを持っていました。才能も気品もないのにプリンセスを目指すフローラが、トワイライトには許せなかったのでした。

そしてトワイライトは、パフが持っていた「花のプリンセス」を奪うと、絶望の炎で本を焼こうとしました。
それを見たフローラは、身を挺して本を守ります。そしてフローラは、自分の答えを見つけました。自分の憧れるプリンセスは、自分の中にしかいないことを!

そんなフローラの思いに応えるかのように、新たなドレスアップキーが現れました。それはなんと、はるかの持っていた「花のプリンセス」の中に隠れていたのでした。新たな力を得たフローラは、トワイライトに立ち向かいます。新たなキーが3つそろったことで、プリキュアの必殺技もバージョンアップしました。その力の前に、トワイライトは屈したのでした。そしてトワイライトは、一時撤退しました。プリンセスとしての自信を打ち砕かれたトワイライトが、次にどうでるのか気になります。

こうしてはるかは、新たな気持ちでグランプリンセスを目指します。そして、新たな秘密が明らかになりました。なんと「花のプリンセス」の作者・望月先生は、ノーブル学園の学長だったのでした!

というわけで、新たなドレスアップキーの獲得、トワイライトとの本格的な戦いの始まりと、見所の多いお話でした。プリンセスに憧れる女の子は、みんな心の中に自分だけの理想のプリンセスを持っているというストレートなメッセージがよかったです。(^^)