日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ユレが谷風に、極秘任務を与えるお話でした。

移民先がガウナに襲われているようだったので、そろそろ本格戦闘かな〜と思ったら、今回もラブコメまっしぐらでした!(^^;

谷風とイザナが新居に移住して、つむぎと一緒に暮らし始めました。そんな中、纈が新居にやって来ていました。こっそり何かをしているので、何かと思えばイザナの和室を取り上げて、こたつルームに変えてしまったのでした。おまけに、イザナには別の部屋に移るように伝えて、ちゃっかり自分は谷風の隣の部屋に住むことに決めていました。(^^; イザナとつむぎが同居だけでもややこしいのに、纈まで同居することになってどうなることやら。(笑)

初めて見るこたつに、つむぎは大喜びです。こたつの中をウネウネと出たり入ったりしている姿は、なんだか小さな子供みたいですね。そうそう、イザナの義手ですが、5本指ではなくて10本指だったんですね。これまでは衛人の操縦桿も普通のものを使っていたようですが、今回から10本指対応型に変更されました。おまけに、操縦桿に装備されている端末に接続すると、衛人の情報を直接イザナの脳に送り込むことができるのでした。
・・・シドニアって、こういう変なテクノロジーは発達してますよね。(^^;

そして谷風たちは、衛人を使って作業を行っています。でも、はしゃいだつむぎが邪魔したせいで、衛人隊は大混乱です。落ち込んでいるつむぎを、谷風は慰めます。谷風には、ちゃんとつむぎの感情がわかるのでした。
相変わらず谷風とつむぎはラブラブですね。恋人というより、親子みたいな感じではありますが・・・。

それがイザナには面白くありません。そんなイザナの心境を知ったユレは、谷風を操縦士の控え室に呼び出しました。なんと谷風に極秘任務を与えるというのです。でも、それはもちろん谷風とイザナを一緒にしてあげる口実です。とはいえ、ミッションに失敗したら谷風の首に埋め込んだ爆弾を爆発させるというのだから、恐ろしい話です。

そして谷風は、いつになく真剣な態度でイザナに任務に同行してくれるように頼みました。もちろん、そのことはつむぎや纈に知られてしまっています。それを聞いた纈たちは、谷風が任務を口実にイザナを誘い出したように思ったのでした。こうして谷風とイザナは、千秋郷と呼ばれる場所へ行くことになりました。そこは、シドニア艦内とは思えないほど、きれいに桜が咲いている場所でした。

このラブコメ、いつまで続くのでしょうか。(^^;

そうそう。ユレが昔着ていた服も、凄いデザインでしたね。露出度もけっこう高いですが、何となくサイバー風で、かなり思い切ったデザインでしたね。そしてユレは、重力子放射線射出装置の開発を進めていることを佐々木に打ち明けました。これは今後の伏線っぽいですね。