日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


士郎とアーチャーの戦い。凜の危機が描かれました。

アーチャーの正体を知った士郎は、それでもアーチャーと戦うことを決めました。そして、そんな2人が激しく激突しました。士郎は必死で戦いますが、戦いの経験の差などでアーチャーに追い詰められていきます。そして戦いの中、士郎はアーチャーが見た未来を垣間見るのでした。

その頃、捕らわれた凜は、綺礼に心臓をえぐり出そうとされていました。しかし、慎二がそれに待ったをかけます。でも基本へたれな慎二は、綺礼ににらまれると何も言えません。絶体絶命の凜を救ったのは、自害させられたはずのランサーでした。ランサーの攻撃を受けて、綺礼は倒されたのでした。

それを見て調子づいたのは、綺礼に脅かされて凜を奪われそうになった慎二でした。でも、こっちもランサーが適当に処理してくれました。(^^;
そして凜を助けて、力を使い果たしたランサーは、最後の魔力で部屋に火を放ったのでした。

一方、士郎とアーチャーの戦いは、アーチャーが士郎を圧倒します。そして士郎はついに、アーチャーの剣に貫かれてしまったのでした。そして士郎は、過去の世界を垣間見ていました。それは炎に包まれた街の記憶でした。そして士郎は、自分を救ったことで切嗣が救われていたことに気づきました。

そして士郎は、あえて地獄の道を進む覚悟を決めたのでした。その時、士郎の中にあったセイバーの宝具が発動しました。その力はアーチャーから受けた傷を癒やすほどの力がありました。そして、士郎とアーチャーの戦いはまだ続くのでした。

今回は、士郎とアーチャーの戦いがメインなので、アクションシーンに期待したのですが、意外と2人のセリフのやりとりが多くて、今ひとつ盛り上がらない感じでした。(^^;
2015.05.25 00:56 | Fate/stay night | トラックバック(5) | コメント(-) | .