日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


あかりが、まどかの応援をすることになるお話でした。

大人気のダンシングディーヴァは、早朝から仕事が入っています。早起きしたあかりは、そんなスミレのためにのど飴を用意していたのでした。そして、相変わらずあかりは、大空お天気でがんばっています。その後の番組で、スターライト学園に次々と登場するユニットのことが話題になりました。そこでユニットのことを聞かれたあかりは、ユニットの結成に前向きであることを伝えたのでした。

仕事を終えたあかりに、スミレから電話が入りました。ダンシングディーヴァが忙しすぎて、後輩のまどかの面倒を見られないことをスミレは気にしていたのでした。それを察したあかりは、自分からまどかのことは任せてとスミレに伝えました。あかりとスミレ、いい感じでチームワークが出来上がっていますね。(^^)

早速あかりは、困ったことがあったら何でも相談に乗るとまどかに伝えました。その直後、まどかに大きなチャンスがやって来ました。新人アイドルが出演するイベントに、スターライト学園の代表としてまどかが選ばれたのです。まどかにとっては初めての大きなステージで、まどかはとても緊張しています。あかりは、そんなまどかを励まして、いろいろとアドバイスするのでした。

ステージに立つには、衣装も大切です。まどかはずっと祖母である天羽先生のエンジェリーシュガーのドレスを着たいと思っていました。しかし、お祖母さんにドレスをくださいと、まどかは簡単には言い出せないのでした。それはまどかが、ずっと天羽先生の側で、その仕事ぶりを見てきたからでした。

幼い頃から、まどかにとってお祖母さんの作るドレスは憧れの対象でした。お祖母さんの作ったドレスは、アイドルが着るためのものだと言われて、自然にまどかはアイドルを目指したのでした。そして、アイドルへの道を進めば進むほど、そしてお祖母さんの仕事ぶりを知れば知るほど、まどかは簡単にはドレスが欲しいとは言えなくなりました。

天羽先生のドレスを着るには、大きな覚悟が必要だったのです。それは先生から、ドレスはあげられないと告げられることかもしれません。そしてドレスを手にしたら、それをステージできちんと輝かせるのがアイドルの仕事です。それがどんなにたいへんなことか、まどかは痛いほどによく知っていたのでした。

まどかの悩みを聞いたあかりは、自信をつけるには努力するしかないと、早速一緒にトレーニングを開始しました。その甲斐あって、まどかの体力、踊りなどはみるみる向上したのでした。昔は落ちこぼれ気味だったあかりですが、アイカツを続けているうちにかなり体力がついていました。今のあかりは、まどかがついていくのがたいへんなほどです。

そしてついに、まどかはお祖母さんにドレスをもらいに行くことを決めました。いつもはエレベーターを使いますが、今回はアイドルとしての覚悟を示すために、いちご先輩のように崖を登ります。(^^;
そして、まどかはついにお祖母さんにドレスが欲しいとお願いしました。そんなまどかを見て、天羽先生はようやく覚悟が決まったことを喜んでくれました。天羽先生は、いつの頃からまどかがドレスが欲しいと言わなくなったことに、ちゃんと気がついていたのでした。

そしてまどかは、新作ドレスを着てステージに立ちました。ステージは大成功で、まどかは大喜びであかりに抱きついたのでした。

というわけで、今回は今まで描写が少なかったまどかに、ようやくスポットが当たりました。
天羽先生の孫という、ある意味とても恵まれたポジションにいるまどかですが、デザイナーの孫ゆえの悩みがあることを描いたエピソードで、とてもよかったです。これは、まどかというキャラがいなければ、成立しないお話ですね。(^^)

そしていよいよ、あかりとまどかのユニットが生まれるようです。スミレと凜、珠璃とひなき、と個性的なユニットがそろっていますので、その中でどう個性を発揮するかが気になります。