日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


神の時空 ―貴船の沢鬼― (講談社ノベルス)高田崇史さんの神の時空シリーズ、第3巻「神の時空 貴船の沢鬼」を読み終えました。

次女の摩季を蘇らせるために、辻曲家では死反術を行おうとしていました。摩季が死んで既に3日、あまり時間が過ぎると蘇らせることができなくなってしまいます。そして術を行うためには、霊力の高い水が必要でした。その水を手に入れるために、彩音と巳雨、猫のグリ、そして幽霊の陽一は貴船へと向かうことになるのでした。

その頃、京都では不可解な事件が起きていました。恋人の高舘淳子と暮らしていた金子学は、突然般若のような女性に襲われて重体に陥りました。さらに別の場所では、女子高生の中村理奈が殺人事件の現場を目撃していました。しかし、被害者を殺したのは、死んだはずの理奈の父にそっくりな男だったのでした。

それから、毎回なんだよくわからない^^;、高村皇は今回もまた陰謀をすすめています。今回は貴船の怨霊を利用して、自らの目的を遂げようとしていたのでした。そのために猿太と、死んだ人間を操ることができる傀儡師の佐助が貴船で行動を起こします。

今回のキーとなるのは、宇治の橋姫の伝説です。帰らぬ夫を待ち続けたとされる橋姫の伝説には、悲しい真実が隠されていたのでした。今回その真相は明らかになりませんでしたが、伊勢神宮に奉られている天照大神が、実は1人ではなく、天照という男の神と天照大神という女性の神という展開は面白かったです。

物語は、彩音たちの視点と事件を捜査する警部補と部下の女性刑事の視点から語られます。悪役となる高村皇側の動きがあまり描かれなかったせいか、今回は今までの中で一番物語としてまとまっていたと思います。
最後に一応事件は解決しますが、よくよく考えてみると京都各所で目撃されたとされる、他の般若や鬼は何だったのでしょうか!?(^^;

というわけで、毎回いろいろと文句を言いつつも、新作が発表されるとつい手に取ってしまいます。
今回どうしても気になったのは、物語の中で陽一の考えとして、「怪異は世界各地で見られる→特定の地域だけの現象ではない→だから怪異は実際に存在する」という説が語られます。でも、この前提条件から怪異が存在すると断定するのは、飛躍がありすぎる気がします。
逆の理屈で、「人間は思いこみや勘違いをする→それは特定の地域だけでなく全世界である→だから人間は世界各地で見間違えや勘違いで怪異があると信じてしまう」とも言えるからです。(^^;
今回は、スランプの勇を忍たちが元気づけようとするお話と、アリスがわらしべ長者に挑戦するお話でした。

このところ、勇の様子が変です。忍の話では、このところモデルとしてスランプらしいです。そこでみんなで、勇を外に連れ出して元気づけることにしました。でも勇は有名人なので、変装してお出かけです。勇が選んだのは、忍の制服でした。そして忍は、この時とばかりにふりふわドレスを着てくるのでした。(^^;

今回のお出かけでは、各自にカメラが渡されました。ベストショットを撮った人には、忍が海外旅行のために貯金している中から賞金が支払われるみたいです。でも、1日10円ずつの貯金なので、そんな凄い金額ではなさそうですが・・・。

忍たちは、いろいろなところへ勇を連れて行きます。しかし、なかなか勇は元気になってくれません。お店をのぞいていたカレンは、久世橋先生がいるのを見つけました。普段とは違い、可愛い服装の久世橋先生をカレンはしっかりカメラにおさめるのでした。

そんな中、忍が旅行代理店にみんなを連れて行きました。そこに置かれているパンフレットを見ているだけで、忍は妄想旅行ができるらしいです。欲張った忍は、お店の全てのパンフレットを持ち帰ろうとします。しかし、重すぎてよろけてしまいました。そんな忍を助けたのは、勇でした。そして、これをきっかけに勇は元気になったのでした。

後半は、アリスがわらしべ長者に挑戦します。わらしべ長者に憧れるアリスは、自分も同じようにやってみることにしました。まずはこけし人形を、勇に写真と交換してもらいました。その写真は、陽子と綾のツーショット写真でした。その写真を見た綾は、千円でそれを買い取ろうとしました。でも、物々交換でないと困るので、綾は持っていた動物の赤ちゃんの本と交換してくれました。

それを持ってアリスは、久世橋先生のところに行きました。でも今度は、烏丸先生の持っていたウサギのツケ耳帽子と交換することになってしまいました。さらにそのうさ耳は、陽子の持っていた水と交換することに・・・。どんどん品物の価値が下がっているような気がしていた時、アリスはカレント出会いました。

カレンは、ほのかと一緒に食事中でした。ほのかも、忍に劣らない金髪萌え属性の持ち主みたいです。(^^;
パンを食べていたカレンは、パンをのどに詰まらせてしまいました。そこでアリスは、持っていた水を使いました。そのお礼としてカレンは、1万円の指輪を差し出したのでした。・・・カレンの家は、本当にお金持ちなんですね。

あまりにも高価な物をもらったために、アリスは罪悪感にさいなまれます。そんなアリスから、勇は忍をあげるという一言で、指輪をゲットしたのでした。(^^; 勇は相変わらずしたたかですね。(笑)