日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


タイタニア4<烈風篇> (講談社ノベルス)田中芳樹さんの「タイタニア」第4巻、烈風篇を読み終えました。もう続きは出ないものと諦めていただけに、実物を手にした時は感慨深いものがありました。

ジュスラン+アリアバートとイドリスは、タイタニアを真っ二つに分けて戦うことになりました。それに先立ち、イドリスはファン・ヒューリックたち一行を自らの陣へと招き入れたのでした。もちろん両者の間に信頼関係はなく、緊張感のある状況が続いています。そんな中イドリスは、リディア姫の故国であるエルビング王国に宣戦を布告しました。ジュスランが大切にしているリディアの祖国を攻撃することで、精神的な動揺をさそっています。

ですが、これに対するアリアバート・ジュスラン連合の動きは速かった。エルビング王国への救援に赴いたと見せて、転進して一気に敵の本拠地であるウラニボルグをつく作戦に出たのです。イドリスはヒューリックに命じて、これを迎撃させようとしますが、お目付役としてイドリスの弟のラドモーズをつけられて、おまけに従う兵士からも信頼されていないのでは、さすがのヒューリックも戦いようがありません。三度目の戦いにして、アリアバートはついにヒューリックを破ったのでした。そのままそこに居続ける義理もないので、ヒューリックたちはさっさと遁走を決めました。

そして、戦いはウラニボルグへと移りました。アリアバート・ジュスラン連合の2万隻に対して、イドリスは4万隻の戦力を持っていました。しかし、権限を委譲できる信頼できる部下がいないために、イドリスは全てを自分でこなす必要に迫られました。そのため、本来なら自ら艦を率いて戦うところを、ウラニボルグ内で戦闘指揮を執らざるをえなくなってしまったのでした。こうして2対1という戦力比であったにも関わらず、イドリスはアリアバートの巧妙な指揮に翻弄されることとなってしまったのでした。

戦いの趨勢がほぼ見えたところで、これまで沈黙を守っていた藩王が動きました。両軍に刃をおさめるように命じた藩王は、和睦の使者としてイドリスの弟でまだ12歳のゼルファを差し向けたのでした。そしてゼルファの手にかかって、アリアバートが命を落としました。衝撃を受けるジュスランに、藩王は告げました。これでジュスランとイドリス、対等の立場になったと。さらに戦いを続けてみせろというのです。アリアバート亡き今、ジュスランはどう戦っていくのでしょうか!?

ということで、22年ぶりのタイタニアの続編でした。創竜伝の頃から、変な方向に走ってしまった著者ですが、ようやく本来の場所に帰ってきたなあと思いました。でも、最盛期から比べると、構想力、文体など衰えがみえるところもあって、完全復活とはいかなかったのが残念でした。
次は5巻ですが、できれば今度は1〜2年の間に続きを出してもらいたいですね。(^^;
暗闇の目的が明らかになるお話でした。

何でも知っている女性・臥煙伊豆湖と出会った暦は、暗闇への対抗策を尋ねます。それに対して、臥煙伊豆湖は3つの条件を出してきました。1つは、親類にあたる駿河に自分を紹介してくれること。1つは、今回の事件に関わったことで遅れが出た余接の仕事を手伝うこと。最後は、駿河に仕事を手伝ってもらうように頼むことでした。

その3つを受け入れた暦は、いよいよ暗闇の目的を知ることになりました。これまで暗闇の目的は忍だと思っていましたが、それは間違いでした。暗闇の目的は、真宵だったのです。暗闇の存在は、ルールから外れてしまった者を抹消することでした。そういう存在である暗闇は、誰にも消去不能な"存在"だったのでした。

本来、カタツムリの怪異であった真宵ですが、暦の助けを得て、怪異の力からは解放されていました。そして無事に目的地にたどり着いた真宵は、本来なら消えているはずの存在でした。しかし、真宵は暦のことを好きになってしまい、それからも存在し続けています。いないはずの幽霊が今も存在している。真宵は、幽霊の幽霊のような存在になってしまったのでした。

真相を知った暦は、なんとか真宵を救う方法がないのか考えます。しかし、そんな方法は1つも残されていなかったのでした。そして真宵は、成仏して暗闇は世界から消えました。でも、本当にこれでよかったのでしょうか!?

今回は、この作品のお気に入りキャラの1人・真宵が消えてしまうショッキングなお話でした。(;_;)
真宵は本当に世界から消えてしまったのでしょうか!? ぜひとも復活して欲しいです!
ドキドキ!プリキュア マジカルラブリーハープレジーナのために、真琴が新曲を発表するお話でした。

ラブリーパッドの力で元の世界に帰ってくることができましたが、マナたちはレジーナを救うことができなかったばかりか、三種の神器の1つミラクルドラゴングレイブを奪われてしまったのでした。それでも、マナはレジーナを信じています。そして、真琴もレジーナを信じようとしています。その気持ちを届けたくて、それを歌にすることを思いついたのでした。

とはいえ、新曲の制作は困難の連続でした。毎晩遅くまでがんばっても完成せず、真琴は授業中も寝てばかりです。そんな真琴を見かねてマナたちも曲作りに力を貸してくれることになりました。そのおかげで曲作りははかどり、とうとう新曲を完成させることができたのでした。早速、それをプロダクションの社長に聞かせると、とても気に入ってくれて、新曲の発表会が行われることになったのでした。

そして、いよいよ発表当日です。会場には多くのファンが集まってくれました。それだけでなく、レジーナたちジコチューも会場にやって来たのでした。歌を危険なものだと考えるレジーナは、ジコチューを生み出して新曲の発表会をメチャメチャにしようとします。それを阻止するために、真琴はプリキュアに変身したのでした。しかし、今のソードはレジーナと戦うつもりはありません。何とかレジーナを説得しようとしますが、レジーナはそれを聞き入れません。

そんなソードを守るために、マナたちもプリキュアに変身して駆けつけました。戦いの中、ソードは今なら自分の歌をレジーナに届けられるかもしれないと気がつきました。変身を解いた真琴は、ダビィの力を借りて会場に新曲を流しました。その歌声に、レジーナは動揺しました。それでも攻撃を続けようとするレジーナでしたが、ハートたちはレジーナを信じて、攻撃を避けようとはしません。

その時、プリキュアの新たな力が目覚めました。マジカルラブリーパッドが真の力を現して、ハープのような姿へと変形したのです。その力に、ついにレジーナは逃げ出しました。残されたジコチューは、ラブリーパッドの力で浄化されたのでした。こうしてプリキュアは新たな力を手に入れました。しかし、レジーナを救うにはもう少し時間がかかりそうです。

今回は久々のまこぴー回ということで、真琴の歌あり見せ場ありで見応えがありました。特に格好良かったのは、歌い始めた真琴が、レジーナに近づきつつ変身するところでした!