日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ちょっと風邪気味なので、簡易感想です。(^^;

ちさきが光を好きだと知ってしまい、まなかとちさきの関係はギクシャクしています。いつもは何をするときも一緒なのに、今日はちさきは何かとまなかと距離を置きます。そんな中、授業でプールに入ることになりました。海で暮らしている光たちは、プールなんて楽勝かと思ったら、息継ぎしながら泳ぐ水泳は今ひとつ勝手が違うようです。

光はまなかの目を意識して、いいところを見せようとします。しかし、気が散っていたために光はケガしてしまったのでした。そんな時、まなかは迷わずプールに飛び込みました。その日の日直だったまなかは、そのまま光を保健室に連れて行ったのでした。

これまでギクシャクしてきた海の子と陸の子ですが、今では少し距離が縮まっています。男子の中には、ちなみ狙いの子がいたり、女子には要狙いの子がいたりします。そして、いつの間にかクラスのみんなは、壊された祭りの人形の修理を手伝ってくれていたのでした。

しかし、ここでもちさきは、まなかの顔を見るなり用事があるから帰ると言い出し、険悪な雰囲気です。そんなちさきに、まなかは思いを伝えようとしますが、最後まで思いを伝えきれませんでした。そんなまなかに、紡は言葉を途中で切らないで、最後まで自分の気持ちを伝えろとアドバイスしてくれるのでした。

そして、まなかは昔のことを思い出していました。海の光の乱反射が原因で、太陽が3つに見える巴日という現象があるのだそうです。それをちさきは、みんなで見ようと約束していました。しかし、まなかはモタモタしていて、巴日を見ることができませんでした。怒ったちさきと、その勢いに驚いて泣き出したまなかで、大混乱に陥ったのでした。

そんなまなかが見逃した巴日が、今日だったのです。それを知ったまなかは、ちさきのところに駆けつけました。そして、いつか一緒に巴日を見ようという約束を果たしたのでした。そして、まなかはきちんと自分の気持ちをちさきに伝えました。そのおかげで、少しちさきの気持ちが和らいだようです。
坂道が、自転車部への入部を決意するお話でした。

前回秋葉原で出会った鳴子は、なんと坂道と同じ学校の同級生でした。クラスは違いますが、なにかと鳴子は坂道に親しくしてくれます。そんな鳴子が入部するのは、もちろん自転車部です。鳴子から言われて、坂道は自転車部の練習を目撃することになりました。その中には、以前坂道と戦った今泉の姿もあります。

自転車部の練習を見学した坂道は、それに強く惹かれるものを感じました。そして、ついに坂道は自転車部への入部を決意するのでした。しかし、運動が苦手な坂道は、自転車部でうまくやっていけるか不安でいっぱいです。そんな坂道に鳴子は、自転車は他のスポーツとは違うことを教えるのでした。

そして、自転車部には6人の1年生が入部しました。ところが、坂道たちが入部したその日、1年生だけのとあるイベントが開催されることになっていたのです。それは激しい山越えを含めた60kmを自転車で走破するというものでした。他の1年生がロードで参加する中、なんと坂道はママチャリでこのイベントに参加するようです。秋葉原までの往復60kmを走っていたとはいえ、坂道はこれを完走することはできるのでしょうか!?