日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


秘めた思いは、お互いに口に出さないと通じません。

光が起きると、あかりが出勤の支度をしていました。どうやら、美海のお父さんとけりをつけるために、仕事に出る決心をしたようです。一方、光のことを思って、ちさきもモヤモヤしています。その気持ちを、偶然会った紡にぶつけようとしました。ところが、それをまなかに聞かれてしまいました。

あかりは、美海のお父さんに別れ話を切り出しました。しかし、お父さんはそれに同意しようとしません。いずれきっと、美海もあかりを受け入れてくれると信じていたのでした。しかし、あかりはこれ以上美海を傷つけないために別れることを決意していたのでした。

そんな時、突然美海が行方不明になってしまいました。動転したあかりは、家に電話して美海が海に落ちたのではないか、うろこ様に確認してくれと言いました。そんなあかりに、光は自分の気持ちをぶつけました。いくらお母さんのように振る舞ってくれても、あかりがお母さんの代わりになることはできない。だから、さっさと美海のお父さんと一緒になっちまえと・・・。

幸い、美海は海に落ちていませんでした。そして、光たちも一緒に、美海を探したのでした。そして、ついに光は美海を見つけました。しかし、美海は帰らないと言い張ります。そこで、そんな美海に光も付き合うことにしたのでした。そして、ようやく美海も自分の本当の気持ちを話しました。美海はあかりが受け入れられないのではなく、お母さんの時と同じように急にいなくなってしまわないか怖かったのです。

そして翌朝、美海は光といるところをあかりに発見されました。あかりは珍しく、本気で美海のことを怒りました。そして自分は消えるから、もうこんなことはするなと訴えたのでした。そんなあかりに、ようやく美海も自分の気持ちを話しました。美海だって、もう2度とお母さんが消えた時のような気持ちは味わいたくなかったのです。

こうして、ようやくあかりと美海は心を通じ合うことができたのでした。こうなると気になるのは、ちさきの光に対する思いとか、光のまなかに対する思いがどう決着するかですね。
新キャラ・鳴子章吉の登場です。

秋葉原で出会った謎の少年、鳴子章吉。彼もまたオタクなのかと思ったら、自分のためではなく、弟のためにプラモを買いに来ていたようです。いきなり初対面の坂道にお金を貸してくれと言ったり、どこかぶっ飛んでいるところがありますが、自転車に対する思いは人並み以上です。

そんな鳴子と坂道が、協力して失礼な車と戦うことになりました。坂道の自転車は、いつの間にか幹の手によってアウターギアがつけられていました。これまでの坂道の自転車では、坂道はよくてもスピードが出ませんでしたが、新たなギアを装備したことで、平地でのスピードも出るようになったのでした。

しかし、平地にはこれまで坂道が知らなかった壁がありました。自転車は、風に弱いのです!
もし1人なら、坂道はどうすることもできなかったでしょう。しかし、鳴子という仲間がいたおかげで、風を克服することができたのです。先頭を走る鳴子が、風よけとなって坂道を引っ張ります。そのおかげで、坂道は力を温存したまま進むことができました。そうして坂道は、ついに失礼な車を追い越したのでした。

こうして坂道は鳴子と親しくなりました。この後、坂道がどんな道を進むことになるのか楽しみです。