日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

恵美が、梨香の誤解を解くために真奥の働くマグロナルドまでやって来るお話でした。

恵美が鈴乃を真奥から遠ざけようとしていると知って、梨香は三角関係を妄想して楽しんでいます。そして彼女たちは、真奥の働くマグロナルドの前までやって来ました。しかし、いきなり3人が鉢合わせて修羅場になるのを避けるために、その前にあるセンタッキーで作戦会議を開くことになりました。

その席で恵美は、自分がいかに真奥を嫌っているかを力説しました。しかし、それを聞いていたのは、真奥から言われてセンタッキーの偵察に来ていた芦屋だったのでした。芦屋は梨香に、自分と真奥は会社を経営していたと事実とフィクションを混ぜた話を始めました。そして恵美は、ライバル会社の社員ということにされてしまったのでした。

芦屋の話を聞いた梨香は、ようやく全てを納得してくれました。そして梨香は、芦屋のことを満更でもなく思っているようです。梨香と芦屋の関係が進展することもあるのでしょうか!?

そうして恵美たちは、いよいよマグロナルドにやって来ました。センタッキーにお客を取られて、こちらのお店はガラガラです。真奥は芦屋からの報告を受けると、ライバルへの対抗策を練りました。しかし、まだこれといった対抗策が見つかりません。そんな中、恵美たちはお店にとどまって、真奥の様子を窺っています。

そんな中、真奥のところに状況を打破する切り札が届けられました。それは大きな竹でした。地域ボランティアで親しくなったお祖父さんから、真奥は竹を譲ってもらう約束を取り付けていたのでした。お客さんにその竹に飾り付けをしてもらうなどのイベントを組み込んで、お店は一気に繁盛し始めます。

でもそんな中、恵美と鈴乃が眼光を鋭く光らせています。彼女たちはまだ真奥のことを警戒しているのでしょうか!?