日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

京介と黒猫は、ラブラブな日々を過ごしていました。その果てに待っていたのは・・・。

いろいろありましたが、京介と黒猫は彼氏彼女の関係になりました。その手始めとして、黒猫のノートに書かれたイベントを1つ1つクリアしていくことになりました。最初のイベントは、デートです。気合いを入れて京介とのデートに挑んだ黒猫は、天使のような羽根をつけたふりふりのドレスでやって来ました。現実に彼女があんな格好で登場したら、その場で別れてしまう男性も多いような気がしますが^^;、黒猫に付き合ってデートに出かけられる京介は凄いかも。

そして次のイベントは、黒猫の家に京介がお邪魔することです。京介が行ってみると、なんと黒猫の家は両親も姉妹も外出中で2人きりでした。これはやっぱりそういうことなのかと京介が動揺していると、黒猫はお風呂にはいったりしています。京介が核心を深めたところに、黒猫の妹たちが帰宅しました。これまでも何度か登場していましたが、上の妹が日向ちゃん(声は黒猫と同じく花澤さんなんですね。驚きました)と、下の妹の珠希ちゃんです。珠希ちゃんの方はまだあどけない感じですが、日向ちゃんの方はいろいろと知っているようで黒猫と京介が何をしようとしていたのか、あれこれ勘ぐっています。でも、あまりに勘ぐりすぎて、黒猫の教育的指導が入ってしまいました。(^^;

この次のイベントは、今度は黒猫が京介の家にやって来ることでした。これまでも何度か遊びに来たことはあったと思いますが、2人きりで京介の部屋にいるのは初めてでしょうね。隣の部屋から聞こえる声に、桐乃は思わずHなことを連想してしまいますが、2人は単にゲームをやって来ただけだったというオチでした。
そんな桐乃に、黒猫は友達として普通に接して欲しいようですが、いくら友達とはいえお兄さんの彼女となると、今までのようには付き合えないみたいです。

そしてさらにイベントは続きます。夏の定番ですが、浴衣を着た黒猫と共に京介は花火を観に行きました。最初は手をつなぐことさえぎこちなかった2人ですが、今では自然に手を伸ばし合えます。いい感じで2学期を迎えることになりそうだと思ったら、なんと黒猫のノートに書かれていた次のイベントは京介と別れることでした!!!
どうして、なぜ、ここまで恋人としていい感じでやってきたのに、2人が別れなければならないのでしょうか!?