日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

真奥たちが、ちーちゃんの通う学校の怪談話を調べるお話でした。

真奥に退治されたルシフェルは、結局真奥の部屋に居候することになりました。真奥は、ルシフェルにパソコンを買い与えて、魔力を回復させる方法などについて調べさせることにしたのでした。そんな時、ルシフェルがとある場所にゲートが開いた痕跡があると言い出しました。なんとそこは、ちーちゃんの通う学校でした。そこはあかずの教室と呼ばれている場所でした。

真奥たちは、噂の真相を確かめるために深夜に学校に忍び込むのでした。今回は案内役として、ちーちゃんが同行しています。怪談にびびる悪魔というのもどうかと思いますが^^;、校内を歩いていると怪しげな音が聞こえてきました。何かと思えば、真奥たちの後をつけていた恵美でした。恵美は、真奥が何か悪巧みを企んでいるのではないかと後をつけていたのでした。

こうして4人のパーティーは、問題のあかずの教室へとやって来ました。あかずの教室のはずなのに、そこは何者かの手で開けられた痕跡がありました。おまけに、部屋の中はつい最近まで誰かが生活していた様子です。何かと思えば、そこはルシフェルがオルバと共に潜伏していたところだったのでした。そこにゲーム機を置き忘れたルシフェルは、真奥たちを使ってゲーム機を回収しようとしたのでした。(^^;

結局、すべては骨折り損のくたびれもうけでした。それで終わりかと思いきや、真奥の暮らすアパートに新たな住人がやって来たようです。その女性は、いきなり階段から落ちて真奥に助けられました。彼女の正体は何者なのでしょうか!?

そうそう。忘れていましたが、異世界の方では勇者は魔王と共に死亡したことにされているようです。しかし、オルバのことが原因で、自分たちの陰謀がばれそうな教会は何かを企んでいるようです。