日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

小倉百人一首 うぐいす(朗詠CD付)プリキュア版「ちはやふる」なお話でした。(^^;

六花の小さな頃からの夢は、お母さんのようなお医者さんになることです。それには、うんと勉強することが必要だと言われて、六花は夢を叶えるために今日までがんばってきたのでした。そんな六花が、試験で2位になってしまうという事態が発生しました。常に学年1位を目指してきた六花は、激しく落ち込むのでした。

六花が順位を落としてしまったのには、理由がありました。シャルルやダビィは、六花がぐれてしまったのではないかと疑います。それを心配したマナたちは、六花の居場所を突き止めて、原因を知ったのでした。なんと六花は、競技カルタにはまっていたのでした。

カルタにはまったとはいえ、勉強と両立させようと六花もがんばっていたようです。それでも寝不足になってしまったりと、ちょっと無理があったようです。そこで六花は、近々行われるクイーンとの手合わせ会を最後に、競技カルタから引退しようと思うのでした。そんな六花を、マナたちも応援するのでした。

そして、手合わせ会の日がやって来ました。袴姿で現れたクイーンは、やはり風格があります。EDを見て知ったのですが、クイーンの声は鈴木真仁さんでした。チャチャの時のようなはちゃはちゃした演技じゃなかったので、全然気がつきませんでした。

そんなクイーンも悩みを抱えていました。せっかくクイーンになったのに、それに見合うような男性が現れないからです。そんな心の隙間をイーラに狙われてしまいました。イーラは、クイーンの心からジコチューを生み出したのでした。マナたちは、プリキュアに変身してそれを迎え撃ちます。

普通に戦うのかと思いきや、まさかのカルタ勝負で笑ってしまいました。(^^; ちゃんと囲い手とか使ってくるんですね。圧倒的な力を持ったジコチューに、プリキュアは苦戦します。しかし、これまでの練習の成果を生かして、キュアダイヤモンドがジコチューから札を奪いました。それをきっかけに、ハートがラブハートアローを放って、ジコチューを浄化することに成功したのでした。

こうして無事に手合わせ会は終わりました。六花はそれなりに健闘したようですが、やはりクイーンにはかないませんでした。でも、そんな六花に、クイーンは自分が使っているカルタをプレゼントしてくれたのでした。アイちゃんがそれに触れると、そこからロイヤルクリスタルが現れました。これをマナたちが全て集めた時、何が起きるのでしょうか!?

これをきっかけにカルタをやめようと思っていた六花でしたが、そんな六花にお母さんは自分の好きな道を進んでいいと言ってくれました。六花のことですから、勉強もがんばるでしょうが、競技カルタでもクイーンを目指してがんばり続けることでしょうね。