日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


エデン近藤史恵さんの「エデン」を読み終えました。この作品は単独の作品としても楽しめますが、前作である「サクリファイス」を読んでからの方が、より楽しめる作品です。

前作でスペインのチームで走るチャンスを得た白石誓=チカは、今ではフランスのチームで走っています。チームのエースとなるのは、フィンランド人のミッコです。ミッコは今年こそツール・ド・フランスで勝つと勢い込んでいます。そんな中、チカに衝撃的な知らせが届きました。なんとチームのスポンサーが手を引くことになり、チカの所属するチームは今年で解散することになりそうなのです。

ここで日本に帰れば、もうヨーロッパで走ることはできないかもしれない。そんな不安を抱えながらも、チカはツールに挑みます。このツールで話題となっていたのは、フランスの若き新星ニコラでした。童顔で人なつっこいニコラと、チカはいつの間にか親しく話す間柄になっていたのでした。

その間にも、3週間にわたる過酷なレースは続きます。ニコラは新人賞を獲得しただけでなく、なんと序盤でマイヨ・ジョーヌを着ることになり、一気に他のチームから警戒される存在となりました。そんな中、チカもまた幸運から1日だけとはいえ山岳賞であるマイヨ・グランペールを着ることができたのでした。

何人かの日本人がツールを走っていますが、まだマイヨ・グランペールを獲得した選手はいないはずです。ヨーロッパから見たら東の果ての島国からやって来た人間が栄誉あるジャージを手に入れる。いつか実際にそんな日が訪れるのを見てみたいものだと思いました。

物語の中盤以降は、「サクリファイス」に続いてドーピングの影がさします。ニコラがドーピングしているという噂が流れますが、チカはそれを信じられません。そしてレースがアルプスでの決戦を迎えた時、思わぬ事件がチカたちに知らされるのでした。

前作はミステリー要素が大きかったですが、今作ではそれは薄まっています。しかし、その分自転車競技にかけるチカたちの思いが伝わってきて、優れた青春小説として楽しむことができました。
シンクとクーベルが、古の魔王を蘇らせてしまうお話でした。

戦興業の会議のために、シンクとミルヒ、レオ閣下とナナミはパスティヤージュへとやって来ていました。会議は順調に終わりましたが、シンクはクーベルに呼び出されました。何かと思えば、どこかシンクを連れて行きたいところがあるそうです。そうしてシンクとクーベルは、クーベルの祖先である英雄王の石碑へと向かったのでした。

そこは、かっての英雄王が魔王を封印して眠りについた場所でした。その石碑にクーベルがさわると、なにやら不思議な紋章が現れます。クーベルがシンクをここに連れてきたのは、シンクが石碑に触ればまた違った反応があるかもしれないと思ったからでした。ちなみに、ベッキーやナナミは先に試したことがあるようですが、何も起きませんでした。

そしてシンクは石碑に触りますが、何も起きません。それではと、今度はクーベルと一緒に石碑に触ると、突然石碑から声がして全裸の男が現れました。(^^;
彼こそは、かっての魔王ヴァレリーだったのでした。復活した魔王は、シンクとクーベルの気力を奪うと、パスティヤージュの城へと向かいました。

そこで魔王が何をするかと思えば、なんと女性の着替えやら、女湯ののぞきでした。(^^;
一時はこの魔王退治がこれからのメインのお話になるのかと思ったのに、意外とというか、かなり魔王は弱かった。シンクたちには殴られるし、遅れて目覚めた英雄王アデルにも叩きのめされていました。

反省した魔王は、再びアデルと一緒に眠りにつこうとしますが、長年放置されてきた石碑が故障して修理にしばらく時間がかかりそうです。ということで、アデルとヴァレリーは、しばらくパスティヤージュでやっかいになることになるみたいです。