日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › Archive - 2012年08月
2012-08-14 (Tue)

刀語 #10

刀語 #10

七花ととがめは、陸奥の百刑場へとやって来ました。この地には、誠刀・銓があるのです。冒頭から、いきなりとがめは穴を掘っています。それも何やら過去の苦しみを思い出しながらの、厳しい作業のようです。ついにとがめは気を失い、七花に抱きとめられたのでした。事の起こりは、2人がこの地へやって来たところまでさかのぼります。そこで2人は、誠刀・銓の所有者・彼我木輪廻と出会ったのでした。刀が欲しいというとがめに、輪...

… 続きを読む

2012-08-14 (Tue)

陪審評決/ジョン・グリシャム

陪審評決/ジョン・グリシャム

ジョン・グリシャムの「陪審評決」を読み終えました。この本は、例によって児玉清さんが面白いと書かれていたので読んでみました。文庫では2分冊で発売されているらしいですが、私が読んだのはハードカバーの方です。2段組で500ページ近い分量があったので、読み終わるまでに10日ほどかかってしまいました。(^^;物語は、ミシシッピ州のビロクシという街で1つの裁判が始まるところからスタートします。長年たばこを吸い続けて肺...

… 続きを読む

2012-08-14 (Tue)

TARI TARI #7

TARI TARI #7

それぞれの夢。そして忍び寄る影。これまで合唱部時々バドミントン部に名前を貸していただけだった和奏ですが、ついに正式なメンバーとして活動することになりました。強力な新戦力を加えて、来夏たちは気合いが入るのでした。そんな彼女たちの当面の目標は、文化祭です。通称・白祭と呼ばれているらしいですが、来夏たちの意地悪な解説のせいで、ウイーンは激しく誤解していますね。(^^; 女って怖いですね。(笑)そこへ声楽部の人...

… 続きを読む

2012-08-14 (Tue)

ココロコネクト #6

ココロコネクト #6

人格入れ替わりも止まり、太一たちは平和な学園生活を満喫していました。そんな時、あらたな事件が起きたのでした。前回の伊織の事件から3ヶ月。太一たちに起こっていた人格入れ替わりは止みました。太一たちは遅れていた文化研究会の活動を再会したのでした。そんな時、その事件は起きました。太一と一緒に部室にいた稲葉が、突然服を脱いで太一に迫ってきたのです。そこに青木と唯が来合わせてしまいました。2人の行動にショッ...

… 続きを読む