日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ついに和奏が歌いました!

お父さんの留守中、和奏は飼い猫のドラもいなくなり、心細さに押しつぶされてしまいました。熱を出した和奏のために、お父さんは仕事を切り上げて帰ってきてくれたのでした。それと同時に、いなくなっていたドラも帰ってきました。こうして和奏の日常が帰ってきたのでした。

その日、熱を出した和奏はお休みでしたが、学校では新学期が始まっていました。和奏のことが気になる来夏は、お土産を持って和奏のところを訪ねてきたのでした。落ち込んでいた和奏が自殺しようとしているんじゃないかと来夏が勘違いしたりもしましたが、ようやく来夏と和奏はきちんと話をすることができました。

お母さんとの約束を果たせなかった和奏と同じく、来夏にもお祖父さんとの果たせなかった約束がありました。しかし来夏は、あくまで前向きです。約束が果たせなかったからこそ、今でも来夏はお祖父さんのことを思い出してあげることができるのです。

そんな中、紗羽からメールが来ました。紗羽のお母さんが、渡したいものがあるそうです。何かと思えば、学生時代の和奏のお母さんたちの写真と、合唱部の練習を録音したテープでした。
翌日、それを和奏は、誰もいない部室で聴こうとしますが、田中やウイーンが朝練に来ていて果たせませんでした。でも、2人から発声法のことを聞かれた和奏は、聴いてくれる相手のことを思って歌うという一番大切なことを思い出したのでした。

和奏が帰宅すると、豪勢な食事が待っていました。今日はお父さんとお母さんの結婚記念日だったのでした。
食事をしながら、お父さんはなぜお母さんが病気だったことを話さなかったのか教えてくれました。それはお母さんから止められていたからでした。和奏と一緒に歌を作ろうとしていたお母さんは、別れの歌ではなく、それを歌った人が自分のことを思い出してくれるような歌が作りたかったのです。

それを聞いた和奏は、初めてお母さんの真意を知って泣き出しました。そして、ピアノや今までの思い出を処分してしまったことを激しく後悔するのでした。そんな和奏に、お父さんは書きかけの楽譜を手渡しました。それはお母さんが、和奏の歌として作り始めていたものでした。その歌を完成させること、それが和奏の目標になりそうですね。そして処分されたと思ったピアノは、ちゃんとお父さんが保管しておいてくれました。

翌日、合唱部の部室にやって来た和奏は、お母さんたちの演奏を聴きました。そして、それに合わせて一緒に歌い出していたのでした。そこに来夏たちもやって来ました。こうして、ようやく合唱部に和奏が本当の意味で加入してくれました。みんなの歌声が、とても素敵でした。

今回は、和奏の過去を描きつつ、お母さんが病気だったことを知らなかった苦しみから、ついに和奏が飛び立ちました。これから和奏が、どんな歌を聴かせてくれるのか、楽しみです!
前半のラブラブ展開から、後半の死に直面するという急展開が面白かったです!

アバンは、いきなり唯に青木が告白する場面から。男性恐怖症の唯にとって、今はまだ恋人として青木を受け入れることは難しそうです。でも、「今はまだ」ということで、将来的には希望が持てそうです。

本編では、伊織と稲葉の入れ替わり!?と思いきや、なんとそれは伊織のお芝居でした。以前、どんな風に伊織が変わっても、伊織が伊織であることを認識してみせると言った太一の言葉を、伊織が試したのでした。太一がそれに気づいた時は既に遅く、伊織は泣きながら部室から飛び出してしまいました。太一は必死でそれを追います。

そして太一は、伊織に追いつくことができました。そして太一は、伊織にわかってあげることができなかったことを謝るのでした。その上で、太一はあらためて伊織に告白しました。いろいろな顔を持つ自分に、伊織は自信が持てません。しかし、そんな伊織に太一は、それも伊織のいろいろな一面の1つにすぎないと説得したのでした。

こうして太一と伊織がラブラブになったところに、突然伊織の体を借りて"ふうせんかずら"が現れました。なんと"ふうせんかずら"は、いきなり伊織の体で川に飛び込んで自殺しようとするのでした。
伊織は救急病院に搬送されましたが、"ふうせんかずら"の介入はとまりません。なんと今度は、伊織が間もなく死ぬことを告げて、誰かと伊織の心を入れ替えることができるようにしたと告げたのでした。

それを聞いた太一は、自分が犠牲になろうとします。しかし、それが間違っていることを青木は指摘するのでした。そして自由に心が入れ替われることを利用して、太一たちは伊織と最後のお別れをします。そして太一は、体は稲葉のものでしたが、とうとう伊織とキスするのでした。

そして、ついに伊織は命を落とす・・・と思いきや、なんと伊織は一命を取り留めたのでした。いろいろと酷いことをする"ふうせんかずら"ですが、とりあえずみんなの命を奪うつもりはないみたいです。
こうして伊織は無事に退院して、再び文化研究会は元の状態に戻ったのでした。

毎回この作品を見て思っていることですが、心が入れ替わった時の声優さんの演技が凄いですね。声は入れ替わり前と同じなのに、ちょっとしたしゃべり方の違いで別キャラになっていることがわかります。最初、キャストに沢城みゆきさんの名前を見た時は、高校生役としては声が大人すぎるのではないかと思いましたが、これだけ演技力を要求される役柄では、やはり沢城さんの演技力が必要ですね。