日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ディセルマインとヴィラジュリオが会談のためにやって来ました。そこにアステリアは、ちょっとした作戦を仕掛けるのでした。

いよいよレ・ガリテとデ・メトリオの首脳会談がファロスで行われます。その会談の方法について、アステリアはちょっとした考えがあるようです。どうするのかと思えば、ディセルマインとヴィラジュリオが1人になったところで、2人をエレベータの中に閉じ込めてしまったのです。元は学友同士の2人に、心を開いて話させるためのアステリアの作戦です。

仕方なくディセルマインたちは、思い出話をまじえつつ、会談を開始しました。ディセルマインは、あくまでもウォクスの力を使ってデ・メトリオの恒星を破壊するつもりのようです。もちろんヴィラジュリオは、それを受け入れるはずがありません。会談が平行線になりかけた時、レ・ガリテの艦隊から謎の飛行物体がファロスに向かいました。

何かと思えば、ディセルマインが隠していたユリカノがオービットマシンに乗って鴨川へとやって来てしまったのです。死んだはずのユリカノが生きていたことで、ヴィラジュリオは衝撃を受けました。しかも、妹は今ではディセルマインにすっかり飼い慣らされて、ヴィラジュリオの言うことなど聞きそうにありません。

この騒動で会談は一時中止となり、双方はそれぞれの艦隊に引き上げることになりました。しかし、まどかはそんなやり方は納得できません。ユリカノの前に現れて、どうしてウォクス・アウラのコクピットに現れたのかユリカノを問い詰めます。しかしユリカノは、そんな覚えは全くありません。まどかのコックピットに現れたユリカノと、今目の前にいるユリカノ。2人は別人なのでしょうか!?

結局、まどかが問い詰めても何も明らかになりませんでした。しかし、ユリカノのことが気になってならないまどかは、ムギナミと共に変装してレ・ガリテの艦隊へと向かったのでした。バレバレの変装のまどかたちでしたが、とりあえずモイドはそれを黙認してくれました。レ・ガリテの艦隊で、まどかたちは何かをつかむことができるのでしょうか!?