日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ファムたちの戦いも、いよいよ最終回です。

アウグスタ・サーラを救うため、ファムたちはグランエグザイル内部へと突入しました。みんなに助けられて、ついにファムとジゼルはルスキニアのところまでたどり着いたのでした。ルスキニアに、こんなやり方ではサーラが悲しむだけだと訴えるファム。しかし、ルスキニアはこのやり方しか思いつかなかったようです。

その間にも、グランエグザイル内外では激しい戦いが続いていました。ミリア、オーラン、ソルーシュ、そしてルスキニア側ではサドリが激しく争います。そして再びグランエグザイルの主砲が放たれようとしていました。それを阻止するために、ミリアたちは全力を尽くすのでした。

意外にもあっさりとルスキニアはファムにサーラを返しました。こういうやり方をしたけれど、ルスキニアはルスキニアなりのやり方でサーラのことを考えていたのでした。その時、グランエグザイルの崩壊が始まりました。
グランエグザイルは、かって製作途中で破棄された機体だったのでした。未完成の機体で戦い続けたために、機体がそれに耐えられなくなったようです。

崩れ落ちるグランエグザイルから、ファムたちは逃げだそうとします。ギリギリになってファムは、ルスキニアさえ助けようとしましたが、彼はその手を拒みました。こうしてグランエグザイルと共に、ルスキニアとサドリは命を落としたのでした。

こうして世界には再び静寂が戻ってきました。そしてファムは、サドリの副官からペンダントを受け取りました。そこには、ファムそっくりの女性が写っていました。どうやら、ファムはサドリの孫だったようです。せっかく家族のことがわかったのに、ファムがサドリと話をすることはできませんでした。(;_;)

そして時は流れて、再びグランレースが開催されました。もちろん、そこにはファムたちの姿があります。以前のグランレースは悲劇の始まりとなってしまいましたが、今度のグランレースは希望の始まりになりそうです。この世界はいろいろと問題を抱えているので、一気にみんなが幸せになることは難しいでしょうが、みんなが協力して努力すれば、いつか本当に平和な世界が訪れるかもしれませんね。

ということで、この作品もいよいよ終了しました。前半はファムに活躍の場面がけっこうありましたが、後半物語が大きくなってからは、どこかファムが置き去りになってしまったのが残念でした。物語の展開も、後半はかなり詰め込んだ感じでしたしね。
でも、空をかけまわるファムたちを見ているのが楽しい作品でした。そして、ミリアやサーラなど王族たちの平和への願いもよかったです。細かい点ではいろいろと不満もありましたが、全体としてみたら楽しい作品でした。
中高年のためのらくらく安心運転術運転に関する読書を続けています。

気持ちはいまだに若いつもりですが^^;、やはり人は年を取っていくものです。そこで、年齢が上がってきた時に、運転の際にどんなところに気をつければいいのか知りたくてこの本を手に取りました。
公共交通機関の発達した都会と違い、田舎では年を取っても車を運転できないと生活の範囲が本当に狭くなってしまいます。この本は、そういった点に理解を示しているところに共感できました。

その上で、年を取って衰えてきた視力や運動神経をどうおぎなうのかがわかりやすく説明されていて参考になりました。また、それと平行して著者の車に対する思いが語られていたのも、読み物として楽しかったです。特に、年を取ったから無難な車に乗るのではなく、オープンカーに乗ってみたりと、あえて若々しい行動をしてみるのも素敵なことだと思いました。

この本の中で意外だったのは、車に詳しい著者のような人でも、カーナビは苦手なんだなあということです。車に搭載されている製品ですが、カーナビはどこかコンピュータに近いものがあるからかもしれませんね。私などは、逆にカーナビの操作はそれほどまごつきませんが、運転ではまごついてしまいます。カーナビの操作と車の運転では、脳の使う部分が違うのかもしれませんね。