日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ついに茉莉香たちは、黄金の幽霊船へとたどり着くのでした。

宇宙嵐の吹き荒れる空間には、数多くのセレニティ護衛艦隊がいました。そんな中で茉莉香は、艦隊を出し抜くことを考えるのでした。セレニティ艦隊は、次の幽霊船の出現位置をほぼ正確に予測しているようです。茉莉香たちの弁天丸は、ワープして護衛艦隊のまっただ中に現れる幽霊船を目指します。それは同時に、敵に取り囲まれることも意味する危険なミッションでした。

数多くの衝撃波に耐えた弁天丸は、ついに幽霊船を発見しました。その時、護衛艦隊から弁天丸に通信が入りました。グリューエルが応じると、そこに現れたのはグリューエルの妹グリュンヒルデだったのでした。グリュンヒルデの声、どこかで聞いたことがあると思ったら、イカちゃんの中の人でした。最近はプリキュアでも活躍していますし、大忙しですね。

グリュンヒルデはグリューエルに手を引くように要求しました。しかし、グリューエルはそれには応じません。
王家内部でどんな対立があったのかわかりませんが、どうして姉妹が対立するようなことになってしまったのでしょうか。

その時、幽霊船から全方位にセンサーが放たれました。王家の人間が近くにいることを認識したからでしょうか、死んでいるのかと思った幽霊船は、金色に輝きだして機能を復活させたのでした。その幽霊船に弁天丸は、グリュンヒルデたちよりも先に滑り込みました。かなり荒っぽいケインの操船でしたが、弁天丸はたいしたダメージも受けずに幽霊船内にたどり着いたのでした。

すると幽霊船は、再び空間転移の兆しを見せました。幽霊船はどこへ行こうとしているのでしょうか!? そして、グリューエルとグリュンヒルデとの対立はさけられないのでしょうか!?

今回は、宇宙荒らしの突破から幽霊船への接舷とアクションシーンも多くて見応えがありました。まだ何も謎は解明されていませんが、全てが明かされる時が楽しみです!
突然現れたイチカのお姉さんは、イチカを故郷へと連れ帰りに来たのでした。

救助ポッドを壊したことで、イチカが危険な状況にあるのではないかと心配したお姉さんは、イチカを探して地球までやって来ました。お姉さんはイチカを元の星に連れ戻しに来たのです。現在の地球は、銀河連盟の定めたレベルではFランクに位置する星で、本当は現住生命との接触は禁止されていたのでした。それだけでも大問題なのに、イチカと海人は今やラブラブです。お互いに離ればなれになりたくない2人はどうるのでしょうか!?

お姉さんは、今の状況を収束させるにはイチカが帰るしかないと言います。しかし、今のイチカに海人と離れて暮らすことなど考えられません。それならと、海人は自分がイチカの星へ行くことを申し出ます。しかし、今の地球の文明レベルでは、海人をイチカの星に連れて行くわけにはいかなかったのでした。

どうしても海人と別れたくないイチカは、とうとうお姉さんの前から逃げ出してしまいました。そこで出会ったのは、映画の撮影にやってこない海人たちを心配した柑菜でした。イチカから帰らなければならなくなったと聞かされた柑菜は怒ります。イチカの海人に対する気持ちは、それだけのものだったのかと・・・。

そんな時、檸檬先輩がイチカのお姉さんに接触していました。そして檸檬先輩は、イチカと海人が一緒にいられるかもしれない、わずかな可能性を見つけてくれたのでした。イチカがこの星にやってくることになった記憶、それはイチカだけでなくお姉さんのDNAにも記録されていたものでした。イチカたちの先祖が、何らかの意思を持ってその記憶を子孫に残したらしいです。

そのことから檸檬先輩は、かってイチカの星の住人が地球を訪れたことがあり、地球人と接触したことがあるかもしれない可能性に気がつきました。もしそれが事実なら、地球はFランクの星ではなくなり、連盟の定めた規則も変わってきます。海人たちは、そのわずかな可能性に賭けて、かってイチカの先祖がやって来た場所を必死で探すのでした。

その間にも、救助活動は進行しています。海人たちがようやく目的の場所を見つけた時、救助ポッドが再びやって来てしまったのです。その力でりのんのテレポート能力も封じられて、イチカたちは簡単に目的地に行くことができなくなってしまいました。
その危機を救ったのは、またしても檸檬先輩でした。どこから調達してきたのか、車を用意して海人たちを乗り込ませると、目的地へと向けて疾走したのでした。

それでも、救助ポッドは容赦なく襲ってきます。その追跡をかわすために、哲朗や美桜、柑菜はイチカのパーソナルデータを発信する機器を持ってポッドの注意を引きつけます。みんなの協力を得て、ようやく海人たちは目的地まであと少しに迫りました。しかし、その時目に見えないフィールドにぶつかって、車は横転してしまいました。
海人とイチカは、無事に目的地に到達することができるのでしょうか!?

今回は一気に物語が動きましたね。柑菜の健気さにほろりとさせられたり、哲朗と美桜の関係がさりげなく進展していたり、最後はカーアクションまで見られて、とても盛りだくさんな内容でした。(^^)