日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


千早はいよいよ東日本予選に挑みます!

定期テストも終わり、ようやく千早たちは東日本予選に向けて動き始めました。今回千早は、試験期間中はカルタを封印して試験に挑んだだけあって、赤点を出すこともなくそれなりの成績を修めることができたのでした。
そして、ついに東日本予選が始まりました。これを勝ち抜けば、再びクイーンと対戦することも夢ではありません。

戦いを前に、千早はいい雰囲気で大会に臨みました。ところが、北央の須藤が千早を挑発してきました。その挑発に乗ってしまった千早は、早く負けた方が髪を切るという約束をしてしまうのでした。そんな須藤の対戦相手は、肉まん君でした。千早の髪を守るためにがんばった肉まん君でしたが、あっさり須藤に敗退してしまったのでした。

一方、千早の相手は天才小学生と噂される・立川梨理華です。梨理華は詩暢と同じく小学生でA級に昇格したこともあって、将来のクイーン候補と期待されています。そんな梨理華は、千早と同じで耳がいい選手でした。迷いのない梨理華は、耳の良さを生かして次々と札を取ります。それに対して千早は、一歩引いたところから速さではなく、読手の呼吸を呼んで札を取ったり、相手のミスで札を送ったりして互角の勝負をします。

対戦相手の梨理華は、自分の方が札を取るのが早いのに、どうして千早を突き放せないのか不満そうです。そんな梨理華の姿は、まさに今までの千早のカルタでした。そして原田先生がGoが出て、後半の千早は耳の良さを生かした素早いカルタで梨理華を圧倒しました。こうして初戦を、千早は勝利したのでした。

特に期待されてない千早に負けたことで、周囲の梨理華に対する評価は厳しいものになりました。そんな外野の声を、千早が打ち消してあげるところがよかったです。相手が小学生ということもあったのでしょうが、対戦が終わってからも相手のことを思いやる余裕があるのはいいですね。

その頃、新も西日本予選に参加していました。しかし、新と同じ南雲会の実力者・村尾さんは、あっさりと負けてしまいました。これまでは名人に挑戦するところまでいったくらいの実力者なのですが、名人・周防に敗れたことで戦意を喪失してしまったようです。

そんな新の元に、太一からのメールが届きました。千早たちもがんばっていることを知った新は、気合いを入れ直して勝負に挑むのでした。千早たちと新は、全国大会に出場することができるのでしょうか!?