日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


今回は、タクトとスガタが拳と拳で語り合う、熱血青春アニメでしたね。(^^;

これまでヘッドのところで物語を語っていたサカナちゃんでしたが、鳥かごから解放されて自由になってしまいました。ヘッドはサカナちゃんのことを好きだったようですし、サカナちゃんも自らの意志であそこにいたようです。それなのに、別れた2人はこの先どうなってしまうのでしょうか!?

その頃、学園ではタクト、ワコ、スガタがそれぞれにギクシャクしていました。ワコが誕生日のプレゼントを持っていたことを知りつつ、それを受け取らなかったスガタを見たタクトは、直接スガタと語り合うためにスガタの元へと向かったのでした。

その頃、商店街へと向かったワコは、バスの中でサカナちゃんと出会いました。サカナちゃんは、島から出て行くそうですが、いったいどこへ行こうというのでしょうか!?
そして、スガタにキスをしたベニオは、タウバーンとの戦いで何か作戦がありそうです。

前回、自分にたてつくと死ぬことになるとタクトを脅したスガタでしたが、そんなスガタにタクトは再び拳を振り上げました。誰に対しても、そして自分に対してさえも壁を作っているスガタが、タクトはもどかしかったようです。
2人の対決が始まろうとした時、突然ゼロ時間があたりを支配しました。

スカーレットキスが、自らのサイバディに乗って現れたのです。スカーレットキスは、スガタを捕らえると、その王の力を自らのサイバディに取り込みました。こうしてパワーアップしたサイバディで、タウバーンを倒すつもりだったようです。

ところが、スガタはスカーレットキスに支配されていませんでした。自らその支配を破り、逆にスカーレットキスのサイバディを操ります。そうして、タクトのタウバーンとスガタが操るサイバディの戦いが始まりました。
対立していた2人でしたが、拳と拳を交えたことで、お互いに伝わる気持ちがあったようです。結局、タウバーンの攻撃でスカーレットキスのサイバディは消滅して、ゼロ時間も終了したのでした。

結局、スカーレットキスがちょっかいを出したことで、タクトとスガタの友情が深まったということでいいのかな!?
プリキュアとサソリーナの最後の戦いが描かれました!

アバンから、プリキュアとサソリーナが戦っています。サソリーナはあっさりと敗れましたが、その体はじょじょにプリキュアの聖なる光に浄化されていたのでした。クモジャキーやコブラージャは、そんなサソリーナをもう戦えないと見ています。しかし、サソリーナは意地になって、プリキュアに最後の決戦を挑んできたのでした。

学園では、いつきが生徒会長の辞任を考えていました。これからますます砂漠の使徒との戦いが激しくなる中、生徒会長とプリキュアの両立は難しいと判断したようです。いつきが生徒会長になって以来、学園がよくなったことを知っているつぼみやえりかは、それを残念に思いますが、戦いの激しさを思えばとめることはできませんでした。

次の生徒会長候補としていつきが推しているのが、現在副会長の佐藤君でした。ところが、佐藤君は念願の生徒会長の地位が手に入ることに喜び、みんなに慕われる生徒会長という恥ずかしい妄想をしてしまったのでした。おまけに、それをいつきたちに知られて、さらに恥ずかしい思いをすることに・・・。(^^;
そんな佐藤君の心を、最期の決戦に挑むサソリーナが利用しました。サソリーナは、学校の校舎をデザトリアンにしたのでした。

クモジャキーとコブラージャからダークブレスレットを渡され、今回のサソリーナはこれまでの3倍の力を持ったデザトリアンを生み出しました。その力は、プリキュアのフォルテウェーブさえも跳ね返す力を持っていました。
それでも、プリキュアはあきらめません。サソリーナの心を浄化するために、ハートキャッチミラージュを使って、プリキュアスーパーシルエットへと変身したのでした。

そして、ハートキャッチオーケストラでサソリーナとデザトリアンを浄化したのでした。
今回の見所は、ここからでした。サソリーナを救おうとするコブラージャを、クモジャキーがとめました。もしサソリーナを助け出しても、もうサソリーナは戦えないとわかっていたからです。
そしてサソリーナは、最後の最後にクモジャキーとコブラージャに感謝の涙を流して昇天しました。(;_;)

これではあまりにサソリーナが可哀想すぎると思ったら、思いがけない展開が待っていました。なんとサソリーナの心は、山奥の診療所へと戻りました。サソリーナは、そこで寝たきりの病人だったのを、砂漠の使徒に利用されていただけだったようです。
本来の体にもどって、これからのサソリーナは平和に穏やかに生きてゆくことができそうですね。(^^)

浄化されたサソリーナを見たつぼみとえりかは、砂漠の使徒にも心があることを確信しました。この先、クモジャキーやコブラージャの心を、どんな風にプリキュアが救うのか楽しみになりました。

今回は、サソリーナの最期ということで、プリキュアよりも砂漠の使徒の描写に力が入っていましたね。これまで対立することが多かった3幹部ですが、最終決戦に向かうサソリーナにクモジャキーとコブラージャがダークブレスレットを差し出したりと、思わぬ友情も見せてくれました。
サソリーナの最期にはちょっと泣かされましたが、その後できっちりフォローもしてあったので、とてもよかったです。