日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › Archive - 2010年08月
2010-08-22 (Sun)

ザ・プライベート・オペレーター/小峯 隆生

ザ・プライベート・オペレーター/小峯 隆生

現代の傭兵、プライベート・オペレーターについての本です。この本は対談形式で、過去の傭兵がどんなものであったのか、アフガニスタンなどでの傭兵の実情、そして最近のイラクなどで行われている民間軍事会社のプライベート・オペレーターの状況について語られています。それぞれの対談に登場する人物の話は、世界各地での実績もあり興味深いものでした。それに対して、インタビュアーである小峯さんのかっこいいから傭兵に憧れち...

… 続きを読む

2010-08-22 (Sun)

GIANT KILLING #21

GIANT KILLING #21

強敵ガンナーズとの戦いを前に、常に攻め込まれるETU。なんとか守り通してきましたが、守備の一瞬の隙を突かれて得点を許してしまったのでした。ここから体勢を立て直したいETUですが、ガンナーズの猛攻は止まりません。そのすべての起点となっているのは、ガンナーズの若手・久保田でした。ぬぼ~っとして、体格的にも恵まれているとは言い難い久保田ですが、抜群の視野の広さと洞察力を持っていました。ETUが必死の守備でガンナ...

… 続きを読む

* by ごつう
どうもです。

わたしが#21で印象に残ったのは、ジーノのセリフ。
「圧倒的に攻められて失点なんてさ、去年幾度もなくあったじゃないか。今さら気に病むほどのことじゃないよ。さあ攻めよ。」ってやつ。

失点直後のDFには心に突き刺さる言葉かもしれないけど、何気でポジティブでこのセリフ、好きなんですよね。


さて、何とか2失点で抑えられたETUですが、ホームゲームですし、このままでは終われない。
来週以降が楽しみです。

* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。

ジーノのセリフ、言い方は悪いですが、状況を前向きに考えているのはいいことですよね。そんなジーノは、あまり調子がよくないみたいですが、次回以降は活躍してくれるのか気になります。
今回は、そろそろETUの反撃が見られるかと思ったのですが、まさかの2点目を許してしまって驚きでした。

ダルファー監督が得意げなのが鼻についてきたので^^;、そろそろETUには反撃してダルファーをぎゃふんと言わせて欲しいです。

Comment-close▲

2010-08-22 (Sun)

ハートキャッチプリキュア! #28

ハートキャッチプリキュア! #28

夏休みの宿題が気がかりで、心の花が弱った子供たちを利用して、コブラージャが大量のデザトリアンを生み出して攻撃してくるお話でした。夏休みまっさりです。子供たちは、宿題を忘れて、遊びに夢中になっています。そしてお母さんから怒られる。全国どこでも見られる、よくある光景です。しかし、コブラージャはその瞬間を狙っていたのでした。夏休みの宿題が気がかりで心の花を弱らせた子供たちから、大量のデザトリアンを作り出...

… 続きを読む