日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


リコたちは、学校の課外授業で海へやって来ていました。その頃、牙組の面々も二ツ木に言われた秘密の作戦を実行するためにやって来ていました。

なにはさておき、いろいろと規制の厳しいプリキュアとは違い、キルミンずぅではちゃんと水着回があってうれしかったです!(^^)
リコとリムの水着姿、可愛かったですね。リムはついでに、眼鏡を外して美少女な素顔をさらしてくれて、そういう意味でも貴重なお話でした。欲を言えば、ナギサ姉の水着姿が見られなかったのがちょっと残念でした。

リコたちは課外授業で海へやって来ていました。リコは泳ぎは苦手のようですが、リムはタマオ曰く、人魚のような泳ぎぶりでした。そんな中、コウモリなカノンは暑さでダウン。ナギサ姉がバイトしている海の家で休んでいたのでした。ぐったりして横になっているカノンも、ちょっと可愛かったかも。(^^;

そんな時、海辺の近くでは二ツ木から言われて、牙組が大きな風船を膨らませていました。これで何をするのかと思いきや、なんとその風船の中には人間のアニマリアン因子を活性化させるガスが仕込まれていたのでした。
海辺で風船が爆発して、海水浴に来ていた人たちはみんなそのガスを吸ってしまいました。そして、一部の人間がアニマリアンへと変身してしまったのでした。・・・とはいえ、完全な変身ではなく、基本的には部分的な動物形態への変身でしたが・・・。

混乱する人々を落ち着かせていたリコたちでしたが、海辺に鯨が打ち上げられているのを見つけました。このままでは鯨が干上がってしまいます。リコたちは、海辺の人々に助けを求めて、なんとか鯨を助けようとするのでした。そんなリコたちの姿を見て、牙組もそれを手伝います。牙組の人たち、やっぱり基本的にいい人なんですね。

そんな鯨は、リコがキルバラ変身でイルカに変身して呼びかけたことで、ようやく海に戻ることができました。
でも、この鯨も本当の鯨ではなく、海の家でバイトしていた阿部さんが変身した姿だったのですが・・・。

今回のガスでは、アニマリアンに好意を持っている人しか変身しなかったようです。しかし、もっと強力なガスが使われたら、世界が大パニックになってしまいますね。
これまで裏の存在だった二ツ木ですが、じょじょに自分の計画を実行し始めましたね。二ツ木はいったい何を企んでいるのでしょうか!?

そうそう。今回の驚きは、ルミコ先生と樺谷がいつの間にか恋人になっていたことです。そんな2人をリコたちが盗み見ている場面が笑えました。いきなりルミコ先生が樺谷を殴って、修羅場かと思ったら、単に虫を捕っただけだったり・・・。(笑)

それから、カノンからの情報でミサが棺のことを知りました。二ツ木が持っていた棺は、やはりミサがパルスに探させていたもののようです。あの棺には、どんな秘密が隠されているのでしょうか!?

いろいろと新展開があって楽しくなってきたキルミンずぅですが、今回何よりうれしかったのは、リコたちに牙組が協力してくれたところでした。リコたちとカノンの距離が縮まっているように、きっと牙組ともリコたちは仲良くなれそうですね。