日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


カノンのお婿さん候補として、純血種のアニマリアン・ペンギン3兄弟がやって来るお話でした。

自分たちにもアニマリアンの血が流れていると知って驚くリコたち。それをケンやタマオに話しますが、2人は特に驚いた様子もありません。リコたちにアニマリアンの血が流れていたとしても、それで何かが変わるわけではないからです。

その頃、神浜市には純血種のアニマリアンが到着していました。南極からやって来た彼らは、ペンギンに変身することができるアニマリアンでした。すぐにカノンの家に向かわなければいけないのに、彼らは観光ガイドを参考に寄り道してばかりです。でも、それがきっかけでリコたちはペンギン3兄弟と知り合うことができたのでした。

その頃、ナギサは久しぶりにパルスと顔を合わせていました。パルスのことを少しでも理解したいと思うナギサでしたが、パルスは心を閉ざしてしまっているようです。それでもパルスのことが気になってならないナギサが、恋する乙女していてとってもよかったです。

ようやくカノンの家へやって来たペンギン3兄弟は、早速カノンとご対面です。そして、なぜかクイズでカノンにふさわしいお婿さん候補を選ぶことになりました。しかし、ペンギン3兄弟は全くやる気がなく、アニマリアン革命のことについても何も知りません。
結局、カノンは3人を相手にするつもりがないようですし、ミサも怒り出してしまいました。・・・なんのために、わざわざ3人を呼び出したんだか。(^^;

ハルカの話によれば、この世界の人間は多かれ少なかれ、アニマリアンの血を引いているようです。リコたちだけでなく、ケンやタマオもいつかは動物と話をすることができるようになるみたいです。人間と動物が意志を通じ合える、そんな世界がきたら素敵でしょうね。(^^)

最後は、二ツ木です。リコたちのお父さんのせんべいをむしゃむしゃ食べていましたが、過去に何か2人の間で関わりがあったのでしょうか!? ハルカママを巡って争ったりしたのかな!?