日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


いちごたちが、三つ星パティスリーで実習することになるお話でした。

アバンは、これまでの夢パティとはちょっと違った雰囲気。・・・一瞬、別の番組を録画してしまったのかと思いました。(^^;

今回のいちごたちは、三つ星パティスリーで実習です。いちごは樫野とペアになり、安堂と花房がペアになって実習先に向かいます。ところが、いちごと樫野がやって来たお店は、何となく寂れた感じです。それに対して、安堂と花房がやって来た高級ホテルは、何からなにまでゴージャスです。(^^;

お店はブランさん1人で切り盛りしているため、最初いちごは接客を担当することになりました。しかし、フランス語が苦手ないちごは、あたふたしてしまって役に立てません。結局ブランさんに言われて、倉庫の整理に回されてしまいました。厨房の様子が見られなくて樫野は不機嫌ですが、いちごは倉庫に保存されているたくさんのフルーツを見て楽しそうです。

そんな時、いちごは裏庭にオレンジの木があるのを見つけました。そこには素晴らしいオレンジがなっていましたが、ブランさんはオレンジを見つめて悲しそうな顔をしているのでした。

ようやく厨房に入ることを許された2人は、味の秘密を盗もうと必死です。そんな2人に、少しずつブランさんも心を開いてくれたようです。最後には、夕食後に自分の作ったスイーツをいちごたちに食べさせてくれたのでした。

実習でお世話になったお礼に、いちごと樫野はスイーツを作ってブランさんに食べてもらうことにしました。その時、いちごが思いついたのが、裏庭のオレンジを使ったスイーツでした。それを食べたブランさんは、亡くなった妻のことを思い出して涙ぐむのでした。偶然にも、いちごと樫野が作ったスイーツは、ブランさんの妻のミシェルさんが作ったスイーツと同じ味だったのでした。

ブランさんのお店では、ミシェルさんが亡くなって以来、オレンジを使ったスイーツは並べられていませんでした。しかし、いちごたちのスイーツを食べたブランさんは、妻との思い出を守るため、オレンジを使ったスイーツを復活させたのでした。(^^)

今回は、いちごと樫野が2人きりということで、2人の関係が急接近かと思いきや、ドキドキしていたのは樫野だけで、いちごは恋よりも食い気といった感じでしたね。同じベッドで寝ることになっても、いちごは平気で爆睡していますし、いちごが恋に目覚めるのはいつになることやら。(^^;