日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ヒューズの招きで、南の島へとやって来たジョーイたち。しかし、突然現れた謎の触手に襲われたのでした!

この島は、表向きは政府高官のリゾート施設でしたが、その裏ではバイオテクノロジーを駆使した生物兵器の実験が行われていたのでした。ジョーイたちの前に現れた触手は、その実験で作られた兵器だったのでした。

そして再びジョーイたちは触手に襲われました。ジョーイはヒーローマンを呼びますが、なぜかヒーローマンはやって来ません。この時の「あれっ!?」となったジョーイがちょっと可愛かったです。(^^;
自らのシールド能力と素早さで危機を切り抜けたジョーイは、島の高台へと上ってヒーローマンを探すのでした。

ヒーローマンは触手に捕まっていました。強力なゴムのような触手は、ヒーローマンの力を持ってしても引きちぎることができません。そこでジョーイは電撃を使いますが、それは触手にエネルギーとして吸い取られてしまいます。そこでジョーイは、ヒーローマンを人形の姿に戻して救い出したのでした。

触手のエネルギー源が、研究所の発電施設にあることを知ったジョーイは、触手の本体がいる研究所へと向かいました。そこでエネルギーを吸収している触手のクリスタルを破壊することができれば、触手の活動を止めることができます。

ジョーイは、案内役として研究員のラヴィを連れて、研究所へと踏み込むのでした。そこでジョーイたちを待っていたのは、なんとヒーローマンそっくりの触手でした。触手は優れた学習能力で、ヒーローマンの能力をコピーしたのでした。
窮地に陥ったジョーイとヒーローマンでしたが、再びヒーローマンを人形に戻したジョーイは、クリスタル向けてヒーローマンを投げつけました。そのヒーローマンの攻撃で、ようやく凶暴な触手は活動を停止したのでした。

今回も、リナとコリンズ先生の水着サービスつきでした。・・・しかし、それ以上に気になるのが、ジョーイとヒーローマンの絆の深さです。この2人、下手な恋人同士より、ずっと深い絆で結ばれている気がするのですが。(^^;
前回へたれぶりを見せたことで、文明はすっかりマヤから軽蔑されてしまいました。今回は、オカルトに憧れているこずえをメインにしたお話でした。

死霊になってしまったり、神隠しにあったり、いろいろとさんざんな目に遭っているのに、こずえは相変わらずオカルト好きです。今日も朝からオーパーツを見つけたと、大はしゃぎでマヤに知らせに来ました。しかし、残念ながらそれはこずえの勘違いでした。

その後もこずえはいろいろ努力しますが、どれもあっさりとマヤに偽物だと見抜かれてしまいました。こずえは、この学園で唯一、オカルト体験がないのだそうです。自分の記憶にある形でオカルト体験しようと、こずえは必死になっているのでした。

そんな時、学校で臨死体験が行われることになりました。(^^; 実験とはいえ、生徒を仮死にするわけで、外部にばれたら大問題になりそうな・・・。(笑)
その実験に立候補したこずえは、死後の世界を垣間見ることができました。ところが、蘇生して帰ってきたこずえは、今までと性格が違っていました。どうやら、こずえではなく別の人間が、こずえの体によみがえってしまったようです。いったい誰がこずえの体を借りてよみがえったのでしょうか!? そして、こずえは元の体に戻ることができるのでしょうか!?

メインのお話も面白かったですが、その背後で展開した文明と美風、川島先生の恋のトライアングルも楽しかったです。川島先生、せっかく手作りのお弁当を持ってきたのに、文明には食べてもらえませんでしたね。一方、美風のためには、強引にマヤと交渉して学園でワゴン販売をする許可をもらったりしています。
美風は、ちょっと天然っぽい感じですが、その行動には何か裏があるような気もします。