日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


王獣の幼獣リランの世話を任されることになったエリン。しかし、下級生のエリンが突然リランの世話を任されたことで、トムラ先輩は面白くないようです。

エリンが幼獣リランの世話を任されたことは、あっという間に学舎に知れ渡りました。ユーヤンは、エリンが飛び級で最上級生になってしまったのかと心配しますが、エリンは1ヶ月だけリランの世話を任されただけだと説明するのでした。

しかし、急にエリンが世話を任されたことで、トムラ先輩は面白くありません。トムラだって最上級生の仲で優秀だからこそ、リランの世話を任されたのでしょう。それが上手く行かないからといって、いきなり下級生のエリンが割り込んできたら嫌味の1つも言いたくなるものです。(^^;

みんなから慕われている先輩なのでしょうが、ついトムラはエリンがエサル先生に取り入ってリランの世話を任されたのかと問い詰めてしまいました。そんなトムラ先輩の批判に、エリンは無言で答えたのでした。

リランの世話を任されて以来、エリンはより王獣一直線になりました。食事もろくにせず、夜もリランの側に寄り添って、徹底的にリランの様子を観察したのでした。そんなエリンの姿に、トムラも心を動かされたようです。なぜ、そこまでリランのために一生懸命になるのかと尋ねるトムラに、エリンは自分も幼い頃に無理矢理お母さんと引き離されたからだと答えるのでした。(/_;)

そして、観察を続けたエリンはリランが光を怖がっている事に気がつきました。幼い王獣は、小さな頃は親にしっかりと守られて、上から光があたることはありません。それに気づいたエリンは、トムラ先輩に頼んでエサル先生の許可を得て、王獣舎の壁の一部を壊す許可をもらったのでした。
足下から差し込んできた光に、リランは初めて鳴き声を立てました。しかし、そんなリランが何を訴えようとしているのかわからず、エリンは泣き崩れるのでした。

それからも、エリンはリランの側に寄り添い続けました。昔のことを思い出したエリンは、イアルからもらった竪琴のことを思い出しました。試しに竪琴の音をリランに聞かせてみましたが、リランは何の反応もしません。ところが、毛布にくるまったエリンが、偶然竪琴を落とした時にたてた音が、王獣が幼獣を呼ぶときと同じ音をたてたのです。
エリンの竪琴に応えて、リランも鳴き声を返します。まだエリンとリランの気持ちが完全に繋がったわけではありませんが、これがきっかけになって何か道が開けそうですね。(^^)

今回は、エリンがリランの世話をする、それだけの話なのに見応えがありました。特にリランの表情がしっかりと描かれていたのがよかったです。そして、1話だけであっさりとリランがエリンに懐いてしまわなかったのもよかったです。

野生の獣は、簡単に人に懐いたりしません。子供の頃に傷ついた鳥を拾って介抱したことがあるのですが、簡単には餌を食べてはくれませんでした。「アルプスの少女ハイジ」で描かれたように、簡単に野生の獣は人に懐てくれないものなんだと、子供心に衝撃を受けたことを思い出しました。

今回ちょっとよかったのは、トムラ先輩のことを心配している下級生でした。エリンにリランの世話を奪われたトムラの様子を見つめている場面が、なんとなく愛が感じられてよかったです。(^^;
バートはこのところ禁酒して、真面目に働いていました。しかし、そんな彼を誰も認めてくれません。昔の友人からバカにされたバートは、ついに禁酒の誓いを破ってしまうのでした。

このところバートは、真面目に鉄道の仕事しています。しかし、雇い主のフランクリンは、かなり意地悪な男でした。バートが真面目に働いているのに叱りつけ、積み荷の数が合わなかった時はバートのせいにして、それが誤解だとわかった後もバートに謝ろうとさえしないのです。
それでもバートは、家族を養うために、怒りをこらえて仕事を続け、仲間にお酒を勧められてもそれを断っていました。

そんな時、バートは昔の知り合いビリーとスザンヌと出会いました。今では落ちぶれてしまったバートですが、昔は街一番のハンサムでダンスの名人だったのでした。今では言い争いが絶えないバートとジョアンナですが、若い頃には幸せな時代もあったんですね。

そんなビリーから、バートはダンスパーティーへと招待されました。最初はパーティーに参加するつもりはなかったバートでしたが、いつもジョアンナに叱られながらも楽しそうに仕事をしているアンから、辛いときは何かになったつもりでがんばればいいと言われて、パーティーへと駆けつけました。

しかし、そこでバートを待っていたのは、落ちぶれた彼を嘲笑っているビリーとスザンヌだったのでした。自分の惨めさに腹を立てたバートは、とうとう誓いを破ってお酒を飲んでしまいました。その上、雇い主であるフランクリンを叩きのめしてしまいました。

それでもバートの怒りはおさまりません。みんなが寝静まっている家に帰ってくると、部屋中の家具をたたき壊し始めたのです。最近のアンの話し相手の食器棚のガラスも、怒ったバートにたたき割られてしまいました。
ようやくありついた仕事を失い、トーマス家はこれからどうなってしまうのでしょうか!?

今回は、珍しくバートがメインのお話でした。とうとう誓いを破ってしまいましたが、それまでバートは彼なりにがんばっていたと思います。どこかで人生を踏み外してしまったバートですが、そんなバートの悔しさや悲しさには共感できるものがありました。

今回、以前登場したアンのお母さんの友人だった婦人が登場していましたが、バートのところに現れた彼女の言いぐさにはちょっと腹が立ちました。彼女は口ではアンのお母さんの友人だったと言っていましたが、そんなに大切な友人の娘ならどうして最初からアンを引き取らなかったのでしょうか!?
自分の都合の悪い時はアンを見捨てて、自分の気が向いたら今度はアンを助けようとする態度は、あまりに自分勝手だと思いました。

そう考えると、いろいろと問題は多い家庭ですが、自分の所も子だくさんなのにアンを引き取ってくれたバートやジョアンナは、相当にいい人たちなんだなあと思えました。
今回はちょっと珍しく、メインは離婚寸前のとある夫婦でした。

ルチーアの夫は、販売員をしているようです。お客と親しく接する機会も多いせいか、女性との付き合いも絶えません。そんな2人が、仲直りのために食事に来たレストランは食事もワインも今ひとつだったようです。偶然そこに、ニコレッタたちも居合わせたのでした。

仲直りの食事が最悪だったせいか、ルチーアと夫の仲はそれ以後もうまく行きません。仲直りしたばかりだというのに、もう夫は別の女性に手を出しているようです。そんな生活に疲れたルチーアは離婚を考えますが、離婚するのもなかなかたいへんのようです。

そんな時、ルチーアはジジと出会いました。それをきっかけに、カゼッタ・デッロルソのメンバーが2人の仲を取り持ってくれることになったのでした。
そんな中、フリオの料理教室に参加したニコレッタは、そこでヴィートの奥さんマリーナと出会ったのでした。マリーナは、ニコレッタとそれ程年が違わない若さです。ヴィートは女性には如才ないですし、夫婦の年の差もあるし、そんな2人がどうして上手く行くのかニコレッタには不思議でなりません。

どうやらヴィートにとって、マリーナとの出会いは本当に運命的なものだったようです。彼女と出会わなければ、ヴィートは数多くの女性と付き合うことはあっても、特定の誰かと結婚しようとは思わなかったでしょう。そして、マリーナもまたヴィートと出会わなければ、結婚しなかったかもしれないようです。そんな2人だからこそ、お互いを特別な存在として大切にしあえるのかもしれませんね。(^^)

ルチーアの夫は、妻がジジと一緒に食事に行ったと知って動揺しました。そして、ルチーアと離婚しないためには、何が必要なのかを真剣に考え始めるのでした。そして夫婦が達した答えは、同じでした。夫が女遊びをやめること。答えはとてもシンプルだったのです。

答えを見つけた2人は、仲直りのためにカゼッタ・デッロルソへとやって来ました。最高の食事とワインに出会えて、ようやく2人の関係は修復できたようです。おいしい料理やお酒は、人を幸せにしてくれる最高の潤滑剤なのかもしれませんね。
バリアス砂漠の遺跡に赴いたアリシアたちは、そこで偶然帝国軍の司令官マクシミリアンとセルベリアと出会ったのでした。

今回は、見ていて何だかテンションが下がりました。(^^;
伝説のヴァルキュリア人だからという理由で、アリシアの撃った弾丸を剣ではじき飛ばしたセルベリアとか(五右衛門か!?と突っ込みを入れたくなりました^^;)、帝国軍の巨大戦車とか、砲撃を受けた遺跡で当然のように生き延びているアリシアたちとか・・・。
なんかあまりにも都合がいいというか、超人やら超兵器が登場しすぎというか。エーデルワイス号の存在だけでも違和感があったのに、さらに違和感が加速してしまった感じです。

多少ファンタジー色もありながら、戦術的な要素が楽しめる作品として期待していたのに、このまま期待とは違う作品になっちゃうのかなあ。