日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › Archive - 2009年05月
2009-05-16 (Sat)

リストランテ・パラディーゾ #4

リストランテ・パラディーゾ #4

カゼッタ・デッロルソの歴史が語られる、ちょっといい話でした。今でこそ人気のカゼッタ・デッロルソですが、そんなお店にもその始まりがありました。開店当時、厨房を手伝っていたマルティオがお店にやって来たことで、ニコレッタもその歴史の一部を知ることができたのでした。当時、オルガはかなりハードに仕事をこなしていました。しかし、無理がたたって、とうとう倒れてしまったのでした。そんな彼女を喜ばせるために、夫のロ...

… 続きを読む

2009-05-16 (Sat)

獣の奏者エリン #19

獣の奏者エリン #19

いよいよカザルムの王獣保護場でのエリンの生活が始まりました。大好きな王獣のことが学べるが、エリンはうれしくてなりません。しかし、これまでジョウンと暮らしてきたエリンは、同じ年頃の仲間と一緒に暮らす共同生活には慣れていなかったのです。食事の時間を忘れて王獣を見るのに夢中になってしまったり、授業中に自分が疑問に思ったことを聞き続けてしまったり、本を読むのに夢中になってみんなを心配させたり、エリンはいろ...

… 続きを読む

* by のらりんはうす
こんにちは。
今回はエリンにまさかの弱点、集団生活に不慣れとは…全く今まで気づきませんでした(汗)
集団生活に慣れるって大事なんだなあと改めて思いました。
ユーヤンが思いやりのあるとてもいい子でエリンは得がたい友人に恵まれましたね。
エリンはエリンと励ますシーンはうりゅっときちゃいました。
霧の民ということで、やっぱり肩身の狭い思いしてたんですね…

>王獣保護場の王獣は空を飛ぶことができない
…ここが今回の謎解きですね。
王獣をどのように位置づけているのか、トーダのように戦力と考えているのならすごくもったいない気がしてならないのですが。

…エリンとトムラ先輩、果たしてフラグは立つのか興味津々です(笑)
最初フラグが立つかと思ったイアルは大丈夫なんでしょうか…あれからスルー状態なので気になるところです。


* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

今回は、まさかのエリンの弱点が発覚しましたね。(^^;
今まで好奇心の赴くままに突き進んできたエリンですが、集団生活ではそれは許されないことを思い知ってましたね。

でも、そんなエリンを認めて、エリンがエリンのままでいいと言ってくれるユーヤンといういい友達がいて、本当によかったですね。

それから、保護場の王獣が飛べないというのは意外でしたね。闘蛇のように戦争に使うわけでもないとしたら、何のために真王は王獣を育てているんでしょうね!?

>エリンとトムラ先輩
そういえば、エリンもお年頃ですから、そろそろ恋話の1つくらいあるんでしょうかねえ。(^^; エリンが彼氏を紹介したら、ジョウンが大泣きしそうな気もしますが。(笑)

それから、イアルはケガをした後どうなってしまったんでしょうね!?
早くエリンとイアルが再会するところを見たいものです。

* by ミント
アケ村では、子供同士仲良く
していたし。
半分霧の民という事で仲間はずれや
イジメはなかったから。
実は、昨日のアニメ観てなくて・・・
テレビの予告では初めての集団生活
でいろいろ失敗するシーンがあったりしたから。
アケ村には学校ってなかったのですか?
ジョウンとの2人きりの生活。
勉強はジョウンから教わってきたけど
集団生活は始めてルールも知らなかった
わけですし。
ユーヤンのおかげで立ち直ったようですし
みんなともこれからはうまくやっていけるでしょうね。
14歳だし、集団生活のルールもわかったから
大丈夫でしょう。

* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。

そういえばアケ村では、サジュやチョクと仲良くやってましたよね。でも、あの頃はまだ小さかったから、学校生活みたいなのは経験がなかったのかもしれませんね。アケ村自体が、そんなに大きな村でもなかったですし・・・。

今回はなんといってもユーヤンの力が大きかったですよね。彼女がいなかったら、エリンは学校の中で孤立した存在になってしまったかもしれませんね。
学校にも溶け込めて、これからエリンがどんな風に成長してゆくのか楽しみですね。(^^)

Comment-close▲

2009-05-16 (Sat)

戦場のヴァルキュリア #6

戦場のヴァルキュリア #6

ラジオ局の女性記者が、ウェルキンの取材にやって来るお話でした。いつも今ひとつ感があるこの作品ですが、今回は今ふたつかみっつくらいのできでしたね。(^^;第7小隊のウェルキンが、ラジオGBSの従軍記者イレーヌ・エレットの取材を受けることになってしまいました。それを知ったアリシアは、あまりに軍人らしからぬウェルキンの本当の姿を知られたら、義勇軍の名誉に関わると、徹底的に取材の邪魔をすることにしたのでした。し...

… 続きを読む

* by 通りすがり
原作になったゲームでは、メインキャラ以外は、50人いる志願兵の中から数名、自由に入隊・除隊できるシステムでした。
また、メインキャラ以外は死んだら復活できないということもあって、サブキャラはストーリーに絡んで来ませんでした(使い続けてたら資料の経歴が増えてくけどね)
変なサブキャラばかりなのは、50人のうち、ヲタクな皆さんのファン投票で上位に選ばれた人達だけがアニメに採用されてるからです。

スージーなんて、戦闘中、たまに“博愛主義”ポテンシャルが発動して、敵兵を目前にして「私攻撃なんてできません」って勝手に行動終了する困ったちゃんなのに!!

* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。

妙なメンバーばかり揃っているのは、アニメでは変なキャラばかりを選抜していたからだったんですね。(^^;
でも、好きなメンバーを選べるなんて、元になったゲームは面白そうですね。

スージーはゲームでも困ったちゃんキャラなんですね。(笑)
前回はかなり激しい戦いをしていましたが、その間スージーが何をしていたのか、ちょっと気になりました。(^^;

Comment-close▲

2009-05-16 (Sat)

こんにちはアン #6

こんにちはアン #6

エリーザがロジャーと一緒にロンドンに旅立った日、突然ジョアンナが産気づいてしまいました。アンを連れてロンドンに行くという約束を果たせず、悩んだエリーザはバートに相談しました。これまでバートを嫌っていて、話しかけることも近づくこともなかったエリーザでしたが、そんなエリーザにバートは初めて父親らしい言葉をかけてくれたのでした。エリーザが自分の気持ちを押し殺してこの家に残っても、エリーザはやがてジョアン...

… 続きを読む

* by のらりんはうす
こんにちは。
エリ-ザがいなくなってどうなることやらと思っていたのですが…バートがアンのことを嫌っていなかったというのがびっくりでした。
アンのこれからの相談相手はバートになりそう、まだピンときませんが、ノアの名付け親をアンに任せるなど、今後に光がさす展開はよかったと思います。
名作ものは暗いムードになるとなかなか明るくならないので…

それにしても、アンが黙っちゃうと別の作品みたいですね。

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

珍しく今回は、バートが父親らしいところを見せていましたよね。どうにもアンが困ったら、バートが助けてくれるという展開もこの先あるんでしょうかね!?

しかし今回はアンがおとなしかったせいで、今までとは全く別の作品みたいでしたね。エリーザとお別れしなければいけなかったのは残念でしたが、次回はまたアンの元気な姿が見たいです。

Comment-close▲

2009-05-16 (Sat)

ノスフェラスの戦い/栗本 薫

ノスフェラスの戦い/栗本 薫

グイン・サーガ第3巻、「ノスフェラスの戦い」を読み終えました。アニメでは簡単にセム族の集落へとたどり着いたグインたちでしたが、原作ではその前に今後の伏線ともいえる冒険が待っていました。モンゴールの偵察隊に追われたグインたちは、偵察隊を振り切ってセム族の村を目指します。しかし、そんな彼らの行く手を阻んだのは、アメーバーのような怪物イドだったのでした。イドの密集する谷を通り抜けなければ、グインたちは村...

… 続きを読む