日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › Archive - 2009年02月
2009-02-17 (Tue)

スキップ・ビート #19

スキップ・ビート #19

天使役の演技が上手くできなくて追い詰められたキョーコは、思わずモー子さんと蓮に電話してしまうのでした。尚の演じる悪魔を、天使役のキョーコが殺してしまう場面で、思わず本当に殺意をむき出しにしてしまい冷静に演技をすることができないキョーコ。このままでは、せっかくのプロモの仕事から降ろされてしまうかもしれません。悩んだキョーコは、アドバイスを求めてモー子さんの携帯に電話するのでした。しかし、あいにくモー...

… 続きを読む

見ました! * by よしちゃん
キョーコは演技シーンは一つ壁を越えましたね。今までは松太郎を前にすると怨念全開だったから失敗を繰り返してたけど、キョーコの中で演技とモー子さんの占める割合が松太郎を上回った事になるかな?
キョーコが少しずつ成長していくのが微笑ましく思えるのは私だけ?
ただ松太郎は最後の方で蓮が嫌いなのは勝手だけど、キョーコをあんな風にふっておきながら、やきもち妬くのはおかしいんじゃない?未森を抱きしめたりマネージャーやプロデューサーのミルキちゃんにも手を出してそうな奴みたいだし、蓮に対抗する前に、しなきゃいけない事があると思うんだけど。
蓮は来週のキョーコと会った時怖そうだなぁ‥。間違いなくやきもち妬きそうですね。前々回に松太郎とは会わなきゃいい何て思ってたし。

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

今回は、キョーコが役者としての壁を1つ越えたのがよくわかるお話でしたよね。こんな風に、キョーコが一歩ずつ成長してゆく様子は私も微笑ましく見ています。(^^)

尚は蓮にキョーコが惹かれていると知って、急に対抗意識をむき出してきましたね。今でも、こころのどこかでキョーコは俺のものみたいな思いがあるんでしょうね。(^^;

次回のキョーコと蓮の再会は怖そうですね。
蓮はキョーコへの気持ちの自覚はないですが、絶対にまたにこやかに黒くなりそうな気がしますし・・・。(笑)

Comment-close▲

2009-02-17 (Tue)

みなみけ おかえり #7

みなみけ おかえり #7

今回は、マコちゃんをメインにしたお話でした。もうすぐ運動会です。マコトと一緒に二人三脚をすることになった千秋でしたが、運動神経が悪くて上手く行きません。本当は練習を重ねなければいけないのに、マコトと一緒だと長続きしないようです。そこで南家にやって来ていたマコちゃんと二人三脚の練習をすることになりました。・・・ここまで親しくしていながら、どうして千秋がマコちゃん=マコトと気がつかないのか大笑いさせら...

… 続きを読む

2009-02-16 (Mon)

SOUL EATER #45

SOUL EATER #45

なんという燃え展開っ!!! 対メデューサ戦、ついに決着です!(感涙)クロナに斬りかかったメデューサから、クロナを守ったのは、駆けつけてきたマカとソウルでした。そしてマカとソウル、クロナとマリー先生は協力してメデューサ&シュタイン先生に挑みます。しかし、メデューサに操られたシュタイン先生はかなりの強敵でした。その攻撃の前に、マカもクロナも、そしてマリー先生さえも吹き飛ばされてしまいました。そして、そん...

… 続きを読む

2009-02-16 (Mon)

RIDEBACK-ライドバック- #6

RIDEBACK-ライドバック- #6

琳の弟・堅司が、暴走族と関わって白ライドに追い詰められてしまうお話でした。ライドバック部を休部にした岡倉のところに、珠代がやってきました。珠代は琳が乗っていたフェーゴが何か違うと感づいているようです。そんな中、GGPでは前回のテロ騒動の容疑者の割り出しが行われていました。その中に琳を救った謎の男の姿を見つけたロマノフ大佐の表情が変わりました。2人は、過去に何らかの因縁があるのでしょうか!?その頃、琳...

… 続きを読む

2009-02-15 (Sun)

機動戦士ガンダム00 2nd #19

機動戦士ガンダム00 2nd #19

ルイスを取り戻すための、サジの戦いがとうとう始まりました。アバンはマリナの運命から。前回のラストで、子供をかばって銃口の前に身をさらけ出したマリナ。しかし、すんでの所でクラウスの援護射撃が入って、なんとか生き延びることができました。そのまま応戦にまわったクラウスを残し、マリナたちは地下に用意されていた脱出口から逃走したのでした。その逃走の中、シーリンはマリナに銃を託そうとしました。しかし、これだけ...

… 続きを読む

2009-02-15 (Sun)

しゅごキャラ! どきっ! #69

しゅごキャラ! どきっ! #69

もうすぐりまの誕生日。あむたちは、密かに誕生パーティーの準備を進めています。そんな中、なんとりまにラブレターを渡した男の子がいることが発覚しました!!!りまに気があるのは、霧島君という男の子でした。告白する勇気がなくて、なんとかラブレターは渡したものの、いまだにりまから返事がもらえません。そのことはりまも気にしているらしく、2人の間は何となくギクシャクした雰囲気です。そんなこととはつゆ知らず、あむ...

… 続きを読む

2009-02-15 (Sun)

フレッシュプリキュア! #3

フレッシュプリキュア! #3

前評判では一番人気! いよいよキュアパインが登場するお話でした。「ごきげんよう」と、いきなり百合な雰囲気で始まった今回のお話。(^^;祈里はかなりのお嬢様学校に通っていたのでした。そんな祈里は、先日ラブの誘いを断ってしまったことで悩んでいました。自分でも引っ込み思案な性格を何とかしたいと思っていたのです。その頃、ラブと美希はラブの部屋で女同士の重要なお話の最中でした。何かと思ったら、シフォンとタルトを...

… 続きを読む

* by 萩歩
こんにちは、いつもお世話になっています。

これで3人全員がプリキュアになりましたね。

まさか動物をナケワメーケに変えてしまうとは思ってもいませんでした。


>妄想にふけっていて

ピーチさんやベリーさんが前回までに一般人の前に現れていたので、有名になることも可能なのかなと思っていましたが、やはりダメでしたね。

* by 横溝ルパン
こんにちは。こちらこそお世話になります。

今回で、ようやく3人勢揃いしましたね。もしかしたら、プリキュア5の時みたいに1人だけ変身できないエピソードもあるかと期待していたんですけど・・・。(^^;

今回のナケワメーケが動物だったのは珍しいパターンですよね。これまでのプリキュア・シリーズでは基本的に無生物だったような気がしますし・・・。

この先も、パインの浄化能力を使ってナケワメーケを浄化という展開があるのかもしれませんね。

前回までは一般人の前に平気で露出していたプリキュアですが、今回タルトからダメだしされてしまいましたね。
3人でダンスユニットを結成するということでしたから、芸能界進出もあり得るかと思ったので、ちょっと残念です。(^^;

* by のらりんはうす
こんにちは。
遅いコメで失礼します。
パインの変身は一番シンプルかつ可愛いなと思いました。一番真似しやすそうですし。

タルト、プリキュアの正体を知られてはいかん!と力説してましたが、
すでにバレバレなんじゃ(汗)
美希はかれん路線で行くかと思いましたが、
以外にはっちゃけた子でしたね。
かれんの知性も備えていますが。

>パインの浄化能力

ラブ→のぞみ+咲
美咲→うらら+かれん
祈里→うらら+こまち+ひかり

祈里は黄色の可愛い路線を受け継ぎつつ、
こまちの癒しキャラにひかり(シャイニールミナス)の戦闘サポート担当の印象を持ちました。
ラブや美希と違ってあまり好戦タイプには描かれないかもしれませんね。

イースがいつも以上に悪~く描かれていたのが印象に残りました。
アナコンディもタジタジといった感じです。
敵側は街中だろうが平気で変身しますね(笑)

自分の記事でも少し触れましたが、謎解き要素は仕様だそうです。
少女アニメ製作もいろいろ大変なんだなあと思いました。

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

前評判の高かったパインですが、それを反映してか(?)変身シーンは力が入っていて可愛かったですよね。

>バレバレ
先週、先々週と人混みの中で変身していますので、既に正体はバレバレですよね。バレてないのは、今週変身したパインだけなんじゃ・・・。(^^;

それから、美希はいきなり先週とキャラが違っていましたね。(笑)
先週は少し影のある理知的なタイプかと思ったのですが、今回はプリキュアに変身できることを芸能界デビューにも生かそうとするはっちゃけぶりでしたね。(^^;

ラブと美希が好戦的なので、祈里は癒し系のキャラとして和ませて欲しいですね。
もっとも、プリキュア3人の中では私の一押しは祈里なのですが、物語全体だと今はイース様が一番かもしれません。(^^; 今回も「プリキュアは何人いるんだ!?」というセリフが思いっきりツボでした。(笑)

Comment-close▲

2009-02-14 (Sat)

獣の奏者エリン #6

獣の奏者エリン #6

これまでの展開とは一転。終始緊迫感のある展開でした。野生の闘蛇の卵を手に入れたアケ村は、その世話で大忙しです。野生の卵を孵化させるには、適切な温度や湿度の管理など気をつけなければならないことが数多くあるからです。そんな中、エリンの母・ソヨンは、嵐の中闘蛇の見回りに出かけました。その時には闘蛇に特におかしな動きはありませんでしたが、ソヨンが眠りに就いた頃、村中に闘蛇の弔い笛が鳴り響いたのでした。ソヨ...

… 続きを読む

* by 五遷・主簿
早速のTBありがとうございます。エリンは結構、早いアップなのでうれしいです。

>終始緊迫感のある展開でした。

 なにやら怪しさありきのソヨンと母と引き離されるエリンが可愛そうでした

* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。

エリンは、土曜日の夕方に放映ということもあって、毎回ほぼリアルタイムで視聴できるのがいいですよね。(^^)

今回は今までと違い、一気にお話が重く暗くなりましたね。ソヨンの態度も怪しげでしたし、何よりラストのソヨンが連行されていくところをエリンが目撃する場面が辛かったです。

* by ハトはは
ルパンさん、こんばんは♪
いつもお世話になっております。

ソヨンは、今までも何度か危機を切り抜けて来ましたが、
今回はどうにも逃れられそうにありませんね・・
ソヨンは人を疑ってはいけないと言っていましたが、
私はワダンが怪しいという気持ちがぬぐえません。

エリンはひとりぼっちになってしまうのでしょうか ;;

* by 横溝ルパン
こんばんは。こちらこそお世話になります。

これまでも霧の民ということで酷い扱いを受けてきたソヨンですが、今回の扱いはあんまりですよね。(;_;)
そして、ソヨンだけでなく村全体の危機なのに、ワダンの態度はあまりにも怪しすぎますね。ソヨンを陥れるために、裏でワダンが何かしたのでしょうかね!?(涙)

そして、何より気になるのはエリンのこれからの運命です。ソヨンと引き離されて、エリンはどうなってしまうのでしょうか。

* by のらりんはうす
こんにちは。
ようやくエリンまでアニメ追いつきました(汗)
今回は本編見てて辛かったですね。
エリンとソヨンのお別れフラグが次から次へと…

それにしてもあんまりな展開で、しかも一番まずい選択を村人たちはしたのではないかと思いました。
ソヨンがいなくなって、このあと中心になってトーダを面倒見るのはワダンですよね。
…まともなトーダが育つんでしょうか。(苦笑)
村のしきたりや掟に縛られるあまり、何かとても大切なものを村は失ってしまったと思います。
ソヨンが連れてかれてしまうシーン、エリンが気がついて追いかけるのもお約束なら転んじゃうのもお約束。
もう名作ものの王道ですね…
何で転ぶシーンが入ると悲壮感がシャレにならないぐらい増すんでしょう。
今回は追い討ちをかけるように外は雨。
子どもが親と引き離されるシーンは何度見ても嫌なものですね。

* by 横溝ルパン
こんにちは。追いかけ視聴お疲れ様です。(^^)

今回は辛い展開でしたね。村の掟や闘蛇が大切なものだということはわかりますが、病気で闘蛇が死ぬなどした時の責任を誰か1人が被るのは、なにか変ですよね。

ソヨンとエリンの別れの場面は、本当に名劇のノリでしたね。EDで幸せな食事シーンを見た後だけに、その後のソヨンが連行されてゆく場面がとっても辛かったです。(;_;)

感想 * by アスター
本当にものすごい内容でしたね。原作を読んだことのある妹いわく、やっと原作に沿ってきたんだそうです。

10歳なのに両親とも亡くなったとは・・。本当にかわいそうです。小さいのに・・。

ソヨンは闘蛇が死ぬことを分かっていたようでしたね。でもやはり霧の民だから罪をかぶる人として一番先に挙げられるんだろうなあ・・。

しかし、あのナソンとかいう霧の民は気になります。えりん8が霧の市でも会った人でもあり、ソヨンを知っているみたいな様子だった。ソヨンが死んだときすごく悲しそうで・・。一体ソヨンとどんな関係が?

最期にソヨンが思い浮かべた顔はアッソンで、涙を流しながらも微笑んで名前をつぶやいていたのをみていかに夫を愛していたかが分かりました。

真王領まで運ばれたエリンがどうなるのかとても気になります。どうか心も体も元気になりますように・・。

* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。

今回は本当に凄い内容でしたね。いつもは視聴してすぐに記事を書くのですが、今回は呆然としてしまってしばらく文章を書けませんでした。

私は原作は読んだことはないのですが、今までの展開はアニメ独自の部分が大きかったようですね。
少しスローテンポな感じもしましたが、今回の展開を見ると、最初にじっくりエリンとソヨンの親子関係を描いたからこその説得力だと思いました。

ソヨンを見守っていた霧の民は、ナソンというんですね。エリンが霧の市で出会ったのもナソンだったんですね。気がつきませんでした。

ソヨンが死ぬところを見守っていたり、ナソンとソヨンがどんな関係なのか気になりますね。ソヨンの血縁関係者なんでしょうかね!?

身も心も傷ついたエリンが、次回以降どう立ち直ってゆくのか楽しみです。

Comment-close▲

2009-02-14 (Sat)

鉄のラインバレル #19

鉄のラインバレル #19

浩一と矢島の対決。そして、その裏で進行するJUDA本部の危機。今回も燃え展開で、見応えがありました!浩一の後を追いかけてきた矢島は、浩一にもう戦うことを止めるように言いました。しかし、矢島の前にいる浩一は、もう昔のただ守られていただけの浩一ではなかったのです。さんざん痛い行動をして絵美に怒られたり、多くの犠牲者を出したりしてしまいましたが、今の浩一は自らの意志で戦うことを選んでいたのです。それがわから...

… 続きを読む

2009-02-14 (Sat)

黒神 The Animation #6

黒神 The Animation #6

慶太とクロは茜に内緒で沖縄に向かおうとしていました。そんな時、比から依頼を受けた北条水華魅が、クロを狙って現れました。比の指示では、クロは捕獲して欲しいが、その契約者である慶太は殺してもよいというものでした。しかし、水華魅はクロではなく慶太をターゲットにして、クロをおびき出すという作戦を採りました。水華魅に掠われた慶太は、そこで自分がルートではなくサブだと知らされました。そしてサブと元神霊が契約...

… 続きを読む

2009-02-13 (Fri)

タイタニア #17

タイタニア #17

軍資金を得るために、ファンにかけられているタイタニアの賞金を横取りする作戦がスタートしました。ザーリッシュは、ファンの捜索に手こずっています。元々大艦隊を指揮して戦うことが得意なザーリッシュは、探索のような相手との知恵比べは苦手なようですね。しかし、藩王はあえてザーリッシュに助言することをせず、ザーリッシュがどのような采配をするのか見守るつもりのようです。そんなザーリッシュを尻目に、諜報戦が得意な...

… 続きを読む

2009-02-13 (Fri)

源氏物語千年記 Genji #5

源氏物語千年記 Genji #5

自らの欲望の赴くまま、藤壺の宮と事に及んでしまった光源氏。なんと、そのたった一度の逢瀬で、藤壺の宮は光源氏の子を孕んでしまったのでした。実家に帰っていた藤壺の宮の屋敷に赴き、豪雨の中光源氏はついに藤壺の宮と肌を重ねてしまいました。どう考えても、いきなり押しかけてきてやっちゃった^^;光源氏が悪いのですが、藤壺の宮はそれは自分の罪だと自らを責めるのでした。そして、藤壺の宮はもう二度と光源氏とは会わない...

… 続きを読む

2009-02-13 (Fri)

黒執事 #18

黒執事 #18

天使アンジェラに掠われたシエル。そして、それを追うセバスチャンとグレル。彼らがやって来たのは、なんと人々のシネマティックレコードが所蔵されている死神図書館でした。そこでアンジェラは、シエルに両親を殺したのが自分であることを知らせました。なぜ天使が殺人を犯したのか、その謎も解明されない中、アンジェラは憎しみに囚われたシエルの心を浄化するために、天使の能力を使ってシネマティックレコードを改竄しようとす...

… 続きを読む

2009-02-12 (Thu)

銀魂 #144

銀魂 #144

夜王・鳳仙との激闘は続いています!月詠から託された煙管で、鳳仙の右目を奪った銀さん。しかし、それくらいでは鳳仙は止められません。圧倒的な力で、今度は銀さんを壁に叩きつけて沈黙させたのでした。その寸前、銀さんは晴太に自分を置いて日輪と逃げろと言い残します。今や家族のように大切な銀さんたちを見捨ててゆくことは、晴太にとって辛いことです。しかし、そんな晴太の心を動かしたのは、神威の言葉でした。そして、晴...

… 続きを読む

2009-02-12 (Thu)

黒神 The Animation #5

黒神 The Animation #5

今回は、クロとシュタイナーが激しい戦いを繰り広げました。突然クロと慶太たちの前に現れたエクセルとシュタイナー。2人は彼らと戦うことになってしまいました。これまで何人ものトライバルエンドを倒してきたクロですが、今度の相手は格が違うようです。クロの攻撃は確実にシュタイナーをとらえるものの、シンクロしてないクロの攻撃ではシュタイナーにダメージを与えることさえできませんでした。そんなクロの戦いを見て、慶太...

… 続きを読む

2009-02-12 (Thu)

宇宙をかける少女 #6

宇宙をかける少女 #6

レオパルドの部品を求めて、月へと向かった秋葉とほのか。そして、レオパルドに会わせることを条件に2人に協力することになったいつきとウル。彼らは、聖アルテミス更生センターへと向かうのでした。その頃、コロニーでは高嶺からの定時連絡が途絶えた風音は、エミリオを月に向かわせることを決めていました。獅子堂家はいったい月で何をしているのでしょうね。そして風音は、秋葉たちの動向も掴んでいるようです。そして、それを...

… 続きを読む

2009-02-11 (Wed)

血の来訪者/大藪 春彦

血の来訪者/大藪 春彦

大藪春彦さんの伊達邦彦シリーズ・第3弾「血の来訪者」を読み終えました。「野獣死すべし」の復讐篇のラストでは警官隊に取り囲まれた伊達邦彦でしたが、包囲網を突破してアメリカに渡り、そして満を持して日本に帰国してきたようです。そんな邦彦は、大東電気の社長令嬢・神野知佐子から結婚をせがまれるところまでこぎ着けていました。しかし、チンピラと関わった時の事故が元で、知佐子はあっけく死んでしまいました。そこで急...

… 続きを読む

* by 774
こんばんわ。
詰めの甘さは作者も言ってますが、体調が悪いのに出版社にスケジュールを無理強いされペースが狂ってしまったとの事。
まあ、本人の言い訳ですから、その体調の悪さはスケジュールが有る時は遊びまくってて、後で慌てた所為かも知れませんが。

* by 横溝ルパン
こんばんは。コメントありがとうございます。

大藪春彦さんの作品は、時々こういうことがありますよね。(^^;
エアウェイハンターシリーズとか、ウェポンハンターシリーズのように、結末が宙ぶらりんになってしまった作品もありますし。(笑)
でも、そういう大雑把なところまで含めて、大藪作品には独特の魅力がありますね。

Comment-close▲

2009-02-11 (Wed)

マリア様がみてる 4th #6

マリア様がみてる 4th #6

前回柏木さんから言われたことが祐巳の心に引っかかっています。そんな時、祐巳はその柏木さんからの電話を受けました。家族の間で揉め事があって、瞳子が家から飛び出してしまったのです。瞳子が祐巳のところにいるのではないかと考えた柏木さんが、祐巳に電話をしてきたのでした。祐巳も独自に瞳子の行き先を調べようとしますが、そんな時に祐麒がその瞳子を連れて帰宅したのでした。あてどなく街をさまよっているうちに、瞳子は...

… 続きを読む

2009-02-11 (Wed)

ONE OUTS #17

ONE OUTS #17

ブルーマーズ相手に、最初は大量リードしていたリカオンズ。しかし、ロドリゴの猛打をきっかけに、あっという間に同点に追いつかれてしまいました。そして9回表、ブルーマーズはリリーフとしてウィリアムスを投入してきました。その凄まじいナックルボールにリカオンズの選手は手も足も出ません。そして、9回裏のブルーマーズの攻撃で、なんとリカオンズは逆転サヨナラ負けを喫してしまったのでした。オーナーと年俸50%カット、...

… 続きを読む

2009-02-11 (Wed)

空を見上げる少女の瞳に映る世界 #5

空を見上げる少女の瞳に映る世界 #5

前回とは対照的に、今回はユメミ側をメインとした物語でした。クリスマスを間近に控えたユメミたちは、学校で終業式を迎えていました。そんな中、相変わらずユメミは空ばかり見ています。そんなユメミを心配したイチコは、ユメミを現実に立ち返らせるために、ユメミを遊園地に遊びに行こうと誘うのでした。ユメミ、イチコ、スズメは、タカシの家の神社で巫女さんのバイトをしています。バイトの最中もユメミは、ついついムントのこ...

… 続きを読む

2009-02-10 (Tue)

スキップ・ビート #18

スキップ・ビート #18

前回ほとんどバレかけたキョーコの正体ですが、今回あっさりバレてました。(^^;尚が甘い卵焼きが嫌いと知っていたことで、尚は京子の正体がキョーコではないかと気づきます。そして、以前キョーコが気にしていた香水を餌に、まんまと京子が幼なじみの最上キョーコだと暴いたのでした。それでどうなるかと思いましたが、結局2人はいがみ合ったままプロモの撮影に突入しました。キョーコは悪魔の姿にメイクした尚が、まるで空想世界...

… 続きを読む

見ました! * by よしちゃん
蓮は素は天然の要素はいっぱいありますよね。恋愛感情も無自覚だし、あのてんてこまいも勘違いするし、スキビって最初とキャラがだいぶ崩れる人ばかりのような。ローリィ何て最も変わってるし。
天使キョーコと松太郎の対峙したシーンは良かったですね。キョーコの今までの積もりに積もった感情が爆発した感じがヒロインらしくなくて私は好きですね。松太郎も認めるのが嫌なのかキョーコの綺麗さと演技をキョーコの前では否定してますし。
キョーコは来週が正念場ですね。演技をするためにも克服しなくちゃいけない事だし。

* by 向日葵
こんばんはです。

キョーコ、さすがに因縁の相手だけに、いきなりの首絞め攻撃とはねぇ。
ホントに殺ってしまいそうなあの勢いには大爆笑させてもらいました。

それにしても、あの高飛車な態度の松太郎はキョーコじゃなくても、ムカツクんじゃないかなぁ・・・・。ってか、調子に乗り過ぎじゃありません??
どうなるかわかりませんけど、一回、あの鼻っ柱をへし折ってやったほうがいいですよ。
私は、全力でキョーコを応援したいと思います(笑)。

それから、蓮の天然っぷりも面白かったですよねぇ。
やつは周りのことはすごく鋭いのに、自分のことは全く見えてない感じ。う~ん、こりゃ、前途多難だろうなぁ~。

では、またよろしくです。

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

>よしちゃんさん

蓮の天然ぶりには大笑いさせてもらいました。
他のキャラもそうですが、確かにこの作品ではキャラがどんどん壊れていってますよね、いい意味で!(^^;

今回のキョーコと尚の対決シーンはよかったですよね。思わず本気で尚の首を絞めてしまうキョーコの気持ち、わかります。(笑)
次回キョーコが、尚への気持ちを克服してどんな演技を見せてくれるか楽しみです。

>向日葵さん

今回は、キョーコと尚の直接対決ということで盛り上がりましたね。
尚は基本的に高飛車な奴なんですね。私も向日葵さんと同じく、一度は尚がどん底に突き落とされるのを見てみたいです。(^^;

それから、もう1つのツボは、自分のことがわかってない蓮ですね。あれだけあからさまにキョーコを特別視していたのに、本人が無自覚だったのには大笑いしました。
蓮がキョーコへの気持ちを自覚した時の顔が見てみたいです。(^^;

Comment-close▲

2009-02-10 (Tue)

みなみけ おかえり #6

みなみけ おかえり #6

今回は、過ぎゆく夏とやって来る秋のお話でした。南家の面々は、タケルおじさんに連れられて、みんなで海水浴に出かけました。しかし、海まで4時間もかかったせいで、夏奈は車酔いしてしまいました。それでも根性で泳ごうとする夏奈は凄いです。そして海から帰ってきた後、千秋の大切にしているぬいぐるみ・藤岡が消えてしまいました。千秋は夏奈が隠したのではないかと疑いますが、夏奈には覚えがありません。夏奈は海に忘れてき...

… 続きを読む

* by こじこ
こんばんは。
まったくもってサボり癖がつき、ブログをほとんど更新できていないこじこです。

今朝、このアニメを見ていたところ…うちの相方が「この世界はいつも夏な気がする…」と言ってましたが、そんなこともないんですよね。
きっと[夏]のイメージが強いんでしょうね。

そして…私もそろそろ保坂を補充したいです♪

ではまた。

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

ブログの更新、時に滞ってしまうこともありますよね。でも、仕事でやっているわけではありませんし、適度に手を抜きながら続けるのがいいかもしれませんね。

「みなみけ」は確かに夏のイメージが強いのかもしれませんね。真冬だというのに、平気で海やプールのネタをやりますしね。(^^;
何となく夏になったらなったで、当然のように水着回がありそうな気もしますが。(笑)

しかし、今の「みなみけ」に欠けているのは、なんといっても保坂成分ですよね!
2週に渡って保坂先輩が登場してくれないので、次回はぜひとも登場させて欲しいですね。(^^)

Comment-close▲

2009-02-09 (Mon)

SOUL EATER #44

SOUL EATER #44

クロナとマリー先生は、とうとうメデューサの元へとたどり着きました。アバンはクロナたちの行方を探すマカから。広範囲の魂探査を行うために、ソウルと魂の共鳴をしてクロナの魂の波長を探し出すつもりのようです。ババ・ヤガーの城の近くでは、ブラック・スターと椿が戦いを続けていました。とりあえず、当面の雑魚は倒して、いよいよ鬼神の待つアラクノフォビアの本拠地へ乗り込もうとしています。そして、ジャスティンとギリコ...

… 続きを読む

2009-02-09 (Mon)

RIDEBACK-ライドバック- #5

RIDEBACK-ライドバック- #5

前回のテロ騒動に琳たちが関わったと知って、顧問の岡倉は激怒しました。そしてフェーゴを解体すると言い出したのでした。GGPに包囲された街からライドバックで逃げ出した少女がいるという情報は、GGPや警察によって報道管制されていました。しかし、GGPも水面下では動いているようですし、フリージャーナリストの依田も独自に調査に動き始めました。そんな中、ライドバック部の顧問・岡倉は、今回の騒動の原因となったフ...

… 続きを読む

2009-02-08 (Sun)

機動戦士ガンダム00 2nd #18

機動戦士ガンダム00 2nd #18

前回崩壊したアフリカの軌道タワー。ようやくそれが復旧されたところまで、時間は一気に飛びました。それ以来、アロウズは連邦軍の中でより力を増して、今では連邦軍をアロウズが統括するところまで来ました。そんな中、ソレスタルビーイングによる2台目のメメントモリの破壊作戦が実施されました。ダブルオーライザーの力で、あっさりとメメントモリを攻略したソレスタルビーイングでしたが、その所在を敵に的確に把握されて、状...

… 続きを読む

* by あいあむウィーゼル
ついに最終決戦の幕が上がる・・ですね。クライマックスは近いですよ。

ソーマ・ピーリスとしての人格が再び現れたのか、それともマリー本人がソーマ・ピーリスとなることを選んだのか。
どちらにせよ、このままでは危うい気がします。
ちなみにヴェーダを取り戻そうとする目的はイノベイターの情報操作を止めるの他にもう一つあります。
セラフィムガンダム。・・・実は私、ついこないだに1/144スケールのセラヴィーを買ったんですけど、説明書に「ヴェーダとのリンクが切れている状態では、その真価を発揮できない」とあったんです。
やはりセラフィムには何か秘密がある!

決断しなければならない。
確かに、戦場でルイスが佐慈を見つけたとき、彼女がためらいなく引き金を引けるかは別の問題です。
しかし・・・アンドレイは気づいているのでしょうか。
「軍規を全うし、肉親を撃った」
軍規を全うすることは、かつて自分が否定した父親の生き方だということを。
もう一つ気になるのは、マネキンが行方不明だということ。
やはりメメントモリが原因でしょうね。セルゲイも死んでしまい、これ以上アロウズに居続けることが出来ない、と。
コーラサワーも・・・おそらく同行しているでしょう。軍がどうたら以前に、彼女を守るためにアロウズに転属するくらいですから。
問題は彼女たちがこれからどのようにして、世界に関わってくるのか、ということです。

次回、ついに佐慈とルイスが対面!
佐慈に銃口を向けるルイス。果たして彼女は引き金を引くのか。佐慈はルイスを説得することが出来るのか。
・・・いや、無理なんだろうな。だってOPに出てきたMAまだ出てきてないし。

* by 横溝ルパン
こんばんは。コメントありがとうございます。

クライマックスに向けて、物語が盛り上がってきましたね。その中でも気になるのは、マリーです。自分の意思で戦うことを選んだのか、それともソーマとしての意識が暴走しているのか。次回以降でそのあたりもはっきりさせて欲しいですね。

それから、セラフィムガンダムにはまだ秘密が隠されているんですね。今のままだと、2台のガンダムが合体しているだけですからねえ。(^^;

それから、父親を殺したアンドレイは皮肉な運命を辿っていますよね。セルゲイが軍規のために母親を見殺しにしたように、アンドレイは軍規のために父親を殺してしまいましたものね。やはり親子の血は争えない、ということでしょうか!?

またマネキンが行方不明なのも今後の展開に大きな影響がありそうですね。メメントモリによるタワーへの攻撃を見て、アロウズから身を引くことを考えたのでしょうか!?

そして、気になるサジとルイスの運命。
2人は和解することができるのでしょうか、それとも殺し合いをすることになってしまうのでしょうか!?

Comment-close▲

2009-02-08 (Sun)

しゅごキャラ! どきっ! #68

しゅごキャラ! どきっ! #68

あむの永遠のライバル(?)、山吹沙綾様が転校することになってしまうお話でした。相変わらずあむの学校での人気は一番のようです。そんなあむに、闘志を燃やす人物がいました。言わずと知れたあむのライバル、山吹沙綾様です。今回は突然、沙綾様が転校することになってしまいました。山吹コンツェルンの本社がロサンゼルスに移転するのに伴い、沙綾様も転校することになったようです。転校する前に、沙綾様は自らお別れ会を開催し...

… 続きを読む

2009-02-08 (Sun)

フレッシュプリキュア! #2

フレッシュプリキュア! #2

今回は、ラブの友人・蒼乃美希がキュアベリーに変身するお話でした。ファッションモデルを目指す女の子、美希はなかなか努力家の少女です。早朝からランニングに体操、そして朝食はしっかり食べると、自分の体調管理は完璧です。そして、いきなりシャワーシーンを披露するなど、大きなお友達へのつかみもバッチリです。(^^;一方、目を覚ましたラブの前には、突然謎の生物が現れました。彼らの名前は、シフォンとタルト。2人はスウ...

… 続きを読む

2009-02-07 (Sat)

獣の奏者エリン #5

獣の奏者エリン #5

年に一度の闘蛇の卵狩りを前に、アケ村はその準備に大忙しです。エリンもソヨンの手伝いをしていますが、どうも気がそぞろになってしまいます。卵狩りで取ってきた闘蛇の卵から赤ちゃんが生まれたら、またルルと同じように耳膜を切られてしまうからです。そんなエリンに、ソヨンは本当に獣の医術師になりたいのなら経験しておくべきだと言って、エリンも闘蛇の卵狩りに参加させることにしたのでした。エリンの他に、同じ年頃のチョ...

… 続きを読む

* by こめ♪
今回もエリンの優しさがとても出ていました♪
とてもおもしろかったです(*^д^)v

でも、トーダとエリンとてもかわいそうでした==i-241


* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。

地味な作品ですが、毎回エリンの自然な感情に共感できるお話ですよね。この先、エリンがもっとうまく闘蛇と暮らせる道を見つけ出せるといいですね。(^^)

Comment-close▲

2009-02-07 (Sat)

鉄のラインバレル #18

鉄のラインバレル #18

矢島が浩一に指定したポイント、そこに待っていたのは加藤久崇でした。アバンは、シズナとイズナのお笑いJUDA TVから。(^^;悪の総本山と思われているJUDAのイメージを払拭するために、2人が電波ジャックしてお笑い漫才をやってます。子供たちはけっこう楽しんで見ているようですが、あまりに怪しげな内容のために大人の評判はよくないようですね。(笑)矢島に絵美を奪われて、すぐにでも助けに行きたい浩一。しかし、今浩一がJUDA...

… 続きを読む

2009-02-06 (Fri)

野獣死すべし 渡米篇/大藪 春彦

野獣死すべし 渡米篇/大藪 春彦

以前読み終えた、角川文庫版の「野獣死すべし」には収録されていなかった、アメリカ滞在中の伊達邦彦とアメリかの著名な探偵たちとの対決を描いた、渡米篇を読み終えました。いつもの大藪作品とは違い、マイク・ハマーやフィリップ・マーロウ、リュー・アーチャーなどが次々と登場して伊達邦彦と対決するという、ちょっとしたコメディのような作品でした。作中に登場する探偵たちの物語は読んだことがありませんが、その名前だけは...

… 続きを読む