日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › Archive - 2008年06月
2008-06-18 (Wed)

図書館危機/有川 浩

図書館危機/有川 浩

図書館シリーズ第3弾、「図書館危機」を読み終えました。アニメでは既に放映された、郁が憧れの王子様から卒業するお話から、茨城県の美術館の県展での戦いが描かれました。郁と堂上は相変わらずというか、恋愛なんだけれどコメディで今ひとつ感情移入しきれないものがあります。一応、体育会系出身なのに、郁が上下関係に無頓着すぎるのも何だか気に入らないですし・・・。そんな中で、引きつけられるのは毬江と小牧教官のやり取...

… 続きを読む

2008-06-18 (Wed)

ポルフィの長い旅 #24

ポルフィの長い旅 #24

イラーリアとレベッカを仲直りさせるために、ポルフィががんばるお話でした。レベッカとイラーリアを仲直りさせたいポルフィは、イラーリアにレベッカと話をするように勧めます。しかし、イラーリアはそれを聞き入れてくれません。レベッカにも同じように話をするように持ちかけますが、あっさりと断られてしまいました。そこでポルフィはちょっとした作戦を思いつきました。イラーリアとの友情の証である人形を、レベッカの屋敷か...

… 続きを読む

2008-06-18 (Wed)

泣き虫 弱虫 諸葛孔明 第弐部/酒見賢一

泣き虫 弱虫 諸葛孔明 第弐部/酒見賢一

酒見賢一さんの笑える三国志・第弐部を読み終えました。(^^;この第弐部では、孔明が劉備の軍師となって、博望坡での戦い(なかった;_;)から、多くの民衆を引き連れての曹軍からの逃避行、趙雲の阿斗を抱えての単騎での戦い、そして張飛の長坂橋での戦いまでが描かれました。前作に劣らず、今回も孔明や劉備たちの狂ったような言動に大笑いさせてもらいました。三国志のはずなのに、なぜかお話の途中でエヴァンゲリオンや金田一少年...

… 続きを読む