日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › Archive - 2007年09月
2007-09-16 (Sun)

かみちゃまかりん #24

かみちゃまかりん #24

何者かに操られたキリオによって、霧火先輩が消滅してしまいました。そして、花鈴を助けに駆けつけた和音と一緒に、2人はキリオの作り出した結界の中に閉じこめられてしまったのでした。今回は、和佐の正体が明らかになりました。和佐は月の女神アルテミスだったのでした。和音君が太陽神なので、花鈴とニャケの関係のように、お互いに相手を助け合う存在だったのでしょうか。完全に神化の力を使えない(?)和音と花鈴は、パワーア...

… 続きを読む

2007-09-16 (Sun)

ぼくらの #22

ぼくらの #22

ウシロとカナは父親の所に帰ることにしました。そこへマチが訪れて、彼女も2人と一緒に同行することになったのでした。ウシロたちの父親は、山の中でフリースクールを経営していました。最初はいろいろと苦労も多かったようですが、今では経営も軌道に乗っているようです。そしてウシロの過去が描かれました。幼い頃は義理とはいえ父親が大好きだったウシロ。しかし、年を取るにつれて、養子であるウシロに父親が気を遣いすぎてく...

… 続きを読む

2007-09-15 (Sat)

ロミオ×ジュリエット #22

ロミオ×ジュリエット #22

公式サイトの無料放送で、ようやく見逃した22話を補完しました。Windowsマシンでないと見られないみたいだったのですが、自宅のWinマシンの調子が悪くて、結局Macに入れたWinのエミュレータ環境での視聴となりました。(^^; 純粋なWinマシンより、Macに入れたWinの方が安定しているのは気のせい!?(笑)モンタギュー大公との戦いを前に、ジュリエットは全てが終わったら、世界を守るために1人エスカラスの犠牲になることを決意したの...

… 続きを読む

2007-09-14 (Fri)

不定期エスパー(1)/眉村卓

不定期エスパー(1)/眉村卓

このところ眉村卓さんの作品を読み続けています。今回読み終えたのは、「不定期エスパー(1)」です。この作品は、以前に2度ほど読んだことがあるので、通して読むのは3回目になります。眉村さんの作品の中では最も長くボリュームがありますが、主人公のイシター・ロウの考え深い性格がとても気に入っています。主人公のイシター・ロウは、ネプトーダ連邦のネイト=カイヤツ育ちの青年です。ネイトというのは、連邦を構成する主権体...

… 続きを読む

2007-09-14 (Fri)

銀魂 #73

銀魂 #73

以前のカブト狩りに続き、今回はキノコ狩りのお話でした。アバンは、お登勢さんとキャサリンのやり取りから。前回のお話、嘘が本当かわかりませんが苦情が殺到したらしいですね。やはり波動砲がまずかった!?(^^;でも、銀魂がシニア向けにお登勢さんとキャサリンがメインになるのは反対!!!(笑)家賃を支払うために、松茸狩りに行くことになった銀さんたち。彼らはそこで摩理之介という猟師と出会いました。彼は頭から不思議なキノ...

… 続きを読む

2007-09-13 (Thu)

やられた~!(涙)

やられた~!(涙)

今日はロミオ×ジュリエットの22話と思ったら、安倍さんの辞任の影響でニュースが延長されたらしくて、見事に録画に失敗していました。(;_;)スポーツ中継の延長は注意していたのですが、まさか首相の辞任でアニメの放映時間がずれるとは予想外でした。アニメをちゃんと見ようと思ったら、スポーツだけではなく、政治にも関心を持たないといけないんですね。とほほ。(泣)...

… 続きを読む

まさに予想外(泣) * by kazy
こ、こんばんは。(^^;)

自分もに多様な経験は数知れず...。
やりきれないんですよねぇ、このパターンって。
でも、えっと、だいじょーぶ! 今は某動画サイトがありますっ!(えー)

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

本当にやりきれないです・・・。(涙)
出かける用事があったので、帰宅してからゆっくり見ようと思ったら、再生した途端に延々と別番組が・・・。何度か経験ありますが、この瞬間って本当に力が抜けちゃいますね。orz

あまりのショックに、昨日は銀魂も見ずにふて寝してしまいました。(笑)
え~っと、でも多分某動画サイトで補完の予定です。(^^;

* by ちはや
私もこれやられました(^ー^;A
私の地域では、その後連続してアニメをやってるのでたまたま次のアニメの時間に録られてましたが、最期のアニメは半分以上カットですよ・・・。

あんなのテロップだけで十分だよ・・・

* by 横溝ルパン
こんばんは。いつもお世話になります。

ようやく公式の無料放送で補完完了しました。
今回の唐突な辞任は、世間的には大ニュースだったのでしょうが、個人的にはそのあおりでロミジュリの放映時間が変更された方が大ニュースでした。(^^;

内容的な補完はできたものの、これまでの放送分をDVD-Rに保存してきたので、それが途中で途切れてしまって残念です。(;_;)

Comment-close▲

2007-09-13 (Thu)

司政官/眉村卓

司政官/眉村卓

眉村卓さんのシリーズものとして、今でも根強い人気のある司政官シリーズの1作目を読んでみました。学生の頃に挑戦したことがあるのですが、その時は原住民と呼ばれる植民された惑星に存在する知的生命体の描写になじめず、途中で挫折してしまいました。司政官と呼ばれる役名の人間は登場しますが、各物語の主人公は1人ではありませんので、それも戸惑いの原因だったような気がします。今回も原住民がメインになったお話は今ひと...

… 続きを読む

2007-09-12 (Wed)

CODE-E #11

CODE-E #11

Type-Eの力が消えた千波美は、由真たちと一緒にサマースクールに参加しました。いきなり千波美がサマースクールに参加することになって驚きました。(^^;その間のやり取りを描いてもドラマにならないからかもしれませんが、千波美や由真、光太郎がどういう理由でスクールに参加したのかは、もう少し説明して欲しかったかも。サマースクールには参加したものの、千波美と光太郎は相変わらずギクシャク。そして、そんな光太郎を見つめ...

… 続きを読む

2007-09-12 (Wed)

やっぱり気になるiPod touch

やっぱり気になるiPod touch

現在、iPod 5Gを使っているのですが、ビデオ視聴をした時の画面の小ささが気になっていたので、やはり先日発表された新型iPodが気になってしまいます。(^^;日本ではiPhoneが発売されていませんので、電話機能を省いたiPhoneという感じがしなくもないですが、Wi-Fi搭載で直接ネットに接続できるのは魅力的ですね。ただ気になるのはタッチスクリーンの操作性。iPhoneでも賛否両論ありますが、こればっかりは実際に出荷されてから触っ...

… 続きを読む

2007-09-11 (Tue)

魔法少女リリカルなのはStrikerS #24

魔法少女リリカルなのはStrikerS #24

前回のスターズの戦いに続き、今回はライトニングの戦いが描かれました。最初はゲイズの前に現れたゼストによって、2人の過去が回想されました。ゲイズはゲイズなりに本局に戦力を取られてしまう地上を守りたかったようです。そのためにスカリエッティと手を結んで、戦闘機人を地上の戦力にしようとしていたのでした。しかし、その実験施設をゼストに発見されて、ゼストやその部下たちが命を落とすことになってしまいました。ゲイ...

… 続きを読む

* by halogen
>メガーヌという隊員
メガーヌ・アルピーノがルーテシアの母親ということでいいのだと思います。
既に娘がいたとのことで、ルーテシアがスカリエッティに言われていた言葉のうち、あれがルーテシアの母親だという事に関しては間違いではなかったみたいですね。

>召喚虫にも人間と同じように感情があるのでしょうか
召喚虫によりけりだとは思いますが、同じ生き物ということなんでしょう。
ガリュウに関しては言葉は発さないまでも言葉は解していると公式の説明にもありますしね。

>ルーテシアが感じていた寂しさ
エリオに関しては、漫画版を読んでいると余計にくるものがありました。
この辺りの話は良かったですよねぇ。

>ティアナを助けるつもりがティアナを撃っちゃった
流石にそれではシャレにならないです(苦笑)。
それこそ、二度と立ち直れなくなりそう。

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

>メガーヌ・アルピーノがルーテシアの母親
やっぱりそうだったんですね。(^^;
もう設定も把握しきれてないのですが、ルーテシアが回収しようとしていたレリックがあれば、お母さんが復活できるというのも本当なんでしょうかね。

召喚虫の種類によっては、言語を理解したり、ある程度の感情はあるということなのかもしれませんね。

今回は、エリオ&キャロとフェイトの関係には泣かされました。(/_;) こういうのが見たかったんですよね。

ティアナを撃っちゃったネタは、ギャグとして誰かが同人ネタにでもしてくれるとうれしいんですが・・・。(^^;
この場面のヴァイスは、これまでで一番格好良かったですけど。(^^)

Comment-close▲

2007-09-10 (Mon)

風の少女エミリー #23

風の少女エミリー #23

エミリーたちのシュルーズベリーでの生活も終わりに近づいていました。卒業を前に、より具体的にエミリーたちは夢に向かって進む決断を迫られていました。イルゼはモントリオールの演劇学校に進学して、朗読家になる夢へと一歩近づきます。そして、ペリーは弁護士事務所の助手として働くことが決定しています。トムおばさんに楽させてあげられるとペリーが喜んでいたのが、優しいペリーらしくていいなあと思いました。そんな中、エ...

… 続きを読む

* by ある名作ファン
>今回は、これまでになくドラマチックな展開でした。
>テディがエミリーに気がつくかと思いましたが、エミリーに気づかずテディが去ってゆくのがリアルでした。
今回は本当に感動的でしたね。子供の頃に漠然と描いていた夢、その夢への道の困難さと、逆に夢のために何かを捨てざるをえないという葛藤が1話の中に全てこめられていて、すばらしかったです。

好きな人が行ってしまうのを見るのが耐えられなくて、見送りに行かなかったけれど、ついに心を決めて追いかけていく、(そして追いつかずに転んでしまう)というのは名作劇場ではよくみかける展開で、(ナンとジョー先生とか)ベタな展開とか言われそうですが、こういう展開はやっぱり感動的だから使われるわけで、ベタというよりは定石と言うものかもしれません。

>同じく夢に向かって進んでいる仲間だけが認められて、自分だけが取り残されてしまうことです。

エミリーが「おめでとう、もう小さな島の小さな村になんか興味ないでしょう!あなたには才能があるんだから!!」とテディに言ってしまった後、丘の上で、ぽろぽろと涙をこぼしながら「おめでとうテディ・・・。自分のことみたいに誇らしいわ・・・。ほんとは・・・ほんとは・・・そう言いたかったのに・・・。」と言うシーンでは、エミリーのテディへの思いと、ねたみ、そして将来への不安が入り混じった心情がひしひしと伝わってきました。

>不安の中にあった時、テディもエミリーとの夢に逃げようとしてしまいました。しかし・・・
「僕は、夢のために、エミリーを捨てた・・・。」とテディが言うシーンのテディの表情にも、夢を追う気持ちとエミリーとの離別との葛藤が現れていましたね。

>エリザベス叔母さんの登場シーン
エリザベスおばさんは一言だけの登場でしたが、エミリーの気持ちが変わる大きなきっかけになりましたね。
エミリーとずっと離れていたのに、即座にエミリーの心を見抜いたおばさんの温かさが描かれていたのもよかったです。

早速あらすじと一緒に1枚イラストをアップしてみました。
雪の女王は特に後半で作画がひどかったですが、(これ、誰?ということもしばしば・・・)エミリーの映像は最後まですごいクオリティーで、嬉しいです。

あと、なんといっても音楽がすばらしいなあと思います。エミリーとテディの心情がありありと感じられる音楽でしたね。
サントラも買ったのですが、すばらしいですよ!
(電脳コイルもものすごく音楽がよかったですし、最近のアニメの音楽は70年代のアニメとは大違いですね。)

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

今回は、誰もが経験する夢と現実にエミリーたちが直面していて、その葛藤がとても共感できるお話でしたね。(^^)

展開としては少し駆け足でしたが、テディに素直におめでとうが言えなかったり、最後まで見送りに行く決意ができなかったり、エミリーの心の動きがよく描かれていましたね。

そして、今回のエリザベス叔母さんはいい役回りでしたよね。以前にエミリーと心が通じ合った場面を描いていたからこそ、エミリーの心を動かす場面に説得力がありました。

それからイラストの方、早速拝見させていただきました。エミリーとテディがすれ違ってしまった寂しさが蘇ってくるようですね。

ある名作ファンさんはサントラも既に購入されたんですね。いいな~。
私も買いたいのですが、今月はいろいろと物いりで、買うとしても来月以降になりそうです。

それから、電脳コイルも音楽がいいですよね。こっちも欲しいのですが、資金が厳しいので難しいかも。(^^;

Comment-close▲

2007-09-10 (Mon)

今日の早川さん/coco

今日の早川さん/coco

cocoさんのブログ、coco's bloblogに掲載されている「今日の早川さん」が単行本になりました。主な登場人物は、SF好きの早川さん、ホラー好きの帆掛さん、純文好きの岩波さん、ラノベ好きの富士見さん、レア本好きの国生さんです。この登場人物名を見ただけで、わかる人にはわかってしまう名前だと思いますが^^;、本好きな方には早川さんたちの行動に思い当たることが1つや2つ、3つや4つくらいあるかもしれません。(笑)ちょ...

… 続きを読む

2007-09-10 (Mon)

産業士官候補生/眉村卓

産業士官候補生/眉村卓

眉村卓さんの「産業士官候補生」を読み終えました。これは9篇の短編を収録した作品集です。いずれも未来社会で働く人を主人公に据えて、会社優先、利益優先の殺伐さが感じられる未来社会を舞台にした物語です。SFというオブラートにくるまれていますが、この中の作品が抱える問題は今現実に私達の側にある問題になっているような気がします。収録されている作品のうち、「工事中止命令」「最後の手段」「虹は消えた」の3篇には...

… 続きを読む

2007-09-09 (Sun)

Yes!プリキュア5 #31

Yes!プリキュア5 #31

ココがラブレターをもらっているのを目撃してしまい、のぞみとココの関係がきまずくなってしまうお話でした。アバンは、ココが女子生徒から手紙をもらっているのを、のぞみとりんが目撃してしまうところから。ショックを受けたのぞみの演出が過剰で、何だか恋愛ドラマを見ているみたいでした。(^^;ココは特にのぞみに話しませんでしたが、ココはこれまでにも多くの女生徒から手紙をもらっていたのでした。しかし、のぞみはココがそ...

… 続きを読む

2007-09-09 (Sun)

電脳コイル #15

電脳コイル #15

ヤサコが過去の記憶を探すお話でした。母親と京子と一緒に第1小学校のある地域に買い物に来たヤサコは、そこでイサコと勘違いされて、第1小学校の男の子たちから追いかけられます。ヤサコの通っている学校周辺だけでなく、別の学校の近くでもイサコは何らかの活動をしているようです。追いかけられていたヤサコを助けてくれたのは、タケルという男の子でした。タケルと町を歩くうちに、ヤサコはこの場所に昔来たことがあるのを思...

… 続きを読む

2007-09-08 (Sat)

くすぐりエルモ

くすぐりエルモ

「メレンゲの気持ち」を見ていたら、番組内で大爆笑するエルモ人形が紹介されていました。一見、ただの人形なのですが、ちょっとくすぐると大笑いをし始めます。その笑い声だけでも十分に楽しいのですが、さらに寝転がって笑い出したのにはあっけにとられました。(^^;しかも、寝転がって笑った後には、ちゃんと自分で立ち上がる賢さ!で、何気なくamazonで検索したら、これってかなりの人気商品みたいですね。その豪快な笑いっぷり...

… 続きを読む

* by ちはや
あ、これ見ましたw
あの凄まじいまでの笑いっぷりに私も一目で惚れましたよww

転げ回って笑う様は癒されそうですね~。でもすごい高そう(^ー^;A

* by 横溝ルパン
こんにちは。ちはやさんもご覧になりましたか。(^^)

あの笑いっぷり、本当にいいですよね。
さらに転げ回って笑うのには驚かされました。
amazonで見たら、6,000円くらいでしたが、微妙に高い値段ですねえ。(^^;

Comment-close▲

2007-09-08 (Sat)

ぼくらの #21

ぼくらの #21

カンジの戦いが描かれたお話でした。母親の裏切りを知ったカンジは、保に母親を殺してくれるように頼むのでした。そして、今度の戦いに選ばれたのは、なんと認知研のすぐ側でした。関に頼まれて、カンジの戦いを見守って欲しいと言われた保は吉川教授の元へと向かいます。母に対する憎しみとは別に、カンジは研究者としての母親を尊敬していたようです。母として守ることはできなくても、研究者としての母なら守ることができる。そ...

… 続きを読む

* by ちはや
支配者がエネルギーを地球から搾取していくってのは、結果的にそうするって感じですよね。こんな性根の腐った戦いを画策する連中だから、きっと高みの見物して笑ってそうです・・・・(^ー^;A

そしてついに最期の子供となってしまったウシロ。カナちゃんがどうなるのか心配ですよ。関さんはスルーでw

* by 横溝ルパン
こんにちは。またまたありがとうございます。

多次元宇宙を淘汰するみたいなことを言っておいて、本当の狙いはそれかい!みたいな感じでしたね。(^^;

>関さんはスルーでw
え、関さんスルーですか。(;_;)
あの微妙な地味さがいい感じだと思うんですけど。(笑)

Comment-close▲

2007-09-08 (Sat)

ロミオ×ジュリエット #21

ロミオ×ジュリエット #21

オフィーリアから自分の運命を知らされて悩むジュリエット。ロミオにも告げぬまま、ついに自らの命をエスカラスに捧げてネオ・ヴェローナを守り抜く決意を固めるのでした。大地震に襲われた都では、フランシスコやキュリオたちがけが人たちの救助に追われていました。そんな中、モンタギュー大公の指令を受けたマキューシオは、市民の家々に火をつけて回るのでした。燃え広がる町を見て、ロミオはモンタギュー大公が何をしようとし...

… 続きを読む

* by ちはや
今回久しぶりにティボルトくん出てきましたね(^ー^;A
なんか自分では何もせず、美味しいところだけいただこうという下心が見え見えで、一番ヘタレっぽく・・・(^ー^;A

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

久しぶりに顔を出しただけで、ティボルトにはちっちも見せ場がありませんでしたね。(;_;)
ジュリエットを助けに登場した時は格好良かったのですが、今の調子だとモンタギュー大公への復讐を遂げるくらいしか見せ場がなさそうですね。

Comment-close▲

2007-09-07 (Fri)

かみちゃまかりん #23

かみちゃまかりん #23

烏丸キリオに掠われてしまった花鈴。烏丸の屋敷で、花鈴はもう1人の姫香と出会い、その姫香に対するキリオの愛情を知るのでした。いきなりヘリで花鈴を掠ったキリオでしたが、それは花鈴を掠おうとしたのではなく、本当はみちるを掠おうとしたのでした。しかも、結婚してくださいという幕が出たのは、単にチャーターしたヘリがブライダル用だったからでした。(^^;花鈴もちゃっかり用意されていたウェディングドレスを着ていたり、...

… 続きを読む

2007-09-06 (Thu)

銀魂 #72

銀魂 #72

今回は、定春が発情するお話と桂さんが免許を取ろうとするお話の2本立てでした。このところ定春は、散歩の途中で出会う犬が気になっているようです。それが原因で(?)食欲が減退した定春のために、神楽と新八はあれこれ定春に力を貸してやるのでした。・・・しかし、あんな風に刈りあげられて、レスラーみたいな覆面までされて、定春もたいへんな人たちと一緒に暮らしているんですねえ。(^^;そんな定春のために、銀さんたちは犬同...

… 続きを読む

* by はぴ
妄想が趣味のひと増えたるようですね
もうちょっと
いい言い方あると思うんだけど・・・
空想とか想像とか
夢見ちゃんとか

* by 横溝ルパン
こんばんは。コメントありがとうございます。

後半の桂さんの想像力は素晴らしかったですよね。(^^;
急に場面が変わったので、何が起こったのかと思いました。

夢見ちゃんという言い方は可愛くていいですね。

Comment-close▲

2007-09-05 (Wed)

つくられた明日/眉村卓

つくられた明日/眉村卓

「天才はつくられる」に続いて、「つくられた明日」も読み返してみました。新聞部の部長をしている永山誠一は、副部長の杉森あかねが読んでいた「未来予告」という占い本を知りました。それは従来の占い本よりもきめ細かく各自のパラメータを計算して、自分にあった1冊を260種類ほどある分類から選び出すという不思議な本でした。あかねに無理矢理押しつけられて、自分に該当する本に目を通した誠一でしたが、その中に書かれてい...

… 続きを読む

* by さいた
こんばんは~
眉村卓氏の作品は、『なぞの転校生』『ねらわれた学園』『まぼろしのペンフレンド』などをテレビで見ました。もう観たのは子供の頃なので内容とかは憶えてないんですが、夢中になって見た事だけは記憶にあります。

当時の僕はSFなどは観た事も読んだ事もない子供でして、そんな僕の目に眉村氏の作品は新鮮に映りました。ルパンさんの記事を拝見して、改めて眉村氏の作品を読んでみたくなりました。

ではでは~

* by 横溝ルパン
こんばんは。いつもお世話になります。

眉村卓さんや筒井康隆さんの作品は、昔はテレビドラマ化されていたんですよね。私は残念ながら見たことはないのですが(涙)、その分子供向けのSF小説には夢中になりました。(^^)

眉村さんの作品は、今では書店では滅多にお目にかかりませんが、Book OFFなどの古本屋の100円コーナーを覗くと、置かれていることが多くて、つい購入してしまっています。

古さを感じる部分もありますが、内容的には今でも十分おもしろいと思います。
機会がありましたら、一度手に取られてみてはいかがでしょうか。(^^)

Comment-close▲

2007-09-05 (Wed)

アイシールド21 #119

アイシールド21 #119

神龍寺ナーガに勝利して、みんなで祝勝会をするお話でした。最初に文句から。試合が終わった後で、阿含が負けを認めようとしないで蛭魔に殴りかかろうとするのにはガックリしました。もともと原作と比べると、小悪党な感じがするアニメの阿含でしたが、審判にはつかみかかっているし、最低な描かれ方でした。戦いを振り返る場面では、雪さんや栗田の回想にはぐっとくるものがありました。でも、試合に参加した雪さんがみんなより一...

… 続きを読む

2007-09-05 (Wed)

天才はつくられる/眉村卓

天才はつくられる/眉村卓

学生時代に大好きだった眉村卓さんの「天才はつくられる」を、久しぶりに読み返してみました。図書委員をしている松山史郎は、間違って納入された「学習教程」という超能力の入門書を読んで超能力が使えるようになりました。しかし、その時から彼は同じ図書委員の橋本敬子、図書担当の坂村先生と共に、超能力を使って人々の優位に立とうとする天才グループに狙われることになったのでした。天才グループは、史郎も仲間に引き込もう...

… 続きを読む

2007-09-05 (Wed)

ぼくらの #20

ぼくらの #20

マチとコエムシが経験してきた戦いの歴史が語られるお話でした。ジアースを操る者たちの存在をカンジは垣間見ることができました。しかし、そのプログラムには厳重なプロテクトがかかっていて、認知研の力を持ってしてもアクセスすることができません。そこにアクセスできれば、子供たちの契約を解除することができるのでしょうか!?そんな時、研究所にマチがやって来ました。マチは、自分が知っている事実をみんなに明らかにするの...

… 続きを読む

2007-09-05 (Wed)

CODE-E #10

CODE-E #10

光太郎が「力にしか興味がない」と言ったことにショックを受ける千波美。それがきっかけなのか、千波美から不思議な力が消えてしまいました。光太郎と園美のやり取りを聞いて、眠れぬ一夜を過ごした千波美。通学のバスも1本早いものに変えて、光太郎と顔を合わせないようにします。光太郎は科学部の部室にこもりっきりで、あれから千波美の前に姿を見せません。明らかに千波美を傷つけてしまったことがわかっているはずなのに、こ...

… 続きを読む

2007-09-04 (Tue)

アイシールド21 26巻

アイシールド21 26巻

前巻では絶望的な状況だった王城戦ですが、ようやく突破口が見えてきました。進に腕力で挑むことにしたセナ。しかし、天才・進の壁はそう簡単に破れるものではありませんでした。超光速での心臓バンプは、進にブロックされて失敗。さらに泥門のピンチは広がってしまいました。そんな中、ついにモンタが独自の才能を発揮させました。普通のプレーヤーは、ボールをキャッチするために、パスされたボールの方向に体を向ける必要があり...

… 続きを読む

2007-09-04 (Tue)

魔法少女リリカルなのはStrikerS #23

魔法少女リリカルなのはStrikerS #23

いよいよ機動六課の反撃開始です。今回は、スバルとティアナの戦いに燃えました!なのははヴィヴィオの元へと急いでいます。それを阻止しようとしたディエチを、ブラストモードであっさり制圧。人間離れした悪魔的な強さを見せつけました。(^^;しかし、ようやく玉座の間にたどり着いたなのはには、恐るべき試練が待っていました。クアットロの言葉と共に、ヴィヴィオの中に封印されていた聖王の鎧という力が解放されてしまったので...

… 続きを読む

* by K-kun
はじめまして

最後のヴィータの言葉にちょっと惹かれて・・・

ぶっちゃげると、あれ、心臓に刺さってましたよね・・・?普通、間違いなくあそこに刺されば即死のような・・・

私もヴィータが好きなので、生き残ってもらいたいです><
(欲を言えば、大活躍してもらいたいですが・・・(笑))

今回から、一気に急展開したので、次回が楽しみですね。
今回は、スターズの戦いでしたから、次はライトニングの戦いがメインになるのかな~

キャロ、エリオ君の戦いに期待です^^


あと、突然で申し訳ないのですが、もしよろしければ、相互リンクお願いできないでしょうか?(こちらからのリンクは貼っています)

* by 横溝ルパン
はじめまして。コメントありがとうございます。

ヴィータの状況とても気になりますよね。
私も背後から刺された時には心臓を貫かれたように見えたので、即死しているように見えました。(;_;)

ヴィータは新人さんたちの支援に駆けつけたりはありましたが、最終話までにもう一度活躍する姿を見せて欲しいですね。

次回はライトニングの戦いが楽しみですね。
フェイトさんは多分大丈夫だと思いますので^^;、私もエリオ&キャロの戦いに期待しています。ルーテシアが、これで味方になってくれるといいんですけど・・・。

それから、相互リンクの申し出ありがとうございました。早速、こちらからもリンクさせていただきました。これからもよろしくお願いします。

* by halogen
TBは帰ってからで失礼します。

>自分が傷つくことよりも、傷つけられた相手の痛みをより多く感じてしまう女の子
これは、実は漫画版では早くから言われていたのですが、戦闘機人だからという理由を知って、なるほどと思いました。
でも、そんなスバルがSAや魔法の訓練をはじめたのはなのはに助けてもらってからなんですよね。
あのときなのはにかけてもらった言葉をずっと忘れてないスバルというシーンで、何気にかなりよかったです。

>自分の弱さを認めた上でティアナが戦闘機人3人を倒す
弱さというか、今の自分にできることを正確に分析して、それを最大限生かして見事に戦っていましたよね。
今回のティアナはもう最高でした。

* by 横溝ルパン
こんばんは。いつもお世話になります。

今回はスバルとティアナの活躍がよかったですよね。(^^)

意識を失いかけたスバルが思い出したのが、自分が戦う理由だったのは燃えましたね。そんなスバルにきちんと応えるマッハキャリバーもよかったですし。

今回のティアナの戦いですが、確かにピンチに陥りながらも、冷静な判断で最適な戦い方をしていましたね。(^^)
これって、第6話だったかでなのはに教えられていた、一カ所に踏みとどまって全てを撃墜する戦い方ですよね。
厳しい訓練の成果ともいえる戦い方で、とってもよかったですね。

Comment-close▲

2007-09-03 (Mon)

風の少女エミリー #22

風の少女エミリー #22

シュルーズベリーでの生活も、冬を迎えていました。エミリーたち4人にも、恋の季節が訪れようとしていました。学生たちの間では、もうすぐ開かれるダンス・パーティの話題で持ちきりです。そして、今まで恋愛とは無縁と思われたイルゼにも、恋の兆しが見えました。しかし、イルゼの恋は相手には全く届きそうにありません。そんな時、エミリーたちにうれしいニュースがもたらされました。なんとペリーが学年トップを成績を取って、...

… 続きを読む

恋する4人 * by ある名作ファン
>将来エミリーと結婚するという夢
エミリーに気持ちを打ち明けたのに、あっさりフラれてしまうペリーがかわいそうでしたね。

>ルース伯母さんもこういう時は頼もしいです。
エミリーのために言ったのか、悪口を言う相手を探していただけなのかちょっと疑問ですが(苦笑)、ルースおばさんがエミリーの見方になってくれるなんて本当に驚きです。

>噂の大元がイブリン
「まさか、それを校長先生のところに持って行って、全校生徒の前で恥をかかせるつもりなの・・・?」
とか、自分はエミリーのことで意地悪なデマを流したというのに、自分のことは棚に上げているのが、いかにもという感じですね。
他人に負けたくない、という邪心を持っているから詩を作るのに専念できないんじゃないかとふと思ってしまいました。

ちなみに、イブリン役の夏樹リオさんは、「雪の女王」のカイと同じ人なんですよね。
ぜんぜん声がもキャラクターも違うので気がつきませんでした。
「君の髪、風みたいだ・・・・。陽だまりの中庭にふわっと吹く、風みたいだ・・・・。」
「カイ!」
のあのカイですよ・・・本当に気づきませんでした。


>テディへの想いよりも、今のエミリーにはひらめきの方が大切みたいです。
せっかくテディと一緒に踊れたのに、テディをほっぽりだして走っていってしまうエミリーに、ちょっと「オイ!」と言いたくなってしまいました。(笑)

>恋するイルゼ
「あたし、ずっと、ずっと・・・ペリーが、ペリーのことが・・・好きだったんだよ!!」
イルゼもペリーに気持ちを打ち明けられないまま、ペリーに何か言おうとすると、ついつい意地悪な言葉になってしまうのがなんとももどかしい感じでしたが、最後には複雑な四角関係(笑)も解消できたようで、本当によかったです。

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

今回のペリーはちょっと可哀想でしたよね。
でも、お陰でイルゼの秘められた気持ちを知ることができて、結果的にはよかったのかもしれませんね。(^^)

ルース伯母さんは、今回は頼もしかったですよね。(笑)
敵にすると怖いですが、味方になってくれれば強力な戦力になることがよくわかりました。(^^;

イブリン役の夏樹リオさんが、「雪の女王」のカイ役だったとは驚きました!
声優さんって、役によって本当にいろんな人間を演じ分けることができるんですね。

せっかくテディがダンスに誘ってくれたのに、創作優先のエミリーにはちょっとちょっとと言いたくなりますよね。
テディはハンサムさんですし、あまりエミリーがつれないと、他の女の子が猛烈なアタックをかけてきそうな気がします。(^^;

Comment-close▲

2007-09-03 (Mon)

汚れた英雄 第1巻・野望篇/大藪春彦

汚れた英雄 第1巻・野望篇/大藪春彦

大藪春彦さんの「汚れた英雄 第1巻・野望篇」を読み終えました。第1巻では、主人公の北野晶夫が2輪レーサーとしてのし上がってしてゆこうとする様子が描かれていました。両親を亡くし伯父の家に引き取られた晶夫は、伯父に疎まれながらも、美貌を武器に多くの女性を味方につけ、それによって得た資金を元手に拳法を習って自らの体を鍛え上げます。さらに、伯父の自転車屋の仕事を手伝ううちに、モーター・サイクルの魅力に取り...

… 続きを読む

2007-09-02 (Sun)

かみちゃまかりん #22

かみちゃまかりん #22

烏丸キリオとの戦いの後、昏々と眠り続ける和音。そんな和音を見守る花鈴の前に、再び鈴音が現れました。鈴音は、今度は1人だけでなく和音を連れていました。しかし、その和音が現れた時も、花鈴の知っている和音は眠ったまま。これは一体どういうことなのでしょうか!?鈴音と一緒に現れた和音と花鈴が出会った時、花鈴が後ろを振り向けばもう1人の和音が寝ていたわけで、思わず「花鈴、後ろ、後ろ」と言いたくなってしまいました...

… 続きを読む