日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › Archive - 2007年07月
2007-07-18 (Wed)

アイシールド21 #114

アイシールド21 #114

阿含対策として、セナに守備でも全プレイ全力で阿含にブリッツしろという指示が蛭魔から下りました。しかし、それはセナの足にとんでもない負担を強いるプレイだったのです。おおむね原作通りの展開が続いています。最初は阿含の手刀に翻弄されていたセナでしたが、蛭魔たちの夢をバカにされた怒りを思い出し、セナらしくない怒りをむき出しにした必死の形相で阿含に迫ります。そして、サイゾーを交えたドラゴンフライの変形プレイ...

… 続きを読む

2007-07-18 (Wed)

孤拳伝 覚醒篇/今野 敏

孤拳伝 覚醒篇/今野 敏

二天一流の継承者・高松孝道のところに滞在する朝丘剛は、いまだに自分がなぜ戦いで相手にとどめを刺すことができなくなったのか悩み続けています。その答えを求めて、とうとう剛は高松に真剣を使っての勝負を申し込みました。しかし、その戦いを生き抜いた剛でしたが、答えを得られぬまま高松の元から去ることになったのでした。高松から五輪の書を渡された剛は、そこに書かれている実戦的な内容には共感するものがあったようです...

… 続きを読む

2007-07-18 (Wed)

CODE-E #3

CODE-E #3

千波美と光太郎、園美の三角関係が勃発してしまうお話でした。前回いいところもあるように見えた光太郎ですが、今回はやっぱりただのマッドサイエンティストにしか見えませんでした。そんな光太郎に、千波美はひたすら振り回されるのでした。う~ん、それなりに面白くはあるのですが、表面的にドタバタしているだけで登場人物の内面が描かれないのがちょっと不満でした。光太郎に好意を寄せる園美でしたが、何と彼女は絵に描いたよ...

… 続きを読む

2007-07-17 (Tue)

名探偵コナンSP 服部平次との三日間

名探偵コナンSP 服部平次との三日間

久しぶりのSPということで録画視聴しました。内容的には、原作の2つの事件を1つに繋げたものでしたが、個人的には探偵甲子園の方が面白かったです。最初のお話は、お花見に来たコナンたちが、そこで出会った僧侶から消えた死体の謎を解明して欲しいと依頼されるお話でした。トリックは面白いのですが、実際にあのトリックを使ったら血の臭いでバレそうな気がしました。(^^;そして2つ目が探偵甲子園です。せっかくアバンに事件...

… 続きを読む

2007-07-17 (Tue)

英國戀物語エマ第二幕 #8

英國戀物語エマ第二幕 #8

エマはハンスにドロテアの元へと連れ帰られました。そして、ウィリアムはエレノアに直接2人の関係が終わったことを告げるのでした。故郷の海岸へと戻ってきたエマ。自殺するつもりなのかと思ったら、そういうわけではなかったようです。でも、あの状況じゃあハンスじゃなくてもそう思いますよ。(^^;相変わらずエマの前では、何を話したらいいのか困ってしまうハンスですが、彼もエマと同じくかなり厳しい子供時代を過ごしてきたよ...

… 続きを読む

2007-07-17 (Tue)

魔法少女リリカルなのはStrikerS #16

魔法少女リリカルなのはStrikerS #16

ついに公開意見陳述会が開始されました。そして、Dr.スカリエッティの指示でナンバーズとルーテシア、ゼスト、アギトが動き出しました。公開意見陳述会の会場には、なのはたちが先行して乗り込むことになりました。これまでそんな経験のなかったヴィヴィオは心配そうです。そんなヴィヴィオに、なのはは明日には戻ってくると優しく微笑むのでした。今シリーズではなのはたちが成長してしまったので、ヴィヴィオの存在が本当に和み...

… 続きを読む

* by halogen
>デバイスの携帯
全体をAMFで覆ってしまうつもりのようなので最初からあまり関係ない気もしますけど。
どのあたりまで計算に入れていたのかは気になりますね。
まぁスカリエッティのことですから無駄に自信持ってやってそうにも思えますが(笑)。

>ターゲットになっているのはエリオとキャロ、後はスバルでしょうか!?
これは気になりますよね。
キャロがターゲットになる理由が今ひとつで、むしろプロジェクトF絡みならフェイト、戦闘機人云々ならギンガも怪しいかなと。

>レリック以外にヴィヴィオの身にも危険が
というより、聖王の器であると考えられているヴィヴィオの方が本命という感じも。
主力ザフィーラとなるかも知れない状況で、何処まで守りきれるのやら・・・。

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

スカリエッティの無駄に自信満々な態度って、いかにもマッドサイエンティストという雰囲気でいいですよね。(^^;

スカリエッティのターゲットが誰なのかも気がかりですね。エリオと同じくフェイトに保護されていることでキャロと考えていましたが、確かにキャロはプロジェクトFとも戦闘機人とも無関係ですね。

>ヴィヴィオの方が本命
これは確かにそうですね。レリックは目的を達成するための道具という感じですね。
もしかして来週は、SSに入ってから影が薄かったザフィーラがメインということもありえるのでしょうか!?(^^;

先が読めなくなって、ますます次回が楽しみですね。

Comment-close▲

2007-07-17 (Tue)

彩雲国物語2期 #14

彩雲国物語2期 #14

邪仙教に囚われた村人たち、そして影月君、香鈴を助けるために、秀麗はシュウランに香鈴への伝言を託しました。それは病気の村人たちを睡眠薬で眠らせて、死んだことにして洞窟の外へと運び出させる作戦でした。このところ影が薄かったですが、この作戦の裏側では静蘭が動いているようです。死体を処分するために外に出た番人たちを倒して、静蘭たちが番人に変装して内部に潜り込むつもりのようです。そして、今回の主役は香鈴でし...

… 続きを読む

2007-07-17 (Tue)

精霊の守り人 #15

精霊の守り人 #15

精霊の守り人であるチャグムに災いをもたらすラルンガ。その情報を求めて、バルサたちはヤクーの語り部に会うために出かけることにしました。一方、都ではシュガが闇の中で聖導師ナナイの碑文を読み解いています。そして、ついにシュガはチャグムの生死を確かめる手段を見つけるのでした。今回は、チャグムやバルサたちよりもシュガがメインのお話でした。石碑の間に閉じこめられても、石碑の解読を止めようとしないシュガは凄いで...

… 続きを読む

2007-07-16 (Mon)

孤拳伝 春秋篇/今野 敏

孤拳伝 春秋篇/今野 敏

美作竹上流の道場で鉢須賀に敗れた朝丘剛は、放浪を続けるうちに1人の女性と一夜を共にしました。それ以来、剛から刺々しさが薄れ、人間らしさが見られるようになりました。そして、宮本武蔵の話を聞かされた剛は、武蔵にゆかりのある熊本のお寺を訪ねることになりました。そこで二天一流の継承者である高松孝道という僧侶と、剛は出会うのでした。横浜では、李兆彩の秘書・陳麗娜にそそのかされた松任組の組長が、剛を手に入れよ...

… 続きを読む

2007-07-16 (Mon)

ぼくらの #14

ぼくらの #14

ウシロと田中さんの繋がりが明らかになったお話でした。怪しげな男たちに取り囲まれた子供たち。彼らは、ジアースの技術を狙った他国のスパイだったようです。そして、ジアースの技術を利用しようとしていたのは、日本政府も同じだったのです。そんな中で、田中さんが子供たちの味方をするのには、ある理由がありました。カナから頼まれたウシロの本当のお母さん捜しを、田中さんは実行していませんでした。それは彼女にとっては調...

… 続きを読む

* by ちはや
今回は戦闘もなくて誰も死ななかった回でしたね。
こーゆー展開の時は普通は面白くなくなるはずなんですが、なぜか次々に展開される新しい事実とみんなの行動に目を奪われてしまいました☆

非戦闘シーンでこれだけ引きつけれるとは上手いですなあw

* by 横溝ルパン
こんばんは。いつもお世話になります。

地味なお話でしたが、ジアースに集められた子供たちの人間関係の面白さで、最後まで面白く見られたお話でした。

でも、地味な分いつもより見終わった後で憂鬱な気分になりました。(^^;

Comment-close▲

2007-07-15 (Sun)

風の少女エミリー #15

風の少女エミリー #15

今回は、怪奇と幻想の少女エミリーといった感じのお話でした。(^^;ナンシー大伯母さんから、エミリーの写真を送れという依頼がありました。きれいにおめかしして写真を撮られるエミリーでしたが、写真屋さんにあまりあれこれ指示を出されるのでむくれた顔で写真に写されてしまいました。エリザベス叔母さんから、その写真をナンシー大伯母さんに送りなさいと言われましたが、エミリーはこっそりテディに描いてもらった絵を郵送して...

… 続きを読む

2007-07-15 (Sun)

Yes!プリキュア5 #23

Yes!プリキュア5 #23

のぞみの失敗が原因で、5人が険悪な雰囲気になってしまいました。そんな中、ギリンマの決死の攻撃がプリキュアチームに襲いかかります。今回は趣向を変えて、キャラ別に感想を書きたいと思います。のぞみは、相変わらずの不器用&ドジ娘っ子ぶりを発揮していました。ピンク色キャラのお約束ではあるのですが、このところミルクに振り回されてちょっと可哀想かも。そして気球の話と同様、のぞみが落ち込んだ時にはココの出番です。...

… 続きを読む

2007-07-15 (Sun)

電脳コイル #10

電脳コイル #10

イサコはキラバグを手に入れ、サッチーさえも制圧できるほどの力を身につけました。そして、ヤサコたちはハラケンの情報を元に、カンナの日記を探し当てるのでした。ようやくイサコの目的が少し明らかになりました。キラバグを集めて、臨界量を超えると何かが起こるようです。空間管理局のオバちゃんすら手玉にとったイサコが、なんだか無茶苦茶格好いいんですけど・・・。これだけでもおいしいキャラなのに、そんな女王様っぷりと...

… 続きを読む

2007-07-14 (Sat)

地球へ… #15

地球へ… #15

仮死状態になったトォニィとフィシスを人質にして、キースが逃亡します。そして、久しぶりにブルーが目覚めました。ブルーが本当に久しぶりに、お目覚めです。どんな活躍をしてくれるのかと思ったら、長い間ふせっていたせいですっかり体が弱ってしまっていました。(^^;それでも、混乱するだけのシャングリラの中で、キースの逃走ルートを予測して待ち伏せしていたのはさすがですね!一方、シャングリラ内ではカリナがトォニィが死...

… 続きを読む

2007-07-14 (Sat)

ラブ★コン #14

ラブ★コン #14

大谷がリサとキスした記憶がないことで、リサのご機嫌は超ななめです。そんな時、リサたちのクラスに副担任のマイティがやって来ました。大谷へのやり場のない怒りから恋愛ゲームに逃げて、怪しいオーラを放っているリサ。(^^;今回は切れたリサの表情が怖くて、ちょっとホラー風味でした。そんなリサの前に、突如としてバラを背負って寒いセリフをはくキャラが現れました。彼はなんとリサたちの副担任だったのでした。ここまで見た...

… 続きを読む

* by ちはや
リサの「大谷のこともう忘れる」宣言は何度目か忘れましたが、今回のはけっこう本気かもしれませんね。キスされて記憶ないとか言われると、あの頃は傷つくだろうしなあ。
いまくらいだと全然平気ですが(ヲイ

マイティは期待したいキャラですが、ちょい役キャラは全て消えていったこのアニメ、どれだけ持たせてくれるかちょい微妙w

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

そういえば、リサの忘れる宣言は以前にもありましたね。(^^; 天然でマイペースな大谷の側で、リサだけ浮き沈みしている構図が定着してきましたね。

マイティ、いいキャラですよね。(^^;
最初、先生じゃなくて生徒かと思ったので、どこのホスト部だ(笑)と思ってしまいました。

聖子も遙も、最初のインパクトは強かったのに、今では物語から置いてきぼり状態なので、マイティも同じ運命をたどるのでしょうかねえ。

* by rainball
原作では、たま~に遙もマイティも復活してメイン張ってますよ。
特に、マイティは原作の最後の方で割とおもしろい展開に持ちこみますし。
いまのぼ~っとしてて、唇を奪われてばかり(笑)の大谷から考えると、原作の最後の方の大谷は、「やっぱ男だもんな、うんうん。」な感じで楽しいです。
女性の共感は、どこまで呼ぶか??ですが。
・・・ただ、アニメでは放映されるかなぁ?

* by 横溝ルパン
はじめまして。コメントありがとうございます。

遙もマイティもこの先ちゃんと出番があるんですね。聖子も遙もインパクトが強かった割にはあっさり脇キャラになったので、マイティもその流れで消えていくのかと思いました。(^^;

原作は既に完結しているようなので、アニメも最後まできちんと放映して欲しいですね。

Comment-close▲

2007-07-14 (Sat)

孤拳伝 龍門篇/今野 敏

孤拳伝 龍門篇/今野 敏

劉老師や由佐肇に敗れた朝丘剛の放浪は続いています。そして、彼だけでなくライバルたちの状況にも変化が起きています。第6弾の主役は、剛よりも鉢須賀でした。かって道場破りをした修拳会館で、彼は白帯から一気に黒帯二段となり、師範の緋田の元で門下生の指導にあたるようになっていました。この異例ともいえる昇段は修拳会館でも問題視されそうでしたが、緋田には修拳会館とは別の流派を興そうという目的があったのでした。そ...

… 続きを読む

2007-07-13 (Fri)

アイシールド21 25巻

アイシールド21 25巻

神龍寺戦と同じく、王城戦も一気読みしたかったので、もう少し先まで読むのを封印しておこうかと思いましたが、アニメのアイシールドの神龍寺戦の出来が今ひとつだったので、メインを原作に置くことに決めて封印を解いてしまいました。(^^;王城の新フォーメーション・バリスタ。進がリード・ブロッカーに加わることで、こんなにも攻撃力が増すとは思いませんでした。高見がどこから攻撃するか事前に予告しての、蛭魔との頭脳戦も地...

… 続きを読む

2007-07-13 (Fri)

かみちゃまかりん #15

かみちゃまかりん #15

林間学校に来ていた花鈴たちですが、なぜかそこには烏丸キリオの姿がありました。指輪を守るため、花鈴は和音の持っていた衣装を使ってお蝶夫人(?)のコスプレをするのでした。(^^;花鈴たちがキャンプに来ていたのが、林間学校だとBパートを見るまでわからない凄い構成のお話でした。(笑)1年生だけでのキャンプのようですが、そこにはなぜか臨時生徒会室がありました。烏丸キリオの姿を見かけた花鈴は、和音の提案でお蝶夫人のコ...

… 続きを読む

2007-07-13 (Fri)

銀魂 #64

銀魂 #64

今回は銀魂というより、桂魂というかヅラ魂という感じの内容でしたね。(^^;花野アナから1日密着取材を受けることになった桂さん。いきなりヅラじゃない桂だと正体をバラすわ、変装の名人だから顔にモザイクかけるなとか、挙げ句の果てはその変装をあっさり取っちゃうわ、大暴走してました。(^^;おまけに、取材中にもかかわらず真選組の沖田が何度も襲撃してくるわ、桂の仲間の攘夷志士たちは情報交換と称して芸能情報の交換をして...

… 続きを読む

2007-07-12 (Thu)

ロミオ×ジュリエット #15

ロミオ×ジュリエット #15

ペトルーキオが死に、ロミオは再び鉱山で孤立し無力感にさいなまされていました。ロミオにできるのは、ペトルーキオの家族に彼の遺品を届けることくらいでした。ネオ・ヴェローナでは、相変わらずジュリエットの捜索が続いていました。憲兵たちは、赤毛の娘を問答無用で調べることにしたようです。そして、今回憲兵たちが押し込んだのは、風邪をこじらせて亡くなってしまった赤毛の娘の家でした。憲兵たちのあまりの無法ぶりに、コ...

… 続きを読む

2007-07-12 (Thu)

アイシールド21 #113

アイシールド21 #113

神龍寺の圧倒的な力に、泥門は前半で32点という大きな差をつけられてしまいました。そして、泥門のピンチに、ついに伏兵雪光さんの登場です!雪さんの試合初出場から初得点は、原作ではもの凄い燃える展開だったのですが、アニメでは何だかあっさりしていて残念でした。デスゲームに話数をかけるなら、どうしてこういういい話をじっくり描いてくれないのかなあ。(涙)できれば、今回は泥門が一方的にやられるところだけを描いて、次...

… 続きを読む

原作6話分かぁ…… * by 三上藤花
 おひさしぶりです~。いつもTB感謝です(そして、返せなくてごめんなさい……)。
「日々のたわごと」の三上藤花です。

 ようやくこの回の放送だったんですが、省略多いですね……。今回の内容は2回に分けても良いだろうってくらいな内容なんですけど、それをマッハで飛ばすとは……。
 観客席の描写とか、いろいろと残念な点が多いのが悲しいです。
 じつは先週放映段階で、『来週はひどい』って聞いていたので、『思ったよりはマシか』とも思って、うちのブログではそれなりに落ち着いた調子で書いたのですが、よくよく考えると、オンサイドキックと雪さん初登場は落としちゃ駄目でしょうと(それを言ったらこの先の展開全部だが)、ちょっと半泣きです。

 来週も一応覚悟して見ます……
 また、よろしくお願いします。

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもTBの調子が悪くてご迷惑をおかけします。

この回は、なんでこんなに短縮したの!?と思えるような内容でしたね。
特に、記事にも書きましたが、雪さんがらみが大幅にカットされていたのには泣いてしまいました。(;_;)

次回は、今回よりマシだったと思います。
とはいえ、原作がよすぎるので、どうしても不満が出てしまうんですけど。(^^;

Comment-close▲

2007-07-12 (Thu)

孤拳伝 群雄篇/今野 敏

孤拳伝 群雄篇/今野 敏

劉老師に続いて、由佐肇に敗れた朝丘剛は、神戸に流れ着きました。そこで元ヤクザの情婦だった本庄冴子という女性にボディガードとして雇われることになりました。剛はより強い相手を求めて戦い続けています。本庄冴子のボディガードになったことで、再びヤクザと争うことになりましたが、そこには剛の相手になる人間はいませんでした。その頃、かって闇試合で剛と戦った鉢須賀は、白帯ながら所属する団体の大会に出場することにな...

… 続きを読む

2007-07-11 (Wed)

英國戀物語エマ第二幕 #7

英國戀物語エマ第二幕 #7

ウィリアムは、とうとうエレノアに婚約を破棄したいと告げてしまいました。そしてエマも、エレノアの婚約破棄の原因が自分だと知って悩むのでした。今回は、ウィリアムの身勝手さが目に付いたお話でした。父親とのやり取りで、両親の過去の話を持ち出すのは筋違いな気がしましたし、キャンベル子爵に婚約破棄の申し出に行ったときの態度も、とても過ちを犯した者の対応とは思えませんでした。ウィリアムは本当にエレノアにすまない...

… 続きを読む

2007-07-11 (Wed)

CODE-E #2

CODE-E #2

光太郎に自分の体質の秘密に気づかれてしまった千波美。彼女は光太郎を避けようとしますが、科学は人を幸せにするためにあると信じる光太郎は、あくまでも千波美につきまとうのでした。千波美が学校の機器を破壊してしまったことで、翌日は休校になってしまいました。父の勧めで町の散策に出た千波美でしたが、その途中で最も出会いたくない巫光太郎と出会ってしまいました。マッドサイエンティストな雰囲気が漂う光太郎の自宅が、...

… 続きを読む

2007-07-10 (Tue)

魔法少女リリカルなのはStrikerS #15

魔法少女リリカルなのはStrikerS #15

今回はスバルとギンガがメインのお話でした。そして平和な日々の裏側で、いよいよDr.スカリエッティたちの思惑が動き出しそうです。機動六課にギンガとマリエル技官が出向してきました。出向早々、ギンガはスバルの成長を確かめるために模擬戦を行うことになりました。なのはたちのスパルタ訓練の甲斐あって、スバルはギンガの予想以上に腕を上げていました。ギンガの拳がスバルにはいったかと思ったら、なんと直前でスバルはそれ...

… 続きを読む

* by halogen
ギン姉とスバルの戦いは見応えありましたよね。
ギン姉好きとしてはかなり嬉しかったです。
隊長陣との模擬戦ときいて目を丸くしてたのは面白かったですよね。

>2人の戦いは思いっきり森林破壊
いつもと同じ訓練場なら、多分作り物なので問題ないのではないかと。
ちょうど3話などで廃棄都市街を魔法で作り出していたような感じのやつで。

>対応の違い
珍しく意見が対立してましたよね(笑)。
なのはの冷静さ、厳しさは流石教導隊という感じすらありました。

>2人のお母さんが亡くなった事件の詳細
この事件は思いのほか深く関わっていそうで、きっと語られるはず。
辛い内容である可能性が高い気がしますけどね・・・。

* by 通りすがり
>ゲイズ中将、はやてのことを犯罪者呼ばわりしてましたが、実際は自分の方が犯罪者なんじゃないでしょうか。

あれだけ犯罪者毛嫌いしてる人間が犯罪に手を染めるのは考え難いので合法の範囲内のものでしょう。
本局は現状の地上本部の武力ですら危険視してるようですから、そこにさらに「次元航行部隊や希少技能保有者に頼らずとも済む」ようになる新兵器なんて発表した日には批難ゴーゴー間違いなし。
それゆえに「理解を得るには時間が掛かる」と言ってるのだと思います。

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

スバルとギンガの模擬戦、本当によかったですね。迫力もありましたし、その上でスバルとギンガの仲の良さも伝わってきましたし。(^^)

2人が戦っていた森林は、やはり作り物なのでしょうね。(^^;
訓練のたびに盛大に木がなぎ倒されていたら、やっぱり問題でしょうし。(笑)

なのはとフェイトのヴィヴィオの教育方針の違いも楽しかったですね。
こういうささいなところで対立すると、なのはとフェイトが余計にラブラブに見えます。(^^;

スバルとギンガのお母さんの事件は気がかりですね。2人にとって、とても辛い過去のようなので、興味がありながらも聞くのが怖いような気もします。

* by 横溝ルパン
こんばんは。コメントありがとうございます。

先のコメントへのお返事を書いたのと、全く同じ時間にコメントが書き込まれていて驚きました。(^^;

ゲイズ中将は、単に陸の兵力を強化して自分たちの影響力を拡大したいだけなのかもしれませんね。
ただ、個人的に好きな^^;はやてのことをひどく言っているので、いつか権力の座から転落するところを見たいのかも。(笑)

Comment-close▲

2007-07-10 (Tue)

精霊の守り人 #14

精霊の守り人 #14

これまで番外編的なお話が続いてきましたが、ようやく精霊の卵と精霊の守り人のお話へと戻ってきましたね。冒頭はいきなりトロガイ師から。水の民から情報を得て、チャグムに宿った精霊の卵が無害なものであること。そして、卵喰いラルンガの名前がとうとう登場しました。さらに都では、密かに聖導師ナナイが残した碑文を読み解いたシュガが、建国正史は事実を伝える物語ではなく、支配者の都合のいいように事実をねじ曲げた物語だ...

… 続きを読む

2007-07-10 (Tue)

孤拳伝 流浪篇/今野 敏

孤拳伝 流浪篇/今野 敏

劉老師に敗れた朝丘剛は、再び放浪の旅に出ました。その旅の途中、剛は伊賀忍術を研究する木暮という人物、柳生新陰流を極めようとしている笹辺という武術家と出会うのでした。第4弾では、日本の古流武術がいろいろと登場しました。ボクシングやフルコン空手などとは違ったスポーツではなく、武術として全く別の体系を持っている古武術の紹介が面白かったです。それらの武術に触れたことで、剛から殺伐とした雰囲気が消えて、純粋...

… 続きを読む

2007-07-09 (Mon)

彩雲国物語2期 #13

彩雲国物語2期 #13

いよいよ秀麗たちが石榮村の邪仙教から、影月君や香鈴、村人たちを救い出すために動き始めました。冒頭は、劉輝が璃桜をお茶に誘っていました。(^^;秀麗に声をかけたり、劉輝の前に現れたり、璃桜の目的は今ひとつはっきりしません。しかし、今回の邪仙教の一件に彼は直接関わっているわけではなさそうですね。背後で動いているのは、縹家の女性らしいですが、一体どんな目的で秀麗や影月君を必要としているのでしょうか!?続いては...

… 続きを読む

2007-07-08 (Sun)

風の少女エミリー #14

風の少女エミリー #14

長い冬が終わり、春がやってきました。エミリーたちは、日曜学校で海辺にピクニックに行くことになりました。これまで雪に閉ざされて動き回れなかったせいか、エミリーはピクニックをとても楽しみにしていたようです。小学生が遠足を前に浮き浮きしているような感じでしたね。(^^;ところが、出発の時間になってもイルゼがやって来ません。ローダたちはイルゼは寝坊したんだとエミリーたちをからかいますが、ギリギリになってイルゼ...

… 続きを読む

* by ある名作ファン
>今回は、イルゼの魅力が爆発していたお話でした
本当にイルゼはいい子ですよね。お父さんの用事で遅れてしまったのに言い訳しようとしないし、エミリーにアイスを台無しにされても、エミリーと仲直りしようとアイスを作ろうとしたり、最後に桜貝をくれたり・・・。
あっけらかんとしていて、とてもすがすがしい性格で、見ていてとても心地よいです。

一方で今回のエミリーの気持ちは、自己中すぎてちょっと同情しにくいです・・・。
イルゼはエミリーが怒ったときにすぐに「エミリー・・・。ごめん、あたし。」と謝っているのに、
アイスを落としたとき、エミリーは、「つぶれたアイスクリームと同じように、なくした言葉は二度と戻らない!」
と、詩のことしか考えていないし、

エミリーが怒って行ってしまった後も、イルゼはエミリーの詩には魅力があるということを分かってる、とテディに言って、またアイスを作ろうとしているのに、
エミリーはペリーに言われるまでイルゼと絶交すると怒っていて、後でイルゼと会ってもつむじを曲げているし、

最後に灯台にイルゼを探しに行ったときも、イルゼは「ごめん、あたし氷なんか・・・。」と無条件に謝っているのに、エミリーはというと、「でも分かって!言葉は私にとって、とても大事なものなの!友情と、どっちが大事って聞かれたら、困るけど・・・。」と言っています・・・。
(そんなことはイルゼはちゃんと分かってくれているとテディに聞いた後なのに・・・。)

詩がとても大事なもの、というエミリーの気持ちも分かるのですが、最近のエミリーはなんだか詩のこと以外を考えなくなってきたので、ちょっと心配です。(詩を投稿したときもジミーさんがかばってくれたのを誤解して怒っていましたし・・・。)

一方で「名誉あるコンテスト」や「お母さんの部屋」「四人のスケッチ」のときは、そんなに自己中でもないんですよね。脚本を書く人によって、エミリーの性格付けが微妙に違うのかなあと思ったりもします。

各話のスタッフデータ
http://eg.nttpub.co.jp/anime/nhktveml1_story.html
確かに同じ人の脚本のときは、同じような雰囲気やキャラクターの性格なのかなあと思うのですが、どうでしょうか?


>「アボンリーへの道」
知ってます!アボンリーへの道は私も好きですよ!エミリーの衣装は、どちらかというと「アン」よりも「アボンリーへの道」で出てきた衣装とそっくりですね。

アン関連というと、世界名作劇場も(BSとBIGLOBEで)復活したことですし、「イングルサイトのアン」をアンの続編で作って欲しいなあと思っています。(こどもたちがたくさん出てきて、なかなか楽しいアニメになると思うのですが・・・。)

PS:最近忙しくなり、ちょっと更新が滞っています。これから各話あらすじも忙しい期間はお休み、もしくは省力化するかもしれませんが、そのうち復活しますので、これからもよろしくお願いします。。

* by 横溝ルパン
こんにちは。お忙しい中、コメントをいただきありがとうございました。

イルゼは気持ちのいいくらいさっぱりした性格ですよね。(^^)
イルゼはケンカしても、基本的にはエミリーが一番大切なのに、エミリーはイルゼよりも詩の方を大切にしてしまうことがありますね。

これは性格的な違いもありますが、エミリーは既に創作という譲れないものを持っているのに、イルゼはまだ明確な目的がないことが影響しているのかもしれませんね。

それから、脚本家の違いによる性格の微妙な揺れって確かにありますよね。
今回の脚本を担当された丸尾さんが書かれると、イルゼがいつも以上に光るんですよね。

ある名作ファンさんも「アボンリーへの道」をご覧になられていてうれしいです。(^^)
確かに衣装のデザインは、アボンリーの影響を感じますよね。

私はアン・シリーズは、最初の2~3冊しか読んでないんです。(^^;
ちょうど社会人になる前後に読んでいたので、忙しくなって途中で挫折してそのままになっちゃってるんですよね。

P.S
忙しい時にきちんとあらすじ書きをお休みされるのはいいことですよね。私はつい妥協して感想を書いてしまうことがあるので、後から読み返して「しまった」と思うことがありますので。(^^;
それでは、こちらこそ今後ともよろしくお願いします。

Comment-close▲

2007-07-08 (Sun)

孤拳伝 烈風篇/今野 敏

孤拳伝 烈風篇/今野 敏

シリーズ第3弾は、上下2冊の大作でした。横浜に戻ってきた朝丘剛は、以前にいたヤクザの松任組のスカウトに目をつけられて闇試合に出場することになりました。そこでは様々な格闘のプロたちが、本当のルールなしのデスマッチを行うのです。そこで武道を極めるために傭兵になって戦ってきた鉢須賀了太と戦った剛は、勝つためには手段を選ばない非情な戦闘マシンへと変貌してゆくのでした。これまでのシリーズでは、剛の対戦相手が...

… 続きを読む