日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

雪光さんを絡めて、原作にもあった阿含と雲水の関係を描いたお話でした。

雨の中、雲水が特訓しているのを見かけた雪さん。自分も雲水のように努力して、試合に参加できるように頑張ろうと考えましたが、雲水は雪さんが考えたのとは全く別の理由でアメフトをやっていたのでした。

デビルバッズの秘密兵器な雪さんが、雲水と因縁を作ってしまっていいのかと思いましたが、原作にはない方向でアニメなりの感動が得られればと思って、できる限り好意的に視聴したつもりです。

しかし、雲水が鉛入りのボールを雪さんに投げて、取ってみろと挑戦してくるのを見てがっくりしてしまいました。雲水の覚悟は、あくまで彼の個人的なもので、雪さんに話さなければならないものじゃないですよね。

次回から神龍寺戦に向けて動き出すようですが、今回のお話を見てアニメでこの先を見るのがますます怖くなりました。(^^;
ひとひらオリジナルドラマ&BGMアルバムvol.2 [野乃編]ついに、今回でこの作品も最終回です。(;_;)

卒業してゆく野乃たちに、思いを伝えたいと思う麦。しかし、どうやって何を伝えたらいいのか、なかなか答えが出せません。
そんな中、演劇部と演劇研究会の合同の卒業生を送る会が開かれました。その会の途中で、野乃は演劇部を分裂させてしまったことを、みんなに詫びるのでした。あの野乃先輩が、みんなの前で頭を下げるとは思いませんでしたので、これはかなり衝撃的なシーンでした。(^^;

そして、オリナルはついに桂木先輩に自分の思いを伝えます。しかし、桂木先輩の思いは、どうしても野乃から離れられないようです。最初は単なるお騒がせキャラかと思ったオリナルですが、ここ数話で本当にいいキャラになりました。
桂木先輩に振られて悲しくないはずないのに、先輩の早口言葉を聞いて何事もなかったように笑顔で部屋に戻ってくるオリナルは、健気で強いですね。この先、桂木先輩以上に素敵な人と出会えるといいですね。

卒業式の日、麦は野乃へと手紙を書きました。ピンクの封筒で、ラブレターのようにも見えましたが^^;、美麗が作ったプリマヴェーラの衣装のことを野乃に知らせる手紙だったようです。
そして屋上で対峙する麦と野乃の場面から、超演出がスタートします。2人の目の中に、これまで過ごしてきた日々が駆け抜けてゆきます。

ヴィジョンの中に舞台に立った野乃がプリマヴェーラを演じている場面がありましたが、これは野乃の思いを受け取って麦がプリマヴェーラを引き継いだということでしょうか!?
そして、麦は演劇研究会の張り紙と共に、自分を演劇に導いてくれた野乃に感謝の言葉を贈るのでした。

屋上から野乃、桂木、理咲、美麗に、大声で「ありがとうございました」と告げる麦の姿には、この1年の成長が凝縮されているようでした。
そして上級生になった麦。詳しくは描かれませんでしたが、彼女はちとせと共に演劇部で頑張っているようですね。そんな麦を見守る甲斐。彼らも後輩たちにひとひらの思いを残して、ここから巣立ってゆくことになるんでしょうね。

最初は、麦×野乃の百合展開めあてで軽い気持ちで見始めた作品でしたが^^;、中盤からかなり真剣に物語に引き込まれてしまいました。特に、美麗と野乃の対立の真相が描かれてから、演劇研究会が解散になるまでの流れがとってもよかったです。また、少し唐突感はありましたが、麦と佳代のお別れもよかったです。

全体的に振り返ると、OP&EDの主題歌と共に音楽がとってもよかったです。登場人物の心情描写と音楽の合わせ方がうまくて、何度もほろりとさせられました。それに舞台のお芝居を意識したような演出も印象的でした。

来週から「ひとひら」が見られないと思うと、なんだか寂しいです。派手な作品ではありませんでしたが、心に残る作品を見せてくださったスタッフ&キャストの方々、ありがとうございました。
このところFC2の調子が今ひとつだと思っていたのですが、先ほどアクセスしたら昨日書いた「魔法少女リリカルなのはStrikerS」と今日書いた「ひとひら」の記事が消えてました。(;_;)

両方とも結構気合いを入れて書いた記事だったので、ダメージが大きかったです。何かの拍子で復活してくれることを祈りつつ、ダメだったらもう一度記事を書き直します。記事と一緒に、せっかくいただいたコメントやTBも消えてしまいました。せっかく送ってくれた方々には、本当にごめんなさいです。