日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


OLIVIA inspi' REIRA(TRAPNEST)(CD+DVD)(枚数限定生産盤)アニメ「NANA」の歌レイラ、OLIVIAさんが歌うトラネスの曲を集めたアルバムです。アニメと連動したアルバムではありますが、いい曲揃いなのでアニメや原作を知らなくても楽しむことができる1枚だと思います。

このアルバムには、アニメで使われながらも、iTunes Store ではまだ販売されてない「Shadow of Love」や「Winter Sleep」も収録されていて、ようやくフルバージョンが聴けて感激しました。

「Winter Sleep」は、「NANA」のEDで聴いた時からいい曲だなあと思っていたのですが、通しで聴くとOLIVIAさんの歌声が胸に染み入る感じで、さらに大好きな1曲になってしまいました。
アルバムには、まだアニメで歌われたことのない曲も収録されていましたが、これらの曲がいつかアニメに登場することがあるのでしょうか!?

後半には、ライブ・バージョンの曲が収録されていました。amazonのレビューを読んで知ったのですが、その中の「Recorded Butterflies」は、第18話でナナとハチがトラネスのライブを観に行った時に流れた曲でした。
それを踏まえた上で聴いてみると、ナナとハチが手を握り合って蓮の姿を見つめている場面の感動を思い出して、録画してあったDVDを引っ張り出して18話を視聴しなおしてしまいました。(^^;
ブラッククリスタルキングが、とうとうロイヤルワンダー学園にも攻め込んできました。クライマックスにふさわしい、とても緊迫したお話になりました。

ブラック学園は、元々はホワイト学園という名前だったのでした。仲間になったことで、ブラックからホワイトへと名前も変更されて、ホワイト学園長もすっかりファインやレインたちと仲良くなりました。
改心したビビンのキャラが、アルテッサと被っていたのには笑ってしまいました。(^^;

そして驚いたのは、エドチンが当然のような顔をしてビビンと一緒にいたことです。
てっきりブラッククリスタルキングの手下になると思っていたので、この展開は本当に意外でした。
さらに驚いたのは、そんなエドチンをファインとレインが当たり前のように受け入れたことです。ファインとレインの底抜けの人の良さに、思わずほろっとさせられました。(/_;)

エドチンの愛しいプリンセス・スワンの絵は、ブラック星にあることがわかりました。
今までみんなにさんざん迷惑をかけてきたエドチンでしたが、そんなエドチンのために、ファインとレインは絵を取り戻すためにブラック星に行こうとするのでした。

しかし、それよりも早くブラック星で力を蓄えてきたブラッククリスタルキングが、とうとうロイヤルワンダー学園へと攻め込んできました。グランドユニバーサルプリンセスに変身して対抗しようとするファインとレインでしたが、ブラッククリスタルキングの圧倒的な力に2人の魔法も全く通じません!

学園の生徒たちや教頭、ホワイト学園長たちが、次々とアンハッピーフルーツに食べられてしまいました。
ティオも前回に引き続いて登場しましたが、修行の成果を生かせず、出てきた途端に食べられてしまったのが悲しかったです。(この調子で最後までがんばって登場して欲しいです)

アンハッピーフルーツに取り込まれた学園の生徒たちを救うために、ファインとレインはブラッククリスタルキングの要求を受け入れて、他の生徒たちの身代わりとして2人だけで学園の中へと消えてゆきました。
ファインとレインは、ブラッククリスタルキングの弱点を突き止めて、宇宙に平和をもたらすことができるのでしょうか!?

この緊迫した展開の中で、ファインとレインの身代わりになるために、女装しようとするブライトとシェイドに大笑いさせられました。ビジュアル的には、女装したブライトとシェイドの方が、ファインとレインよりも色っぽかったようなのは気のせいでしょうか。(笑)

久々に登場したおひさまの国では、オメンドが何やらファインとレインの助けになりそうなものを発明していたようです。この展開は唐突な気もしましたが、以前にブラッククリスタルにふしぎ星を支配されそうになった経験から、プロミネンスの力を強化していたのでしょうか!?
もしかして、久しぶりにプロミネンス・ドレスアップするファインとレインが見られるのでしょうか。次回が楽しみです。