日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


火原先輩の復活と柚木先輩のイギリス出発(涙)が描かれたお話でした。

香穂子は復活したものの、相変わらず火原先輩は元気がありません。優勝を目指して演奏することに、火原先輩は疑問を感じ続けていて、その思いから抜け出すことができなくなっていたのでした。
柚木先輩の言う「音が変わった奴がもう1人・・・」は、月森ではなく、火原先輩のことだったんですね。(^^; 前回の流れだと、てっきり月森のことかと思いました。

今回も上手いなあと思ったのが、火原先輩が元気がない場面ではちゃんと演奏にも元気がなく、復活した途端にキラキラと輝くような元気な音になったことです。
香穂子の下手になった演奏も、ちゃんと誰が聴いてもそうわかるように演じられていますし、こういった細かな部分で各演奏者の方々が頑張っているのが、作品の質を高めることに貢献していますね。(^^)

今回の見所は、中学生の火原先輩でした。今でも純真ですが、中学の頃はさらに純真でキラキラした笑顔を振りまいていたんですね。
火原先輩の陸上部時代の友人・勇君ですが、何となく彼の火原先輩を見る視線には友情以上のものを感じました。こんなに火原先輩のことを思っているのに、先輩の気持ちはトランペットを吹く先輩のところにあるのが切ないですね。(/_;)

謎の過去を持つ金澤先生ですが、今回は落ち込む火原先輩にいいアドバイスをしていました。誰かと競うのではなく、昨日までの自分自身と競う。そんな風にがんばってゆけば、どんどん理想の自分に近づいて行ける気がしました。このところ、私自身ちょっと落ち込んでいたので、この言葉に元気を分けてもらいました。(^^)

月森と土浦は、何気に仲がいいですね。やはり、これは月森×土浦エンドの伏線なのでしょうか!?(^^;
そして、天然コンビの冬海ちゃん×志水君。2人のやり取りのすれ違い加減が絶妙でした。(笑)

そして、今回最大のイベント・柚木先輩のイギリス出発が描かれました!!!
行くことを匂わせているだけで、最後はおばあさまに逆らうと思っていたのですが、あっけないくらい簡単に行っちゃいましたね。(泣)

留学前日には、例によって香穂子を拉致。(^^;
柚木先輩の本音としては、香穂子に「行かないで」と引き留めて欲しかったのでしょうか。でも留学してもフルートは止めないでという香穂子の言葉には、何か心を動かされていましたね。
これが後の展開の伏線になってくれるといいんですが・・・。

外れることを承知で今後の展開を予想すると^^;、最終セレクションの途中で、突如柚木先輩が「日本にまだやり残したことがある」とか言いつつ緊急帰国。コンクールに飛び入り参加して演奏した後に、おばあさまの前に現れて黒モード(重要!^^;)で「もう、おばあさまの人形でいるのには飽きました」と宣言・・・してくれるといいんですけどねえ。(笑)

最後に、前回のお話もよかったですが、今回のお話も本当によかったです。
ヴァイオリンの腕が落ちて、音楽科だけでなく普通科の生徒からも陰口を囁かれる香穂子。でも必死でがんばる香穂子を支えるコンクール・メンバーや友達たち。それぞれのキャラを今まできちんと描いてきたので、この展開にとても説得力がありました。

楽しい要素を並べつつも、メイン・テーマとして音楽とは何か!?ということと真っ直ぐに向き合って、きちんとそれを描こうとしている物語作りには、非常に好感が持てますね。このまま最後まで、このテーマをしっかりと描ききって欲しいです。
ガン×ソード VOL.12ホバーベースの一行とファサリナとの戦い。そして、ついにヴァンとミハエルの戦いが見られました。

冒頭から矢継ぎ早に、様々な謎が明らかになりました。かぎ爪の男は、マザーからやってきた人間たちの生き残りだったんですね。エンドレスイリュージョン人(?)が知らない数々の情報を知っていたのは、そういうわけだったんですね。・・・ということは、かぎ爪の男って見かけ以上に、相当年を取っているということなのでしょうか。(^^;

かぎ爪の男の右手がかぎ爪になったのは、彼の仲間との対立が原因でした。理想を目指していたはずの仲間でさえ対立するようになる。かぎ爪の男が、全ての人間の因子を同一化しなければと考えた根源は、ここにあったんですね。

今回は、レイとユキコがいい感じでした。レイは今はシノの恨みを晴らすことのみが目的ですが、この戦いを無事に生き抜くことができたら、ユキコとレイの新しい関係が始まるかもしれませんね。
ジョシュアが駆け足でその場から去ってゆきましたが、もしかして2人に気を遣ったのでしょうか!?(こういうことに疎そうなジョシュアなので、ちょっと意外な感じでした^^;)

そして、衛星軌道上でヴァンはガドヴェドの鎧の衛星にたどり着くことができました。音声入力で新規ユーザー登録(?)すれば、あっさりとシステムをダンでも利用することができるなんて、とっても柔軟性のあるコンピュータでよかったですね。(^^; ヴァンの知識だと、衛星に到着したけれどシステムは使えない可能性も高かったでしょうから。(笑)

そして、月ごとシステムを持ち帰ろうとするミハエルと、ダンの修理を終えたヴァンが軌道上で遭遇!
いきなり宇宙を舞台にした戦いが開始されました。ミハエルとヴァンの戦いの中でのやり取りには笑いました。
ミハエルは頭がいいかもしれませんが、ちょっと頭でっかちかもと思いました。いくら理想のためとはいえ、一部の人間の勝手な考えで世界を改造するのは、傲慢以外の何者でもないと思いました。

一方、地上ではかぎ爪の男を目指すホバーベースの一行が、それを阻むファサリナと対決していました。
目を痛めたレイに変わって、ジョシュアがそのサポートをしている場面は、その連携の良さが格好良かったです。仲のいい兄弟ならではの、素晴らしい連係プレーでした。

地上の戦いでは、レイがファサリナを売女と罵る場面が印象的でした。ファサリナ自身は、かぎ爪の男と出会えたことで娼婦から脱することができたと思っていたのに、かぎ爪の集団の以外からはそうは見えなかったというのが皮肉ですね。

この最後の戦いは、どのような終着点にたどり着こうとしているのでしょうか。大気圏に突入してしまったダンは、無事に地上へ帰還することができるのでしょうか!? 次回も楽しみです。