日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


今回は、お話的にはとてもいい感じの内容だったのに、オケシーンの作画のダメダメ加減にへこんでしまいました。ひたすら止め絵でオケの音だけ聞こえてくる状況が、非常に気持ち悪いんですけど。(涙)

その一方で、妙に力が入っている「プリごろ太 宇宙の友情大冒険」。(^^;
これを見て感涙しているのだめを見て引いてしまう千秋。もしかして、自分が感涙しながらアニメを観ている時も、周囲からはこういう感じで引かれているのかも!?と思ったり・・・。(汗)

このところ、マスコットガールが板についてきたのだめですが、今回はかなりおいしい役回りでしたね。
演奏内容は千秋の指示通りに完璧になっているのに、メンバーの心が入ってない演奏になっていることを非常に遠回しに千秋に知らせつつ^^;、演奏会当日にはちゃんと千秋のために衣装を用意(他のメンバーがTシャツ姿だったので着てくれませんでしたが^^;)、演奏が無事終了した暁には千秋にキスを残して去ってゆく。(笑)
そうそう。ピアノで「英雄」を弾く場面も、生き生きとしていて格好良かったです。

Sオケと対照的に、Aオケはさんざんでした。指揮するミルヒは、練習にも気合いが入ってない上に、Sオケが予想以上の演奏をしたらトンズラしちゃいました。(犠牲になった大河内君が可哀想^^;)

千秋はいよいよ指揮者デビューで格好いいはずなのですが(一応、キラキラは飛んでましたが^^;)、指揮シーンでは悲しいくらいに動きがなくて、何だか案山子みたい(!)と思ってしまいました。

そして、今回の裏の主役が峰君のお父さんでした。(^^;
Sオケ潰しちゃおうかと相談する先生たちに殺意を燃やし、演奏会後にSオケを賞賛する先生たちにパフェ大盛り(?)にしてしまう描写がナイスでした。

次回は、ラフマニノフのピアノ協奏曲を演奏するようです。これでやっと、のだめにもSオケデビューの日がやってきそうです。(このあたりは原作を読んだはずなのに、なぜか記憶が曖昧です^^;)
絶体絶命のピンチから、別の島へと転送されていたルル、スザク、カレン、ユフィ。それにシュナイゼルが加わって、今回も内容が濃いお話になりました。

今回は、いきなりスザクにちょっと言いたいっ!(^^;
同級生の女の子が水浴びしているのを見たら、普通はもっと動揺するでしょ!?(笑)
しかも、スザクを殺そうとしたとはいえ、全裸で向かってきたカレンを押し倒すとは!!!
カレンファンとしては銃殺刑ものの重罪です。いい機会なので、ブリタニアの軍事法廷でこの件もあわせて処罰してもらってきなさい。(/_;)

それから、次はユフィにも言いたいっ!(^^;
いくら濡れていたとはいえ、全裸でルルのマントにくるまるとは!(色仕掛けですかっ^^;)
スザクを騎士にしただけでもおいしい状況なのに、それに加えて幼なじみとしてルルと和むなんて!
しかも、次回予告を見るとニーナとも何かありそうです。一体、何人の人間を誘惑すれば気が済むのでしょうか。(笑)

そして、ルル。相変わらず知能指数は高くても、運動神経というかサバイバルの才能ゼロなんですね。(^^;
しかも、あの天然お姫様のユフィに養われるとは、あまりのふがいなさに涙が出ました。(/_;)
その上ユフィにはゼロの正体がルルだとバレちゃっていました。前半のルルは、萌えキャラでしたね。(笑)
でも、ガウェインを手に入れた途端に、いつものゼロに戻ってました。ルルって、自分が優位な状況だと本当に俺様キャラになりますね。(^^;

体を張って視聴者サービスをしていただいたカレン姐さん、今回は本当にお疲れ様でした。
スザクの捕虜になった時の、カレンの日本人としての熱い思いはよかったです。レジスタンスという方法は間違っているかもしれませんが、現状を変えようとしてがんばるカレンの言動は、スザクのきれい事よりも共感できます。

前回は顔見せだけだったシュナイゼル皇子ですが、今回はいろいろとしゃべってくれました。(^^)
クロヴィス殿下と比べると、カリスマ性もありそうですし、何より紳士ですよね。セシルさんとのやり取りとか、萌え萌えでした。ロイドも彼には一目置いているようですし、これからの活躍が楽しみです。

黒の騎士団は、ゼロがいないと今ひとつまとまりを欠いてしまうようですね。
対立するディートハルトと藤堂の間に入って、扇も苦労してました。
そうそう。C.C.をゼロの愛人呼ばわりしていた玉城には、ちょっとそこに正座しなさいっ!と言いたくなりました。(^^; 黒の騎士団での階級は上かもしれないですが、ストーリー的にはどう考えてもC.C.の方が重要キャラですから。(笑)

そして、前回の大ピンチの中でルルはスザクにギアスの力を使っていたのでした!
その「生きろ」という言葉には、状況を打破しつつ、スザクへの変わらぬ友情を感じさせられました。

今回もC.C.が何やら謎の仲間と連絡を取り合っていましたが、彼女の仲間がゼロたち4人をあの島へと転送させたのでしょうか!?
島に隠されていた謎の遺跡の存在、思考エレベータという謎のキーワード、物語はさらに複雑な状況へ突入しましたね。それに加えて、突如として起こった日本解放戦線による(?)キュウシュウへの大規模な攻撃。

次に物語がどんな方向へ進んでゆくのか、全く予想がつきません。次回も楽しみです!