日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


シマ司令の正体が明かされ、ついにガルズオルムとの最終決戦が開始されるお話でした。

今回の前半の主役は、ミナトでした。シズノから、シマがガルズオルムの幻体クローンと聞かされて一番衝撃を受けているはずなのに、シマの意志を継ぐべく副司令としてオケアノスをまとめあげました。(/_;)
そんなミナトの姿に、恋する女性の強さを見せつけられた気がしました。

ミナトとシマ司令の夕日の中での最初の出会い、本当にきれいでした。この時のシマ司令は、反則なくらい格好いいですね。ミナトが惚れたのにも納得してしまいました。(^^;

キョウとルーシェンのやり取りで、キョウの小さい頃の夢はヒーローになることだと判明しました。う~ん、なんというか^^;、とってもキョウらしい夢だと思いました。(笑)

シマ司令の秘密は明らかになりましたが、シズノ先輩の秘密はまだ謎のままです。イェルという言葉が指すのは、一体なんなのでしょうか。今回のシズノとリョーコのやり取りを聞いていると、シズノはいずれキョウたちの前から去って行ってしまう運命にあるのでしょうか。(涙)

後半は、とうとう最終決戦のスタートです。作戦的は、他の艦隊が囮になってオケアノスを月面に送り込むというきわめて成功率が低いものでした。(キョウのシマ司令の物まねがナイスでした!^^;)

オケアノスの進路を切り開くために死力を尽くすトガと、そんなトガたちを見殺しにできなくてキョウが飛び出してゆく場面には燃えるものがありました。この2人、ケンカしながら戦闘していましたが^^;、戦いを生き延びたらいい友達になれそうですね。

そして、いよいよアビスとシンが戦いに参加してくるようです。キョウたちは作戦を成功させることができるのでしょうか。終盤になって物語ががぜん盛り上がってきました。放映中でリアルタイムで見られなかったのが、ちょっと悔しいです。
ゼーガペイン FILE.08またしても視聴間隔が空いてしまいましたが、ゼーガペインの続きを視聴しました。

今回は、いよいよ物語がクライマックスに向けて動き出しました。北極にあるガルズオルムの基地を叩き、そこにある月面への転送装置を利用して幻体から普通の人間に戻るという最終作戦がシマ司令から提示されました。
しかし、今まで単なるサブキャラと思っていたクロシオがこれに反対。寿命のある人間として生きるよりも、幻体として生き続ける方がいいと言い出したのです。

今回のお話は、生きるとはどういうことか!?を視聴者にも問いかけているように思えました。何度も同じ時を繰り返しリピートするだけでも、永遠に近い時間を存在し続ける方がいいのか。それとも、限られた時間の中で何が起こるのかわからない今日を生きることがいいのか。

クロシオの言い分にも一理あると思いましたが、八つ当たりとも思えるようなリョーコへのセリフはひどかったですね。クロシオ自身が言ってましたが、確かに最低な発言だったと思います。(^^;
そんなクロシオも、かってはゼーガペインのパイロットでした。キョウが忘れてしまった記憶の中で、クロシオもかなり厳しい戦いを生き抜いてきたのでした。

シマ司令から、最終作戦の決行を告げられて、クロシオはガルズオルムに全面降伏することを提案します!
しかし、シマ司令はガルズオルムに降伏という選択は絶対にありえないと断言するのでした。その時、シマ司令の身に異変が起こります。彼は、そしてシズノはこの世界で一体どういう役割を果たそうとしているのでしょうか!?

最終作戦を前に、キョウとリョーコの間も揺れています。個人的には、シズノ先輩のファンなのですが^^;、リョーコの健気さも放っておけない可愛さがありますし・・・。
また、ミナトの思いはシマ司令に届くのでしょうか。こちらは、今回のシマの異変で、この2人の関係はかなり悲劇的な色合いが濃くなってきた感じです。(/_;)