日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


やった~っ!!! とうとうシュークリームカップ編が終了しました!!!

これでようやく次回から関東大会ですね。予告でのまも姉のナレーションからすると、次回は総集編かもしれませんが^^;、それでもいよいよ関東大会へ向けて物語が動き出すのが楽しみです。

瀬那が脳震盪で倒れて、デビルバッズはガタガタです。あっという間にブリザーズの逆転を許してしまいます。
瀬那が抜けて攻撃力はダウンしたでしょうが、防御力がダウンしたとは思えないので、この展開はちょっと納得がいきませんでした。

瀬那が復活することは予想していましたが、スクリュー・アタックにどう対抗するのかと思ったら、デビルバット・スクリュー(?)で正面からぶつかってましたね。(^^; デス・クライムの成果とは全然関係ないような気もしましたが、映像的には面白かったです。

デビルバッズを応援することで、アポロ監督も復活。シャトルズはエイリアンズとして復活することになったのでした。アポロ監督と蛭魔の間に賭が行われたのは、ちょっと残念でした。
レイラに届いたシンからの手紙をメインに据えて、各キャラの様々に揺れる思いが見られたお話でした。

シンには、レイラの苦しいことが全部わかっちゃうんですね。あのタイミングで、ああいうメールを送れるシンの優しさがいいですね。。早くレイラも、巧に対する気持ちの整理が付けられるといいのにね。

巧はイギリスから帰国して、ハチの実家にご挨拶に伺うようです。クールで冷酷なところもある巧ですが、通すべき筋はちゃんと通して、良識ある対応ができるのはやっぱり大人だなあと思いました。
正直ハチ×巧では、巧はハチにはもったいない人のような気もしますが^^;、ハチのお姉さんが言っていたように、仕事最優先の巧が安らげる場所を作ってあげられるのは、やっぱりハチだけかなあとも思いました。

お姉さんがハチに言った「道を踏み外さないように、神様が音楽の才能を与えてくれた」というセリフは、とても暖かくてよかったです。

一方、その頃ブラストは山奥で合宿中でした。芸能人の合宿って、やっぱりジャージ姿でやるんですね。(^^;
何となくドリフのコントを見ているみたいで、大笑いさせてもらいました。
そして、ブラストのマネージャ銀平さんが登場しました。筋骨逞しい男性ですが、ホモっ気もあるみたいで、ヤスにほの字みたいです。(^^;

そして、いつの間にかナナと蓮の気持ちも離れていっていました。弁護士への夢を諦めてまで、ナナに尽くすヤス。そういえば、ナナが本当に苦しい時にすがったのは、蓮じゃなくてヤスだったんですよね。
この先、ナナと蓮の破局が描かれたりするのでしょうか!? 心配です。

ナナとの距離が遠くなって行くことを感じている蓮を、レイラが励ます場面も良かったです。
人が生きてゆくほど、重たい荷物が増えてゆくという言葉は、自分自身の実感としても感じます。私の場合は、重みに耐えかねて気がついたら潰されていましたが。(^^;

最後に、ハチの子供の名前ですが、ナナ→ハチときて一文字といったら、九ちゃんしかないような気がするんですけど。(^^; 九=苦を連想させるからダメかなあ。(笑)

今回のEDは「a little pain」。個人的には、この曲で終わる時が一番気に入ってます。(^^)
はじけるプリキュア^^;、キュアレモネードが登場するお話でした。

全体としてはダメダメな雰囲気が漂っているのですが^^;、前回といい今回といい、思わずほろりとさせられるエピソードが盛り込まれているのは上手いですね。

今回も、のぞみの暴走は続いています。この娘は、一体どこまで突き進んでくれるのでしょうか。(^^;
コワイナーに立ち向かうことでうららがキュアレモネードになったわけですが、キャラ的に一番弾けているのは間違いなくのぞみだと思います。(笑)

うららは、女優になりたいという夢を叶えるためにがんばっていました。しかし、夢を目指しているために学校で友人を作る時間がありません。うららにとって学校は寂しい場所になってしまっていたのでした。
いつも寂しそうなうららを、売店のおばちゃんがちゃんと見守っていたのはいい感じでした。

今回のお話では、のぞみの家庭事情が紹介されました。お父さんは童話作家、お母さんは美容師さんみたいです。マスコット・キャラ化したココがのぞみの家までついて行っていましたが、せっかく人間に変身できるのに、のぞみに餌付けされてちゃダメなんじゃ・・・。(^^;

うららは、以前に見かけたプリキュアの正体をのぞみたちに尋ねます。最初ははぐらかしていたのぞみたちでしたが、のぞみとうららが一緒に授業をさぼったことで(!)友情が生まれました。のぞみは友達になった途端、あっさりとプリキュアのことをうららにしゃべってしまいました。(^^;

戦闘シーンは、今までで一番スピード感があってよかったです。でも、あっさりとコワイナーに捕まってしまう展開は前回と同じでしたが。そうしないとレモネードが参加する余地がないことはわかりますが、もう一ひねり欲しかった気がしました。

ナイトメアは今までの悪の組織と比べると厳しいですね。
プリキュアに2回負けただけで、あっさりとギリンマは退場させられてしまいました。(/_;)
その後を引き継いだのが、バイト君だったというのも酷い話です。(涙)

順調にメンバーを増やしているプリキュアですが、ちょっと気になったのは5人揃うと各自の変身&必殺技などを見せるのに、かなり時間が必要になりそうなことです。戦闘シーンが長時間化するのに合わせて、毎回のエピソードが薄くなってしまわないか心配です。