日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


千秋を指揮科に編入させる代わりに、ミルヒにキスを迫られたのだめ・・・。というのが前回までのお話。
このピンチをのだめがどう乗り切るのかと思ったら、正拳突きでミルヒを気絶させてしまいました。(^^;

今回は、千秋の初指揮だったのですが、なんだか作画が崩壊してませんか!?(^^;
指揮している千秋とかオケの演奏の様子とか、全然動いてなかったような気がするんですけど。

お話的には、千秋の指揮の様子をのだめがミルヒに見せるためにがんばったり、千秋の能力の高さにオケが次々とだめ出しされてへこんでいったり、ミルヒがただの変態おじさんじゃないことを見せたり^^;、いろいろと見せ場がありました。

結局、オケも人間の集まりだから、千秋のように頭ごなしに怒っちゃモチベーションが下がっちゃうということでしょうか。メンバーを上手く乗せて、それぞれの良いところを最大限に引き出すのが指揮者のお仕事ってことですかね。

千秋はピアノ科に在籍したまま、ミルヒの弟子としてオケに参加することになりました。指揮者としての千秋の今後が楽しみですね。(^^)
ランスロットのパイロットがスザクと知った上で、物語をルル視点でもう一度振り返る総集編でした。

昔は、自分のことを"俺"と言っていたスザクが、今では"僕"と言っていることにも意味があったんですね。昔は個人主義で涙もろかったスザクですが、今のスザクは心に仮面をかぶってしまっているようです。

ルルのナレーションで気になったのは、ミレイ生徒会長が企画したという「小学生の日」です!(^^;
ルルの嫌がり方が尋常ではなかったのですが、見た目は高校生のルルが半ズボンをはいていたりするのでしょうか!?(ちょっと、いえ、かなり見てみたいんですけど!!!^^;)

今回は手堅い総集編ではありましたが、スザクがユフィの騎士任命という大きな動きがあった後だけに、やはり本編の続きが見たかったです。(意外なくらいオレンジ君の出番が多かったのは驚きでしたが^^;)
今回お休みした分、次回はクオリティの高いお話が展開されることを期待しています。

視聴者プレゼントでは、以前C.C.がピザのポイントをためてもらったぬいぐるみの名前が判明しました。
あのぬいぐるみは、チーズ君というんですね。今回のプレゼントの中では、きっと一番人気になりそうですね。