日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › Archive - 2006年05月
2006-05-23 (Tue)

スクールランブル二学期 #8

スクールランブル二学期 #8

俵屋さつきの提案で、姉ヶ崎先生が顧問となって、女子バスケ部が創設されることになりました。天満は「はっちゃけ☆バスケ団」というマンガに影響されて、バスケをやる気満々です。マンガのように華麗にギャラクティックボンバーを決めてとか思っていたのでしょうが、実際に部が結成されてみるといきなり戦力外通告。(;_;)おまけに、八雲が朝練に備えてお弁当を作ってくれるため、バスケ部をやめたいとも言い出せず悲惨な状況に。次...

… 続きを読む

2006-05-22 (Mon)

xxxHOLiC #4

xxxHOLiC #4

侑子さんが四月一日に、本当の占いとはどういうものなのかを教えてくれるお話でした。四月一日は、相変わらずひまわりちゃんにメロメロみたいです。百目鬼よりも先に名前を呼ばれただけで幸せになれるなんて、本当に幸せな人だと思います。(^^;さらに、ひまわりちゃんから星占いで相性がいいと言われて、いつもにも増して舞い上がってしまう四月一日でした。そんな四月一日を見て、侑子さんは本当の占い師に会わせてあげると出かけ...

… 続きを読む

2006-05-22 (Mon)

雪の女王/アンデルセン

雪の女王/アンデルセン

アニメの「雪の女王」がスタートして以来、いつかは原作もきちんと読もうと思っていたので、岩波文庫の「完訳 アンデルセン童話集・2」に収録されている「雪の女王」を読んでみました。(以下、内容についてのネタバレがありますので、これから原作を読もうと思ってらっしゃる方はご注意ください。)原作は、7つのお話からなる物語でした。1つ目は、悪魔が作った鏡の物語です。アニメとは違い、悪魔たちが神様をからかうために...

… 続きを読む

* by tom-yan
こんにちは!
私も原作の童話を知らなかったので、どんな内容なのか気になっていたんですよ(^^;
アニメシリーズではあちこちに話が飛んでいた印象だったのですが、結構原作に沿った内容だったのですね。
アニメの方が完成度が高いと感じさせるとは、やはり出崎監督や脚本・演出が良かったことの証なのでしょう。
原作ではラギって出てくるんでしょうか?

ラギさんは出てこないです * by 横溝ルパン
こんばんは。コメントありがとうございます。

アニメを見終わったら、絶対に原作を読んでみようと思っていたので、ようやく読んだ~という感じでした。(^^;

ラギさんは、アニメ・オリジナルのキャラです。というか、原作では雪の女王と悪魔の対決がないので、ああいうキャラは出番がないんです。(笑)

私もアニメはほとんどオリジナルかと思ったのですが、予想外に原作からの流用があって驚きました。
でも、やはり原作は童話だな~という感じです。幻想的な雰囲気はありますが、感情移入度は低かったです。
アニメは、非常にゲルダに感情移入して見ていましたので、余計にそう思えるのかもしれませんけど。(^^;

Comment-close▲

2006-05-22 (Mon)

雪の女王総集編 #6

雪の女王総集編 #6

じっくり時間をかけて視聴してきた総集編も、これが最後です。氷の城にたどり着いたゲルダが、とうとうカイと再会して故郷へ帰るまでがまとめられていました。苦労の末にカイのところまでたどり着いたのに、カイはゲルダのことを忘れてしまっていました。これ、考えてみるとひどい状況ですよね。(^^; 遠距離恋愛をしていて、恋人から連絡がないから直接恋人のところまで出かけてみたら、恋人はすっかり自分のことを忘れていたよう...

… 続きを読む

2006-05-21 (Sun)

メルヘヴン #58

メルヘヴン #58

シックスバトルに勝利して、いよいよファントムたちとの最終決戦かと思いきや、またしても修練の門での特訓が待っていました。しかし、修練の門に入ったはずなのに、なぜかそこはギンタの元いた世界・東京だったのです。久しぶりの小雪との再開。しかし、彼女は絵に描いたような不良にからまれて、無理やり連れ去られようとしていました。そんな不良たちを、あっさりギンタはのしてしまいました。メルヘヴンでの特訓の成果は、元の...

… 続きを読む

2006-05-21 (Sun)

学問と「世間」/阿部謹也

学問と「世間」/阿部謹也

阿部さんの本は、学生時代に「ハーメルンの笛吹男」を読んで以来、時折気になっては書店で手に取っていました。この本は図書館で偶然見つけたのですが、フッサールの現象学に触れている部分があったので、じっくり読んでみようと借りてきました。前半は現在の日本の大学の問題点をいろいろと指摘していました。問題にする意義はあると思いますが、今現在の私の「世間」とはかけ離れた存在のため、それほど面白さを感じませんでした...

… 続きを読む

2006-05-21 (Sun)

ツバサ・クロニクル2期 #4

ツバサ・クロニクル2期 #4

第1期の最終話(26話)で訪れた国に、再び小狼たちがやってきました。サクラが小狼からもらったペットの記憶を軸に、命の尊さと生きていることの素晴らしさを描いた内容でした。ただちょっと気になったのは、飛王たち。そういえば、飛王と星火は1期からずっと登場しているにもかかわらず、その目的がいまだに判明してない謎のキャラなんですよね。(^^;彼らは、小狼たちにとって敵なのでしょうか、味方なのでしょうか。そして、な...

… 続きを読む

2006-05-21 (Sun)

ふたりはプリキュア Splash Star #16

ふたりはプリキュア Splash Star #16

落ち込んでいる健太を心配して咲と舞が理由を聞いてみると、両親が釣り船屋を継がせるつもりだからでした。健太には、コメディアンになりたいという夢があったのです。最初の健太の立ち聞きの場面から、誤解ネタなことはバレバレでしたが、予想外に面白かったです。落ち込む健太を励ますために、宇宙飛行士になりたいという舞のお兄さんに相談に行きます。舞のお兄さんは、宇宙から地球を見てみるのが夢だったのです。しかし、あま...

… 続きを読む

こんばんは(^^♪ * by 水月
今話は健太らしいお話でしたね!(’-’*)
しかし最近の中学生はもう将来に向かって走っているのですね、私の時とは大違いです(^^;。
健太は最初の一歩を踏み出せたのは良いのですが、あのギャグはちょと・・・ですね(笑

* by ジャーマン
流石に勘違い落ちは、見えましたねw
まあ、それでも釣られながら見るのが面白いんです。
夢を追うっていうテーマ性が、ちょっと薄い感じもしましたが、ドロドロンが面白かったからそれでオーケーです!
ドロドロンが登場した時は、きっとみんな気絶しているんでしょうが…
何か説明があった方が良いですよねぇ…
まあ、細かい事を気にしてはいけません!

コメントありがとうございます * by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。

>水月さん

私も中学の頃は何も考えてなかったかも。(^^;
もちろん、漫画家になりたいとか、コンピュータを使いたい、とか夢はありましたが、マンガを描くには絵が下手すぎて^^;、コンピュータは一式そろえると百万くらいの時代でしたので、とても手が出ませんでした。(涙)

>ジャーマンさん

ドロドロン、本当にいい味だしてますよね。(笑)
SSに入ってからの敵キャラでは、今のところ一番好きかも。(^^;
アクダイカーン様の右腕になりたいという野望、なんとか叶えてあげたいって思いましたもん。

Comment-close▲

2006-05-20 (Sat)

たのしいムーミン一家/ヤンソン

たのしいムーミン一家/ヤンソン

前々から読みたいと思っていたムーミンの原作本を、ようやく読むことができました。基本的なストーリーの流れは、アニメの「楽しいムーミン一家」の第1話から第8話までに近いですが、ミーが登場しなくて、じゃこうねずみが早くから登場しているのに驚きました。その他では、スノークの出番が多いのと、スナフキンがお話の途中で一人旅に出てしまうのが意外でした。お話も興味深いですが、もっと気になったのはヤンソンさん自身が...

… 続きを読む

最初の印象によって違うかも。 * by ファウスト
初めまして。「ムーミン」で検索かけて来ました。私はいつか部屋をムーミンだらけにしたいですね。本はそうですね、私は文庫本で大体読みましたがアニメを見なかった身としては逆に「愛らしい」感じが弱いかもしれません。なんだか哲学的な本だったと思います。失礼します。

* by 横溝ルパン
はじめまして。コメントありがとうございます。

このところムーミン関連の更新が滞っていますが、ムーミン絵皿がもらえるキャンペーンをコンビニでやっていた時には、しっかりクーポンを集めて入手しました。(^^)

アニメのムーミンは、子供向けにかなり可愛らしく描かれていますね。それに内容も、何だか深いものがありますね。
それまでアニメしか知らなかったので、原作はいろいろな意味で驚きでした。

* by きつねのるーと
いつもアニメ関連のTBでお世話になっています。懐かしいタイトルを観たのでコメントしてみますね。

ムーミンの原作を初めて読んだのは小学生の頃なのでもう30年以上前の話です。今、手に入るムーミンの著作はその頃読んだ子供向けハードカバー本と内容がまったく同じものなので、今の趣向で読むと読みにくいかも知れませんが、下手なライトノベルよりは文字数が多いので読み応えはそれなりにありますね。
その原作を知っていて観た「楽しいムーミン一家」シリーズのアニメは原作のイメージを大変良く掴んでいて原作者のトーベヤンソン女史もかなり気に入っていたそうです。その前にフジ系列で放映した「ムーミン」のイメージで観ていた私にはかなり新鮮でした。古いムーミンのアニメはCVがかなり豪勢でしたので慣れるのにCV的に慣れるまで時間がかかったのを覚えています。

古い記事に今更コメントを残してお騒がせです。ではでは「

* by 横溝ルパン
こんにちは。こちらこそいつもお世話になります。

私は最初のムーミンとの出会いが、古いアニメだったものですから、原作を読んだ時には「あれ!?」となりました。でも、じっくりと読んでみると、独特の味わいがあって面白いなあと思いました。
「楽しいムーミン一家」は、放映時には旧ムーミンとの違和感が大きくて見られなかったのですが、原作を知った上であらためてDVDを借りてきてみてみると、原作に近い味わいがあっていい作品ですよね。(^^)

・・・ムーミンの感想も書かなきゃと思いつつ、ついつい目先のアニメに追われて視聴が進んでいません。(^^;
新しいものに目を向けるだけでなく、古くていいものも取り上げていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。

Comment-close▲

2006-05-20 (Sat)

少女チャングムの夢 #5

少女チャングムの夢 #5

いよいよ昇級試験。チャングムは試験を受けることができるのでしょうか。炊事場での仕事の合間に、チャングムはヨンセンからもらったノートを見て必死に勉強しています。その様子を観察していた尚宮は、チャングムにも試験を受けるチャンスを与えることにしました。しかし、その前に予備試験を受けなくてはなりません。予備試験は、目隠しをしたまま食材を均等に切り分けること。こんなこと、本当にできないとダメなのでしょうか。...

… 続きを読む

2006-05-20 (Sat)

BLOOD+ #32

BLOOD+ #32

ディーヴァとカールに攻め込まれた赤い盾本部。たった2人に、あっという間に大勢が殺戮され、そして何とリクまでがディーヴァの手にかかってしまいました。(号泣)しかし、赤い盾の何という脆さ。いきなりの奇襲攻撃だったかもしれませんが、相手はたった2人なんですよ。これじゃあ、ディーヴァのシュバリエが全員揃ってやってきたら、どんなことになっていたのでしょうか。あまりにも弱わすぎます。今のままじゃ、絶対にディーヴ...

… 続きを読む

2度と見たくない回です * by ハトはは
ルパンさん、いつもお世話になります♪

>目の前でイレーヌを失ったカイは、再び同じように最愛の弟を目の前で失うことになったのです。(涙)
いやもう・・コチラも凄い衝撃でした。
ディーヴァは小夜を憎んでいるんだなぁと思いました。

>小夜はディーヴァを倒すことができたのでしょうか。
無理じゃないかと思いますよね~(苦笑

来週は1年後って、ディーヴァの赤ちゃん生まれてるのかなぁ・・

では、また~♪

この展開は悲しすぎますよね * by 横溝ルパン
こんばんは。コメントありがとうございます。

今回は本当に衝撃的なお話でした。(;_;)
まさかリクが殺されるとは、ディーヴァに捕らわれるくらいはあるかと思っていましたが、本当にまさか、まさかでした。(号泣)

イレーヌもそうでしたが、リクも物語に登場させられた理由は一体なんだったのかと落ち込みました。

それだけの犠牲を払って、たぶんディーヴァどころか雑魚キャラのカールも多分倒せてない可能性が大ですよね。
おまけに、ディーヴァにリクとの子供が産まれるかもしれないなんて。(/_;)

来週が楽しみなような、見続けたくないような、複雑な心境です。

Comment-close▲

2006-05-20 (Sat)

ふしぎ星のふたご姫Gyu! #8

ふしぎ星のふたご姫Gyu! #8

ソロが一人前のプリンスになるためにがんばるお話でした。相変わらずレインは女子アナとして活躍しています。アウラーはチェス部で、ブライトはフェンシング部で、そしてなぜか女生徒に大人気のシェイド。(^^;他のふしぎ星のプリンスたちががんばっているのに、ソロはフェンシング部に入部することさえ認めてもらえません。そんなソロをファインとレインが手助けするのでした。そんなソロを影から見守る謎の人影がありました。新キ...

… 続きを読む

* by ジャーマン
ティオ、扱いが…いや、何も言うまい。(つД`)
ブライト、シェイド、アウラー、ソロが頑張ってるのに、あの扱いは…もはや、すごいですね。
トーマも単なるワガママお坊ちゃまではなく、苦労してはいるんですね。
何か、こう事情がありそうですね。
そんな影が垣間見えました。
後、なんといっても、ハーブちゃん…
アイタタタタタ…(つД`)
二期になってから、一期のキャラの明暗が分かれた感がありますね。

明暗 * by 横溝ルパン
こんばんは。コメントありがとうございます。

今回の内容は、全国百万(推定)のティオ・ファンの涙を誘いましたね。(;_;)

本当に2期に入ってからは、1期キャラの扱いに差がありすぎますよね。リオーネとかミルロは、もうほとんど背景と化してますし、こういう扱いをするなら、全員揃って同じ学園に来る必要がなかったんじゃないでしょうかねえ。

Comment-close▲

2006-05-20 (Sat)

彩雲国物語 #7

彩雲国物語 #7

お話は前回の続きから。劉輝は無事に秀麗を救い出すことができるのか。秀麗の簪が落ちたから気がついたのかと思ったら、足音の重さの違いで刺客の罠に気がついていたなんて、劉輝すごいです! 今までバカにしてごめんなさいです。(^^;これでようやく事件解決かと思ったら、救い出された秀麗が倒れてしまいました。飲まされた毒の効果は、ずっと続いていたのでした。同じく毒にやられた静蘭と共に医師が治療に当たりますが、国一番...

… 続きを読む

2006-05-19 (Fri)

雪の女王総集編 #5

雪の女王総集編 #5

総集編の第5話は、ゲルダが氷の城へたどり着くまでのお話でした。アバンは亡霊の王様のお話でした。ここは全体の流れから見てもそれほど重要とは思えないので、ゲルダとラギが氷河を渡る場面にもう少し時間をかけて欲しかったです。もっとも、より詳しく見たければ録画した全編を見直せばいいんですけど。(^^;ゲルダがラギさんをラギと呼ぶようになるのは、やはり今見直しても違和感がありますね。ラギもゲルダにとって大切な人で...

… 続きを読む

2006-05-19 (Fri)

獣王星 #5

獣王星 #5

サードの計略にはまりトップを戦うことになったトール。トールの獣王への道が、とうとう始まりました。サードはトールを信じて、こいつなら獣王になれると判断して、あえてトールに厳しい試練を突きつけたようです。サードもまた、オーディンの計略によってキマエラに落とされた人間だったのです。今やらなければトールに先がないことはわかりますが、だからといってサードのやったことはやっぱりやりすぎじゃないかなあ。(^^; ト...

… 続きを読む

初めまして♪ * by 魔女のホーキ
こんにちは、魔女のホーキと申します。
TBどうもありがとうございましたっ。
私もTBさせて頂きました♪

毎週目が離せない展開の「獣王星」!
この先一体どんな結末が待っているのでしょうか?
ハッピーエンド…って、どうなればいいのでしょうかね~!?

はじめまして♪ * by 横溝ルパン
はじめまして。コメントありがとうございます。

獣王星、本当にストーリー展開が面白いですよね。
先の展開が全く読めないので、次回がどうなってゆくのか毎回楽しみです。

まだ序盤なので、最後がどうなって欲しいというところまで考えられないのですが、とりあえずトールが獣王になってオーディンに復讐を果たして、ラーイも実は生きてました~がいいかなあと思ってます。(^^;

それでは。今後ともよろしくお願いします。

Comment-close▲

2006-05-19 (Fri)

きらりん☆レボリューション #7

きらりん☆レボリューション #7

きらりプロジェクトの成功できらりにCDデビューの話が持ち上がります。しかし、きらりはジャイアン並の音痴だったのです。(^^;きらりのCDは、超大物プロデューサー・カマさんが手がけてくれることになりました。しかし、きらりの歌を聴いて、あまりの下手さにみんなびっくり。きらりは、超破壊的な歌声の持ち主だったのです。(^^;あまりの下手さにCD企画はお流れになりそうになりましたが、きらりの必死のお願いで2週間の猶予をも...

… 続きを読む

2006-05-19 (Fri)

カードキャプターさくら #59

カードキャプターさくら #59

さくらを思う知世の思いの深さが描かれたお話でした。本編開始早々から、さくらへの愛を語りまくっている知世ちゃん。(^^; 一見単なるギャグシーンですが、ちゃんと本編と関わりがあるのが凄いです。さくらへの自分の思いには気づいたものの、さくらの雪兎さんへの気持ちを知っている小狼は、自分の気持ちをさくらに伝えることができません。そんな2人の間を、知世ちゃんがバックアップ。さくらのことはもちろん、さくらを見守る...

… 続きを読む

2006-05-19 (Fri)

ゼーガペイン #7

ゼーガペイン #7

世界の真実を知ってしまったキョウは、戦うことに疑問を持ってしまったのでした。今回はキョウの出撃はなし。その分、傭兵出身のクリスさんとアークさんががんばってました。この人たち、強い!・・・っていうか、キョウよりよっぽど即戦力な気がするんですけど。(^^;一方、落ち込むキョウはリョーコと水族館にデート。熱血バカで思い込んだら一直線なキョウですが、さすがにいきなり現実と信じていた世界を全否定されて動揺してし...

… 続きを読む

* by マウサー
こんにちわ。
アーリオです。
TBありがとうございます。

>データとしてしか存在しなくても戦う意味があるのか

そうですねえ。
攻殻機動隊の様に電脳化され。
脳情報を個体として認識出来る世界であれば。
また話はいろいろと変わってくるのですがね。

ではまたよろしくお願いします。

これからが楽しみです * by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。

ゼーガペイン、いきなり視聴者にとんでもない問題を投げかけましたよね。人類は物理的には、もう負けちゃっているのに、精神的に戦い続ける意味があるのかと。

これにちゃんと答えてくれたら、とんでもない名作になりそうな予感がしてます。次回以降も本当に楽しみです。

Comment-close▲

2006-05-18 (Thu)

桜蘭高校ホスト部 #6

桜蘭高校ホスト部 #6

鷹凰寺嗣郎君が、環のところに弟子入りするお話でした。嗣郎が時間がないと言っていたので、何となくオチは見えていたのですが、それでも十分以上に面白かったです。前回もそうですが、れんげちゃんがいい仕事してますねえ。(^^;私はショタは単なるショタだと思っていたのですが、ハニー先輩のようなロリショタ系と嗣郎みたいなやんちゃ系が存在するなんて。・・・知らなかった。趣味の世界の奥深さを思い知らされました。(笑)ホス...

… 続きを読む

2006-05-18 (Thu)

ロビンフッドの大冒険 #3

ロビンフッドの大冒険 #3

ロビンとギルバートの対立が決定的になるお話でした。狼に襲われたところをギルバートに救われたマリアンは、もうギルバートにめろめろみたいです。(^^;お姫様には従順なナイトが付き物ですが、この2人がお互いに名乗らずに出会ったことは、この先の運命に微妙に影響してきます。カップリングとしては、ロビン×マリアンよりも、ギルバート×マリアンの方が好きだったなあ。一方、ロビンは自分の屋敷のことが気になって、1人で屋敷...

… 続きを読む

初めまして * by 台湾人
懐かしい名作ですよね。

* by 横溝ルパン
はじめまして。コメントありがとうございます。

いろいろと粗もありましたが、リアルタイムで放映されているものを視聴していた時は大好きな作品でした。
DVD-BOXを買ってしまったので、全話の感想を書きたいと思っているのですが、つい新作を優先してしまって全然進んでいません。(^^;

* by 台湾人
日本の生活を終えて台湾へ帰国したばかりまだ小学校一年生の時に見たアニメです。

私は当時は無知で、この物語の舞台はイギリス、イタリア、フランス、ドイツなのかさっぱり分かりませんでした。

イギリスとイタリアはよく混同したし、北米とヨーロッパの違いさえよく分かりませんでした。

小学生の自分は結構馬鹿だったんだなと今思うと赤面します。

* by 横溝ルパン
台湾人さんは、小学一年生でこの作品を見られたんですね。私は学生時代の終わりか、社会人になりたての頃だったと思います。

ロビンフッドものは結構好きで、大昔にNHKで放映されていた海外ドラマの「少年ロビンフッド」という作品も好きでした。こちらを見たのは、たぶん小学生くらいだったと思いますが、ノルマン人とかそれまでに聞いたこともない言葉が次々に出てきてワクワクしたことを覚えています。(^^)

チョー懐かしいアニメです * by 台湾人
あの時NHK衛星放送アニメが大好きでした。

イギリスとフランスの恩讐や百年戦争やジャンヌ・ダルクも全然知りませんでした。

大好きな日本を離れ、台湾の生活に慣れていない時期でもあったので、ある意味癒し系のアニメで心が安らぐ宝物でした。

ディズニーのロビンフッドも日本語吹き替えのバージョンを見ていました。

値段が高いので親は買ってくれず、ダビングした自製の海賊版です。超ー恥ずかしい!

Re: チョー懐かしいアニメです * by 横溝ルパン
私は今でもNHKのBSアニメ劇場は好きですね。(^^) 今もグイン・サーガとか視聴してますし。

台湾の生活に不慣れだった時に、台湾人さんにとっては日本のアニメが心の支えになっていたんですね。

ディズニー版のロビンフッドは私は見たことがないです。実写映画のロビンフッドなら、何本か見たことがありますが、アニメのロビンフッドが私には一番楽しかったかなあ。

* by 台湾人
私は昔の日本のアニメが懐かしく思うし、昔のアニメの方が好きです。

ロビンフッドの大冒険は不思議の海のナディアや新世紀エヴァンゲリオンのように私にとっては神話で歴史に残る名作です。

衛星アニメ劇場、復活できたらいいのに。

* by 横溝ルパン
こんにちは。私も昔の日本のアニメも大好きです。(^^)

子供の頃にリアルタイムで見た作品というのは、今の私自身に与えている影響が大きいような気がします。そういえば、ロビンフッドの冒険もそうですが、リミットちゃんとかジェッターマルスとか、ガンバの冒険とか、感想を書きかけになっている昔のアニメがいくつもあることを思い出しました。(^^;

あの時の日本アニメが懐かしいです * by 台湾人
あの時の日本アニメが大好きです。v-10

私はレトロ派かな?v-43

アルウィン男爵は悪役ですが、私なりには結構好きです。v-97

* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。

私も昔のアニメがけっこう好きです。そういう方も意外と多いんじゃないでしょうかね。

アルウィン男爵は、私には怖いキャラというイメージが強いですね。マリアンが捕らえられた時に、容赦なくマリアンを殴り飛ばしたりしていましたし・・・。(;_;)

Comment-close▲

2006-05-18 (Thu)

NANA #7

NANA #7

いよいよ奈々とナナの共同生活がスタートします。でも、奈々の周りはみんな心配そう。いきなり見知らぬ他人との同居を決めてきた奈々に、淳ちゃんがお説教。まあ、普通は心配しますよね。(^^;おまけに、その日に限って章司の帰りが遅い。いつしか奈々の頭の中では、幸子という架空の章司の恋人が作られてしまっていたのでした。(笑)結局、章司が奈々宛のメールを淳ちゃん宛に送ってしまったのが原因でしたが、夜のお約束までしたお...

… 続きを読む

2006-05-18 (Thu)

スパイダーライダーズ #7

スパイダーライダーズ #7

本当にダメ王子説が有力になってきた^^;、ルメン王子をメインにしたお話でした。ルメン王子、事務処理もやる気ないみたいですし、ハンターたちと一緒に戦いに備えて稽古するわけでもありません。本当にこれで大丈夫!?と思ったところに、インセクターに襲われている村を助けて欲しいという少女がやってきました。救いを求めてきたのが女の子ということで、がぜんやる気を出すルメン王子。(^^;村に着いた王子が最初にしたことは、イ...

… 続きを読む

2006-05-18 (Thu)

アイシールド21 #58

アイシールド21 #58

いよいよデビルバッズ対ポセイドンズの戦いです。長身のポセイドンズに、小勢のデビルバッズがどう挑むのかが楽しみです。・・・その前に、ふと気がついたのですが57話って、いつ放映されたのでしょうか?(^^;先週は野球中継があったから、放送はお休みだったんですよね。・・・もしかして、野球中継が中止になって57話が放映されていたのでしょうか。(涙)ともあれ、白熱の戦いがスタートしました。まずは、小結対水町。小さな小結...

… 続きを読む

2006-05-17 (Wed)

森の生活 ウォールデン/ソロー

森の生活 ウォールデン/ソロー

ずっと読みたいと思ってきたソローの「森の生活」を、3ヶ月がかりでようやく読み終えることができました。ソロー自身がウォールデン湖畔に小屋を建てて、自給自足の生活をしながら観察したこと、思索したことなどをまとめた本なのですが、1800年代に書かれたとは思えないくらい、現在の私たちの生活に当てはめて考えてみても、はっとさせられたり気づかされる文章がちりばめられていました。文章の一節を読んで、あれこれ考え込ん...

… 続きを読む

2006-05-17 (Wed)

ARIA The NATURAL #7

ARIA The NATURAL #7

灯里と藍華が、猫たちの不思議な王国に行こうとするお話でした。前回からの繋がりで、アリスが同期とのパーティに出席したことが報告されていました。今までとは違って、それなりに得るものもあったみたいで、勇気を出して1歩を踏み出してよかったですね。でも、今までは灯里と藍華にべったりでしたが、これからは2人にはあまり構ってくれなくなりそう!?(^^;一人で出かけたアリア社長の後について、灯里と藍華は猫たちの集会所を...

… 続きを読む

* by アクア猫
どうも!初めまして
トラックバックありがとうございます!!

やはり、アリア社長専用ゴンドラですか・・(笑)
不思議ですよね?
きっと「ARIA」は未来の話だからとてつもない技術が詰まっているのかも?

では!

社長専用ゴンドラ * by 横溝ルパン
はじめまして。コメントありがとうございます。

あのゴンドラ、本当に不思議ですよね。動力源は一体なんなんでしょうね。(^^;
零細企業(?)なアリア・カンパニーに、社長専用ゴンドラがあったのは驚きでした。姫屋やオレンジプラネットにも、やっぱり社長専用ゴンドラがあったりするのかなあ。

Comment-close▲

2006-05-17 (Wed)

ロビンフッドの大冒険 #2

ロビンフッドの大冒険 #2

シャーウッドの森の沼にすむ大魚をマッチが見つけるお話でした。マリアンは自らの重い運命を受け入れるために、ロビンの前から去ってゆきました。ロビンは本当はアルウィン男爵のところに行くな、ここで一緒に暮らそうと言いたかったのかもしれませんが、この時のロビンはまだあまりにも子供で力がなくて、マリアンを引きとどめることができませんでした。マッチはマリアンから盗んだ黄金の十字架を磨いていて、沼にすむ怪物と遭遇...

… 続きを読む

2006-05-17 (Wed)

銀魂 #6

銀魂 #6

天人のバカ王子の行方不明になったペット探しを、銀さんたちが頼まれるお話でした。この世界の幕府は、天人たちに占領されてしまったようなものなので、天人たちにいいように使われているようですね。入国管理局の役人が、天人のペット探しまでしなくてはならないとは!(;_;)ことを公にできない管理局は、ペット探しを銀さんたちに依頼しました。しかし、お金に目がくらんだだけの銀さんたちは、本気で探す気があるのかないのか。(...

… 続きを読む

2006-05-16 (Tue)

ストロベリー・パニック #6

ストロベリー・パニック #6

あちこちの部活を見学していた渚砂は、エトワール様の温室を見つけました。久しぶりに渚砂がお話のメインになりました。やはり渚砂×エトワール様は、ドキドキ感が違いますね。温室で行事などで使うお花を育てていたエトワール様。いろいろな行事を抜け出してどうしようもない人かと思いましたが、意外と人目に触れないところでは細かな心配りをされていたんですね。単なるナンパな人でなくて、ちょっと安心しました。(^^;今回、渚...

… 続きを読む

2006-05-16 (Tue)

カペタ #33

カペタ #33

肋骨を骨折してしまったカペタは入院。そんなカペタのため、チームカペタがレース活動を続けるため、ノブは本格的にプレゼンテーション活動を開始するのでした。繰り返されるレースの情景。あらためてカペタやノブの悔しさが伝わってきました。治療を受けるカペタを待ちながら、ノブは熊田さんに相談して次の戦いの準備を開始したのでした。レースのことはよくわからないのですが、次にノブたちが目指すのはフォーミュラ・ステラ(...

… 続きを読む

2006-05-16 (Tue)

ロビンフッドの大冒険 #1

ロビンフッドの大冒険 #1

昔BS-2で放送されていたのですが、好きな作品だったのにサントラが発売されただけで、ビデオやDVDが発売されなくて残念に思っていました。その「ロビンフッドの大冒険」が、とうとうDVD-BOXとして発売されました!(^^) Vol.2は6月下旬発売です。BOXということで、お値段がちょっと高めでしたが、思い入れのある作品だったので思い切って購入してしまいました。BOXのおまけは、マウスパッドとキャラクターカード5枚でした。できれ...

… 続きを読む