日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ねこめ~わく (3)竹本泉さんの「ねこめ~わく」、知らない間に続編が出ていました。3巻が出たことを知らなくて、今までずっと2巻で完結しているお話だと思っていました。(^^;

竹本泉さんのマンガ、なかよしに連載されていた「パイナップルみたい」以来好きなので、かなり長いファンになります。ちょっと趣味が合わなくて買ってない作品もありますが(「トランジスタにヴィーナス」とか)、新刊が出ているのを見つけると、つい買ってしまう作家さんの一人です。

その中でも、特に好きなのが「ちまりまわるつ」と、この「ねこめ~わく」シリーズなんです。
「ねこめ~わく」のどこがいいって、猫いっぱいな世界という設定です。見渡す限り猫だらけというだけでもいいのに、猫が英国風の洋服を着て暮らしているんですから、もう最高です!(^^)

3巻では、猫好きの新キャラ・オスカが登場しました。でも、より気になったのは百合子とヘンリヒの関係が微妙に進展していることです。風邪引いたヘンリヒを、百合子がかいがいしく世話するお話はほほ笑ましかったです。

今回ちょっと見直したのは、ヘンリヒ。いろいろと猫に意地悪をしていますが、人間がやっている本当に愚かなことは猫に教えないという描写にぐっときました。ひねくれ者ですが、この人やっぱりいい人です。

既に4巻も発売されているということなので、続きを読むのが楽しみです。