日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


真っ向勝負! これぞ出崎演出という神髄のようなお話でした。

こういうお話が見たかったんです! こういうお話が見られるから雪の女王なんです!
これを見たことで前話の評価まで反転しました! ラギさん、やっぱり凄いです!
雪の女王に助けられたのかもしれないラギ!
雪の女王に親友を奪われたゲルダ!
2人の不思議で運命的な繋がりをこれほど感じたことはありませんでした!

ラギさん、ホルガー、本当に死んでしまったのでしょうか!
雪の女王の謎の行動の理由は!

子供がご飯を食べられなくなったから、主要キャラをアニメで殺すなと抗議した親がいたそうです!
人生に一度くらいは、そういう経験をさせてあげなさい! 私なら絶対にします!

とにかく見なさい! 今回は多く語るより、それが全てです!
何度も繰り返されているなぎさのラクロス試合の話でした。

なぎさが率いる、一見アバウトなベローネ女学院。御高倶はキャプテンの緻密な練習の元に、正確さを心がけてミスしないで勝利を目指します。

これを見て、先日所ジョージさんだったかの番組で紹介されていた女の子のことを思い出しました。
彼女は高校生ですが、耳に障碍があって高い音域の音が全く聞こえません。低い音域も補聴器を付けて何とかです。審判の吹くホイッスルは届きません。仲間のかけ声すら届いているのかわかりません。
でも、彼女は言いました。耳に障碍があることを不幸だと思ったことはないと。

そういえば、テニスの「エースをねらえ!」第2部でも同じような展開がありました。丘ひろみの後輩たちが苦戦。宗方コーチの跡を継いだコーチが、宗方の昔話をします。昔は荒れていた宗方が優秀な選手になったのは、明日をもしれない子供と出会ったからだと。五体満足な自分が、人を思いやる気持ちでこの子に負けていると。
それ以来、宗方コーチは自分に甘えを許さない立派な選手になりました。同じく五体満足な人間である宗方の後輩たちが、どうして先輩たちの築き上げた実績というプレッシャーに負けるのかと。

私は弱い人間です。何度もこういうお話を繰り返し見ないと、すぐに自分に負けてしまいます。
戦闘シーンは余計な気がしたけれど、今日のお話がこういうお話を初めて見た子供の心に残るといいなあ。

正確には昨日の夜ですが、このブログもアクセスカウンターを設置から10万ヒットを達成しました!(^^)

ブログ開設は3月中旬でしたが、カウンターを付けたのは5月中旬でした。およそ半年。
いろいろな人が訪れてくれて、TBしていただいて、コメントまでいただいて、その中でも特に仲良くしていただける方々がいて。
全てはブログやってみようかという好奇心から始まったんですが、それがいつの間にかこういう繋がりになってます。ネットワークって本当に不思議ですね。

ブログを開設して変わったのは、アニメを今まで以上にいっぱい真剣に見るようになったこと。
三日坊主の私がブログの記事の更新だけは続けていること。
毎日の生活って、人から何か言われたり、人の決めたルールに従って動かなきゃいけないことが多いですよね。
ブログにだって、もちろんルールはありますが、私の言いたいこと考えたことをみんなに知ってもらえるのはうれしいです。小さな喜びですが、私にとってはとても大きな喜びです。

私、ちょっと抜けてます。この記事を書こうと思った時、カウンターを設置した日がブログに書いてなくて焦りました。(笑)
基本的には勢い勝負な記事なのですが、ときどき自己陶酔モードにはいったり、電波と呼ばれる記事を書いたり、妙に批判的になったり。一貫性がないなあと思います。(^^;

でも、それがその時々の私の正直な気持ちだから、しょうがないんですよね。私は私以上でも私以下にもなれないから。そんなフラフラした私ですが、お気に召したらこれからも記事を読んでください。
今この記事を読んでくださっている貴方に。今までの記事を読んでくださった方々に。
ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。